医療情報管理士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>医療情報管理士の仕事の年収・やりがい・本音

医療情報管理士の仕事の年収・やりがい・本音

医療情報管理士 仕事の年収・月収

医療情報管理士の収入は、他の医療関係の職種に比べてやや低いのが現状です。具体的には、年収では304万円、月収では22万円というデータがあります。
医療情報管理士が働く医療施設の場合、大半の職員が国家資格を持っているケースがほとんどです。そのため、国家資格ではない医療情報管理士の待遇はどうしても低くなるケースが多いようで、それがこのような結果となっています。
また、勤務する施設によっては医療事務の仕事も兼務する場合がありますが、その場合でも収入は変わらないようです。

スポンサードリンク

医療情報管理士の仕事は、消える職業?消えない職業?

高齢化が進む社会において、今後は国保の需要が増加してくることが予想されています。その結果、介護保険を含めたあらゆる保険者支援の枠の中で色々な保健事業を行っていく可能性があり、必然的に医療情報管理士のニーズも高まってくることが予想されています。
そのようなこともあるため、医療情報管理士は消えない職業ということが出来るでしょう。高齢化が進むことは社会にとってはあまりいいことではありませんが、医療情報管理士が消える職業となることはないといえます。

医療情報管理士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよります。正規の職員として雇用されていれば安定した収入が望めるため、安定性は高いといえるでしょう。
将来性に関しても同様に、今後の高齢化によってニーズが上がっていくことが予想されていますから、その分将来性は高いといえそうです。ただし、医療機関は国家資格を有する人たちがたくさんいるため、医療情報管理士は待遇が悪くなりがちです。そのため、ある程度以上の待遇改善は期待出来ないかもしれません。その点だけは注意が必要です。

医療情報管理士 仕事のやりがい・本音

医療情報管理士の仕事は、病院の縁の下の力持ちです。カルテなどの電子データを管理することで、患者さんへの医療行為をスムーズに行うことが出来るよう、環境を整えることが医療情報管理士の大切な役割です。
そのため、『自身が病院を支えている』という自負が、おおきなやりがいとなっている人が多いようです。患者さんが適切な治療をスムーズに受けられ、診療報酬の適切な請求を行えることが、医療情報管理士である自分の成果である……という本音を持っている人も少なくありません。

医療情報管理士 仕事の良い点

他の医療系の職業に比べ、残業が少なく、休日出勤もあまりない点を良い点として挙げる人がいます。現在こういった職業は中々少ないですが、医療情報管理士の仕事の場合は、残業自体が少なく、また休日出勤もなければ、休日の急な呼び出しということもないようです。これは、プライベートの時間をしっかりと取りたい人にとっては良い点であるといえます。
また、医療情報管理士は、専門職の集まりである医療施設の中においても、とりわけ専門職の強い職業です。そのため、蓄積されたデータを活用することができれば、他の職種にはない強みを発揮出来、施設の中で存在感を発揮する事ができるでしょう。これもまた、医療情報管理士の良い点であるといえます。

医療情報管理士 仕事の悪い点

認知度が低く、施設内においてもまだまだ立場が低いという点が悪い点といえそうです。多くの医療情報管理士の方が、勤務先での立場が低いという点を悪い点に挙げています。医師たちがひしめく医療施設において、国家資格ではない医療情報管理士は低く見られがちで、その重要性をなかなか分かってもらえないシーンが多いようです。これは医療情報管理士の悪い点といえます。
また、施設によっては医療事務などの他の業務を兼務される場合が多いようです。それでいて収入は低く抑えられるという苦しい事態に陥っている場合も多いようで、『自分は何でも屋なのか……』と自嘲する場合もあるようです。これもまた、悪い点といえるでしょう。

医療情報管理士 仕事の内容

病院には、診療内容や患者の病状、検査記録などを記録した『カルテ』と呼ばれるものが有ります。そのカルテを管理し、データとして分析、加工することで、病院施設の経営と医療のバックアップをすることが、医療情報管理士の仕事内容です。
医療情報管理士が管理するカルテなどには、病院のあらゆる情報が詰まっています。その情報を整理し、必要な情報を抽出して情報提供を行います。また、データを分析して統計を出し、診療の無駄を省いたり、新しい治療方法の研究の手助けを行ったりもします。
医療情報管理士の仕事は、医療施設の屋台骨ともいえる大切な職業なのです。

スポンサードリンク

医療情報管理士 仕事に必要な資格

医療情報管理士になるには、『診療情報管理士』という資格が必要です。取得するには、養成施設で必要課程を修了するか、通信教育を修了する必要があります。ただし、通信教育を受けるためにはいくつかの条件をクリアしなければならないため、専門学校等の養成施設で学ぶことが1番の近道といえます。
通信教育で資格を取得する際の条件としては、病院での実務経験、専門学校・短期大学卒業維持用の学歴を有していることが必須です。

医療情報管理士 仕事に必要なスキル

医療情報管理士は、たくさんの情報が詰まったデータベースを扱う仕事です。加えて近年では、パソコンによる業務が増えていることからパソコンに関する知識……とりわけ情報処理、特にデータベースに関する知識が必要と言われています。特に関連資格として『医事コンピュータ技能検定試験』というものがあります。それを取得しておくと有利といえるでしょう。
また、医療関係の仕事ですから、医療に関わる知識も必要なスキルといえます。医療に関する深い知識を持っていれば、医師と対等に議論でき、施設内での立場も上がっていくことでしょう。

医療情報管理士の仕事のまとめ

『医療施設の屋台骨』とまとめることが出来る職業です。医師のように実際に治療にあたる存在でもなければ、受付のように直接患者さんと接する機会もない職業ではありますが、施設の健全な経営と、適切な治療のためには、欠かせない仕事です。
確かに、医療情報管理士が勤務する場所は、医師たちをはじめとした国家資格を持つ専門性の高い人達で溢れかえっている場所です。そのような場所の中で、国家資格ではない医療情報管理士の方たちは、時にその肩身の狭さを乗ろう場合があるといいます。
ですが、施設に医療情報管理士は欠かせない存在です。その方たちがいるからこそ、施設は健全に運営され、患者さんに質の高い治療を効率的に提供出来るわけです。
今後はさらに医療情報管理士のニーズが高まってくることが予想されています。病院の屋台骨ともいえる医療情報管理士の立場も、今よりもさらにアップしていくことを期待しましょう。

スポンサードリンク

医療情報管理士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング