【マツコ・デラックス「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」おかまデブの毒舌】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【マツコ・デラックス「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」おかまデブの毒舌】

【マツコ・デラックス「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」おかまデブの毒舌】

matukohatugen

マツコ・デラックス「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」おかまデブの毒舌

マツコ・デラックスが情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)で、
『第6回AKB48選抜総選挙』で首位になった渡辺麻友に駄目だしをしました。

「渡辺麻友さんは王道だと思うんだけど、今のアイドルってそれだけじゃないじゃん」
「バラエティーでのトーク力が求められる中で、指原莉乃がした役目ってデカかったと思うんだよね」
「渡辺麻友じゃテレビを効果的に利用するの無理。今まで通り指原莉乃がやるんじゃない?」

スポンサードリンク

このマツコ・デラックスの渡辺麻友否定発言に、ネット住民が過激に反応しています。

「マツコは、美人なAKBと女子アナが大嫌いだからなあ」

「指原莉乃、顔はアレだがAKBグループでは最後まで芸能界に残りそう。
マツコの言う通り、バラエティは指原の領域でしょーよ。
土田と有吉に鍛えられてるのは彼女の強み。」

「まゆゆはまゆゆのままでいてくれたらいいのです。
それが世のため人のためAKBのためです。
グループを引っ張るのはたかみなに、笑いはさっしーに任せておけばいいのです。」

「的確なマツコの指摘だと思う。指原莉乃だけでなく、峯岸みなみや高橋みなみの役割もデカい。
なんだかんだ言って、スキャンダルを逆手に取れるメンバーは強い。
ただアイドルグループなんだから、正統派の渡辺麻友や柏木由紀みたいなメンバーも不可欠。
それぞれ持ち味を活かして、役割分担していけばいいんじゃないの?」

「マツコデラックスは分かっていますね!今の時代、王道のアイドルも良いと思いますが、タレントとしてトータル的に見た時、
渡辺麻友は芸能界で生きていけるのでしょうか?
今の時代、かわいいだけでは長いスパンで芸能界ではやっていけないと思います。
指原莉乃のように自分を客観的に見たり歌ができてもトーク力など双方向から色々な事ができないと生きていけないと思います。」

ネット住民の声は、おおむねマツコ・デラックスの意見に賛成です。

こういう話は、発言者それぞれの価値観みたいなものが出ます。、
正解は無いんでしょう。

ただ、渡辺麻友はトップに立ったために、
これからは下の面倒を見たり、グループの顔として矢面に出たりで、
AKB48全体の顔としての責任、プレッシャーと戦っていかなければなりません。

指原莉乃とは違った渡辺麻友らしさを持って、AKB48を盛り上げていくことが
大事なんでしょうね。

指原莉乃みたいなバラエティー力、トーク力を渡辺麻友がつけることが出来れば
素晴らしいことです!

でも、マツコ・デラックスの言う通り、
あえてそこは指原莉乃に譲っていくということも、
AKB48全体の盛り上がりのためには良いのかもしれませんね。

それにしても、

最近、マツコ・デラックスの言うことは正論というような風潮がありますね。

マツコ・デラックスの、他にはいない毒舌デブおかまキャラのユニークさがウケているんでしょう。
みんなが日頃から思っている漠然とした不満をマツコはズバッと代弁してくれます。
共感しちゃうんですね。

でも、
マツコ・デラックスは、今でこそ大成功してますが、実は引きこもりの根暗な人生から這い上がっています。

本マツコ・デラックスの

本名:松井貴博(まついたかひろ)
生年月日:1972年10月26日
職業:女装家・コラムニスト
所属事務所:ナチュラルエイト
出身:千葉
体重:140キロ(ウエストも140センチ)

高校は千葉県立犢橋(こてはし)高等学校を卒業しています。

偏差値は45全国偏差値ランキングでは2288/3664校

千葉県偏差値ランキング102/155校

といういわゆる底辺校ですね。
学力偏差値ではない、
国語力というか、人間力がマツコは優れているんでしょうね。

この千葉県立犢橋(こてはし)高等学校には、
SMAP木村拓哉が1年間、在籍していたことで有名です。

ちなみにマツコ・デラックスとSMAP木村拓哉は同級生だったそうです。
なんと、
部活も一緒だったんです。
ともに、演劇部の幽霊部員。
一緒に学校をサボってアイスやパンを食べていた仲なんですね。

でも、SMAP木村拓哉が東京の代々木高校へ転校してしまって、1年間だけで友達関係は終わりました。
(SMAP木村拓哉の代々木高校時代の同級生が中居正広ですね。不思議な縁ですね)

スポンサードリンク

高校卒業後、マツコ・デラックスは、美容系の東京マックス美容専門学校へ進学。
この頃もうオカマで女装していたかどうかはわかりませんが、美容には興味があったんですね。

東京マックス美容専門学校を卒業後は、美容師やゲイ雑誌「Badi」の編集者として働いています。

ところが、
マツコ・デラックスは、20代後半にゲイ雑誌「Badi」の編集者を辞めてしまいます。

ひきこもりニート生活に突入してしまったんですね。

マツコ・デラックス仕事を辞めてから実家へ戻って約2年間もひきこもりだったんです。

友人や知人が心配して声をかけると、
「わたしはダメ・・・・」と泣いていたそうです。

2年間、トイレ以外はずっと自分の部屋のベッドで過ごしていたんだとか。
この時に、毒舌デブおかまキャラが芽生えてきていたのでしょうか?

マツコ・デラックスは、この2年間のひきこもりニート生活の時に、昔の同級生60人に、
電話で聞き取りをしています。
「今何してるの?」「仕事は何やってるの?」「結婚した?」「子供が出来た?」
など質問をしてこの60人の「幸せランキング表」を作ったそうです。

どうやらマツコ・デラックスは自分よりも不幸な人を見つけて安心したかったんですね。

ところが、その60人の「幸せランキング表」の最下位はマツコ・デラックスだったんです!
そのままでは、マツコは引きこもったまま、
2度と世間には出てこなかったかもしれませんね。

マツコ・デラックスを引きこもりニート生活から救い出してくれたのは作家の中村うさぎです!

ゲイ雑誌「バディ」のマツコが書いた記事を読んで、
中村うさぎは「人生張ってます」の対談相手としてマツコを抜擢してくれたんですね。

この対談集「人生張ってます」の中で、マツコは「ひき逃げをした!」犯罪を告白しちゃいます。

「運転していると坂道で両手にビニール袋を抱えたおばさんがいた」

「車にドンっと音がして振り返るとおばさんが倒れていた」

「おばさんが持っていた袋の中のものは全部坂道を転がっていた」

「そのまま何も声をかけずに逃げてしまった」
これって、許されない、犯罪行為ですね。

松子は、さすがにその後心配になり、目撃者のふりをして、
警察にひき逃げ事件についてその後を聞いたそうです。
するとおばさんは奇跡的に無事だったことが判明!

この時、ひき逃げしたおばさんが亡くなっていたら、マツコは、
いま、テレビに出てないでしょうね。

ここから、がぜん、世間の注目を浴び始めたマツコは、
2000年頃から女装コラムニストとして活躍しだします。

最初は、
マツコという芸名で活動していました。
でもインパクトが無いということで「マツコ・デラックス」に改名してから、大当たりなんですね。

マツコ・デラックス人気の秘密は、やはり、みんなが本当は言いたい事をズバズバ言ってくれるところでしょう。
テレビでいろいろな事件(浮気、離婚、選挙、芸能人ネタなど)を見ると、
「マツコだったらどう言うかな」と、
その毒舌に期待しちゃう人が多いんでしょう。

今回の、「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」発言もいいところをついています。

でも、マツコの発言は触れちゃ行けない部分については微妙に避けているのがまた、うまいんです。

たとえば、下記みたいな、身もふたもないことは、言わないんです。

「AKB商法は極悪だね。CD1枚=握手券1枚で5〜10秒握手できるなんて、何様だ!
握手券の枚数に応じて握手時間は増えるなんて、ふざけるな!
ランダムにメンバーの生写真を封入、ジャケット違いが複数なんあて、ひどすぎるにもほどがある~
取り締まれよ消費者庁」

マツコ・デラックス賢いでうね。大人な感じです。過去には色んな辛いことで苦しんだのが生きているんでしょうね。
今後も長く、偉すぎない、毒舌おかまデブご意見番キャラとして、
芸能界で活躍していってほしいですね^^

関連記事

【渡辺麻友(まゆゆ)性格悪いランキングAKB総選挙1位の噂!?】の記事はこちら

【第6回AKB48選抜総選挙6月7日決定!実人気がわかる投票方法を望む!指原莉乃連覇どうでもいいしさ!】の記事はこちら

【秋元康、作詞家歴代1位、売上7000万枚超え!特にAKB48の作詞でお金を稼ぐ】年収50億円超え!!代表曲と成功・お金の名言の記事はこちら

スポンサードリンク

【マツコ・デラックス「AKB48で生き残れるのは指原莉乃だけ。渡辺麻友は無理~」おかまデブの毒舌】に関連する記事

人気記事ランキング