消える職業?消えない職業?医療事務の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?医療事務の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?医療事務の仕事の年収・やりがい・本音

Medical coding

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事の年収・月収

医療事務の仕事の月収はおよそ10万円から20万円程度となり、年収はおよそ250万円から300万円となります。
月収は地方の病院と都心の病院でも異なり、地方の場合は月収10万円前後の場合もあります。また、大学病院や病院の規模によっても月収は異なります。
医療事務は専門的な知識が必要ですが、収入は一般事務と変わらず、今後も待遇は変わりません。

スポンサードリンク

医療事務の仕事、消える職業?消えない職業?

医療事務は今後も消えない職業ですが、徐々に減る可能性があります。
日本は少子高齢化が進み、保健医療が一層求められてきます。そこで医療事務の需要が高まっており、保健医療が大きくなればさらに需要が高まります。
病院や介護施設が増加しており、そこで医療事務の仕事が必要となるため、今後も消えることはありません。
しかし、医療のIT化が進んでいるため、そうした技術が進歩していけば医療事務の仕事が減る可能性はあります。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事の将来性・安定性

医療事務の仕事の将来性は、医療や病院のIT化によっては仕事が少なくなり、需要が減る可能性もありますが、すぐに仕事が無くなることはありません。
一度医療事務の資格を取得すれば長く続けることができる仕事なので、安定した収入を得ることが可能です。
医療事務は仕事を長く続けることができ、比較的勤務時間も安定性があることから人気がある仕事です。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事のやりがい・本音

医療事務の仕事のやりがいは、患者さんの接客が主な仕事であり、サービス業とは異なる内容のため、丁寧に接客すると患者さんの信頼を得られることです。
医療事務は医療行為ができないため、病院や診療所が円滑に進むためのサポート役として重要な役割があります。
しかし、医療事務は医療行為に関する内容を患者に教えることができないため、仕事に関する注意事項が多く気を使うことが多くなります。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事の良い点

医療事務の仕事の良い点は、勤務時間が比較的安定しており、資格を取得すれば長い期間働くことができる点です。勤務時間が調整しやすく、子どもができた場合でもアルバイトや契約社員として働くことも可能です。
また、医療事務の仕事は一度身につけたスキルを全国各地で活かせることも良い点で、場所を選ばずどこでも仕事が可能です。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事の悪い点

医療事務の仕事の悪い点は、仕事の内容が多く、覚えなければならないことが多いことが挙げられます。
受付以外にも診療費の計算や会計、処方箋の窓口など様々な仕事を行う必要があり、一つの仕事を続けるだけではありません。
医療事務は大きな病院では複数人で仕事を分担しますが、小さな診療所や病院では一人で全ての作業を行うこともあることが悪い点です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事の内容

医療事務の仕事の内容は、病院や診療所で医療に関わる事務を行います。専門知識が必要でありながら「事務」という名前が付いています。
主な仕事内容として「受付業務」と「レセプト作成業務」 があります。
受付業務は受診しにきた患者さんの対応を行い、保険証の確認や診察日の予約確認などをおこなします。また、レセプト作成業務は「診療報酬明細書」のことで、患者の医療費を計算することです。医療事務の中で最も重要な仕事となります。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事に必要な資格

医療事務の仕事に必ず必要な資格はありませんが、専門的な知識が必要となるため、資格を取得しておくことが良いです。
医療事務に国家資格はありませんが、民間の資格が多数あります。
「医療報酬請求事務能力事務認定試験」は合格率が低く、「医事コンピュータ技能認定試験」は合格率が高いなど、資格の種類によって難易度が変わります。
また、「医療秘書技能認定試験は1級、準1級、2級、3級があり、2級以上が就職に有利とされています。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事に必要なスキル

医療事務の仕事に必要なスキルは、正確な計算ができるスキルと作業の早さです。
医療事務のほとんどはレセプト作成業務となり、請求期限までに書類を作成しなければならないことから、正確さとスピードが求められます。また、レセプト業務は法改正がある度に勉強しなおす必要もある為、継続的に学び続けるスキルも必要となります。

消える職業?消えない職業?医療事務 仕事のまとめ

医療事務の仕事は、病院や診療所の受付から書類作成まで幅広く、作業内容が幅広くなっています。大きな病院では複数の医療事務が分担して作業を行いますが、小さな病院や診療所では一人で全ての業務を行う場合もあります。
主な仕事はレセプト業務で、診療報酬の計算や書類の作成となっており、正確さと作業スピードが求められます。
一度資格を取り業務を行っていくことで経験を積み、全国どんな場所でも医療事務として働ける為、安心して働くことも可能です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?医療事務の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング