診療放射線技師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>診療放射線技師の仕事の年収・やりがい・本音

診療放射線技師の仕事の年収・やりがい・本音

診療放射線技師 仕事の年収・月収

診療放射線検査技師の収入は、全体の平均とくらべてもやや高い傾向があります。具体的なデータを見ると、年収は平均で約526万円、月収では約36万円となっています。加えてボーナスの平均が約96万円となっており、診療放射線検査技師の仕事につけば、収入面ではかなり安定しているといえます。
ただし、近年では契約社員や派遣社員といった非正規の診療放射線検査技師も増えてきています。そういった場合、時給の相場は男性が2000円程度、女性が1800円となっています。

スポンサードリンク

診療放射線技師の仕事は、消える職業?消えない職業?

医療において、現在レントゲンやMRI、CTや超音波エコーといった検査は必要不可欠なものとなっており、診療放射線検査技師はそれらを扱うのが仕事となります。
また、現在この分野において資格を持つ人材は不足していると言われています。その為、診療放射線検査技師は放射線を扱う病院や研究機関にとって大切な存在であり、同時にそのニーズも高いといえます。
よって、診療放射線検査技師は消えない職業ということが出来るでしょう。今後も消える職業となることはないといえます。

診療放射線技師 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、高いといえます。現在においては診療放射線検査技師は医療の現場においてはなくてはならない重要な立ち位置です。そのため、安定して水潤の高い収入が見込めるといえます。非正規の職員である場合は、それよりは劣るという具合です。
将来性に関しては、少し難しいかもしれません。人手不足を受けて診療放射線検査技師は現在、大学や専門学校といった養成機関がある程度揃ってきています。そのため今後、診療放射線検査技師の人口が増える可能性が指摘されており、必然的に実績とスキルを磨いていかなければ、診療放射線検査技師としての大成は難しくなるかもしれません。

診療放射線技師 仕事のやりがい・本音

診療放射線検査技師は医療の職業の中でも、とりたてて患者さんと向き合う時間のない職業です。そのため、患者さんからの感謝の言葉をもらえる機会というのはそうありません。
ですが、診療放射線検査技師が撮影する写真によって、患者さんが抱える病気が見つかり、医師の診断の手助けとなる場合があります。腕の良い診療放射線検査技師が撮影した写真はくっきりと綺麗だそうです。
そういった『いい写真が取れた』時に、診療放射線検査技師の人はやりがいを感じるといいます。
また、診療放射線検査技師の仕事は、比較的に繁忙期と閑散期がハッキリ分かれています。その不安定さに不満を抱えている……という本音を持っている方もいるようです。

診療放射線技師 仕事の良い点

その安定した高水準の収入が良い点といえます。診療放射線検査技師は昨今の医療において、なくてはならない存在といえます。そのため需要も安定しており、24時間体制で稼働する病院などでは、休日出勤や夜勤などがある分、収入も安定しています。こういった点は、お金を稼ぎたい人にとっては良い点であるといえます。
同じことが、アルバイトや派遣社員といった非正規雇用に対してもいえます。アルバイトの場合、他の職業に比べて時給がよい傾向があり、短い時間で効率的にお金を稼ぐことが出来るといえます。こういった点は、診療放射線検査技師の特権といえるでしょう。

スポンサードリンク

診療放射線技師 仕事の悪い点

診療放射線検査技師は、非常に高レベルなスキルが求められます。医師がイメージする写真を撮影できるようになるまではかなりの努力と時間が必要と言われており、それだけ診療放射線検査技師にはハイレベルなスキルが要求されるというのは、早く一人前になりたい人にとっては悪い点といえます。
また、診療放射線検査技師が携わる放射線分野は、日々刻々と進歩しつづけている業界です。そのため毎日勉強をするぐらいの覚悟で知識をどんどん吸収していかなければなりません。これもまた、悪い点といえるかもしれません。

診療放射線技師 仕事の内容

基本的には、放射線を使った検査と治療が診療放射線検査技師のしごと内容になります。
昨今の医療では必要不可欠となっているレントゲン写真やX線写真、マンモグラフィや造影X線検査といったものから、放射線を利用しないCT検査やMRIといったものまでが、診療放射線検査技師が行う仕事になります。
また、治療ではがん治療の一つである放射線治療を行うのも仕事です。医師以外で放射線治療を行えるのは、診療放射線検査技師だけです。

診療放射線技師 仕事に必要な資格

診療放射線検査技師になるには、診療放射線検査技師国家試験に合格する必要があります。これは受験資格があり、放射線技師の養成課程のある大学や専門学校で3年以上の課程を修了しなければなりません。この試験の合格率は70%程度と言われており、真面目に勉強していなければ合格出来ないレベルの難しさといえます。
国家試験の合格した後は、病院、企業、教育機関などに診療放射線検査技師として就職するのが一般的です。病院に就職するケースが多いようです。

診療放射線技師 仕事に必要なスキル

必要なスキルに関しては、養成課程の中で身に着けるものなので、取り立てて必要なスキルというものはないでしょう。しいて言えば、物理や数学といった理数系のセンスがないと、苦労することになりそうです。
必要な素養としては、知的好奇心があげられます。放射線の分野は日進月歩で進化しており、それらを貪欲に吸収することが求められます。そういう意味では、知的好奇心は必要な素養といえるでしょう。
他には、『放射線』と聞いて、怖い気持ちを抱える患者さんもいるかもしれません。そういった気持を汲み取り、時には患者さんとコミュニケーションを取るといった優しさも求められる場合があります。

診療放射線技師の仕事のまとめ

昨今の医療になくてはならない存在が診療放射線検査技師です。そのため、収入は比較的高水準でニーズも安定しています。国家資格であるため仮に職を失うことになっても次の仕事を探しやすい、まさに安定した職業ということが出来ます。
もちろん、それなりに高いスキルや責任も求められます。一歩間違うと医師の診断を惑わしてしまう可能性もあり、高い倫理観を持って、真剣に取り組まなければなりません。また、忙しい時や24時間体制で動く必要がある場合もあります。
しかしそれが、高水準の収入となって跳ね返ってくることも魅力です。以上のようなことから、診療放射線検査技師は非常に魅力的な職業であるとまとめることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

診療放射線技師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング