医療用画像放射線機器組立技士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>医療用画像放射線機器組立技士の仕事の年収・やりがい・本音

医療用画像放射線機器組立技士の仕事の年収・やりがい・本音

医療用画像放射線機器組立技士 仕事の年収・月収

医療用画像放射線機器組立技士の収入は、働いている会社や職場、個人の経験により幅があるようです。平均でいえば、平均をとった場合は年収で約600万円、月収では40万となっています。全国平均と比べると高い水準となっています。
これは、医療用画像放射線機器組立技士の仕事が基本的に専門性が高く、幅広い知識が必要な仕事であるためと思われます。扱うものが医療用である点や、求められる能力が幅広く、かつ高いレベルである点なとが、収入の平均を上げている一因といえるでしょう。

スポンサードリンク

医療用画像放射線機器組立技士の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年では、医療分野において最先端の科学技術は必要不可欠といえます。特にX線装置やMRIなどといった、診断に必要な情報を得るための機械は、近年では必要不可欠といってよいでしょう。
これらを製作するのが医療用画像放射線機器組立技士の仕事です。これらの需要は今後なくなることは考えにくいので、必然的に医療用画像放射線機器組立技士は消えない職業ということが出来ます。何か劇的な技術革新が起こらないかぎり、消える職業となることはないでしょう。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事の将来性・安定性

求められるスキルが非情に多岐にわたるということもあり、高い水準の収入を得ることが出来ます。そのため、正社員として働いていれば安定性に関しては高いといえるでしょう。
将来性に関しても同様に、今後、職に対するニーズがなくなるということはなく、職に困るという事態にはなりにくい点や、高い水準の収入という点から考えても、決して悪く無いといえます。医療用画像放射線機器組立技士という仕事は、将来性、安定性ともに期待出来る職業であるといえます。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事のやりがい・本音

医療用画像放射線機器組立技士が扱うものは、医療に携わるものです。そのため人の命に関わるものなので、些細なミスが許されず、高品質で確実なものが求められます。
そういう意味では医療用画像放射線機器組立技士の仕事は大変ではありますが、逆に『人の命を守る仕事をしている』という大きなやりがいを与えてくれるようです。
また、特別な事態が怒らないかぎり、医療用画像放射線機器組立技士の仕事は基本的には土日休みで残業もあまりないようです。このご時世でプライベートとバランスのとれた生活を送ることができるのはうれしい……という本音を持つ方もいるようです。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事の良い点

やはり高い収入と、比較的残業や休日出勤が少ないといった、負担の少ない働き方が出来る点が良い点といえます。年々収入の平均が下がり続けている昨今においては、これは医療用画像放射線機器組立技士の良い点であるといえるでしょう。
また、今後も安定してニーズがあり続ける医療用の製品を生産している立場というのも良い点であるといえます。医療用画像放射線機器組立技士という仕事についている以上、将来の心配をする必要もなく安心して働けるというのは、良い点であるといえます。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事の悪い点

扱う製品は最先端医療に不可欠なものです。些細な不具合が人の命を奪う結果になりかねないものですので、仕事には大きな責任が伴い、どのような些細なミスも許されません。リラックスした環境で仕事をしたい人にとっては、これは悪い点といえます。
また、医療用画像放射線機器組立技士には幅広い知識が必要となります。それらは職についた後に研修などで身に着けることが出来ますが、かなりの勉強を強いられる職業でもあります。少ない知識の応用で仕事を行いたい人にとっては、たくさんの知識を吸収する必要があるというのは、悪い点であるかもしれません。

スポンサードリンク

医療用画像放射線機器組立技士 仕事の内容

近年の最先端医療に不可欠なX線CT装置やMRIなど、放射線や超音波を用いて患者の身体の内部を検査する機材の組み立て、設置、アフターサポートを行うのが、医療用画像放射線機器組立技士の仕事の内容になります。
組み立て作業の際には、非常に重い重量のものもあるため、クレーン操作などが必要になる場合もあります。ブラウン管を扱う際には慎重な作業が求められるなど、非常に多岐にわたる知識、技術が必要になります。
組み立てが終わればそれを病院に設置し、設置後のアフターサポートも医療用画像放射線機器組立技士の仕事になります。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事に必要な資格

医療用画像放射線機器組立技士になるのに必要な資格は特にありません。ただし、高校や大学、専門学校において、機械系、電気系の勉強をしておいたほうが、後々に有利になると言われています。
仕事をする上で国家資格のX線作業主任者や第2種放射線取扱主任者などが必要にはなりますが、これらは就職後の社内研修で取得できるように制度が整えられている場合がほとんどのようです。
なり方ですが、学校を卒業した後に医療メーカーや総合電機メーカーに就職するのが一般的です。

医療用画像放射線機器組立技士 仕事に必要なスキル

電気や電子、情報、化学といった工学系の知識が必要なスキルといえます。特に放射線の知識に関しては、就職後に『X線作業主任者』や『第2種放射線取扱主任者』の資格を取得する必要があるため、必須といえるでしょう。
また、時に英語のマニュアルを読解する必要が出てくる場合があるため、ある程度の英語のスキルも必要になってきます。
加えて、扱うものは医療用です。どのような小さな不具合も許されないため、作業をすすめる上で慎重さが要求される場面が出てきます。慎重さも大切な資質といえます。

医療用画像放射線機器組立技士の仕事のまとめ

日本は非常に医療技術が進んでいますが、その屋台骨となっているのが、この医療用画像放射線機器組立技士です。
そのため、医療用画像放射線機器組立技士には高い技術とスキル、人の命を扱うという重い責任が求められる職業です。その分、それに見合った高い水準の収入が見込めます。
専門性も高く、実務経験を積めば活躍の場がどんどん広がっていくため、とてもやりがいのある職業です。この仕事に就く分には特別な資格が必要になるわけではないというのも素晴らしい点です。志を持てば誰にでもなれるチャンスがあるのが、医療用画像放射線機器組立技士という仕事です。
『日本の医療の屋台骨』とまとめることができるでしょう。高い収入、もとめられるのは高いスキルと資質など、まさに医療の仕事といえます。

スポンサードリンク

医療用画像放射線機器組立技士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング