マーシャラーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>マーシャラーの仕事の年収・やりがい・本音

マーシャラーの仕事の年収・やりがい・本音

mar

マーシャラー 仕事の年収・月収

マーシャラーの収入は全国平均に比べて、やや高い傾向があります。具体的には、月収では約50万円、年収で約680万円と言われています。中には1000万円以上を年収でかせぐマーシャラーの方もいらっしゃいます。
マーシャラーになるのに特別に必要な資格は特にないのですが、その分社内試験があったりする難易度の高い仕事であり、常に室外で仕事を行うため体力が必須で、女性が少ない職業であることが関係しているようです。

スポンサードリンク

マーシャラーの仕事は、消える職業?消えない職業?

今日では、飛行機という公共の乗り物は人間の社会生活になくてはならないものになっています。そしてマーシャラーの仕事は、その飛行機に関連する仕事です。
飛行機という乗り物が今後なくなることは考えにくく、そのため、マーシャラーの需要は今後も存在しつづけると思われます。
そのため、マーシャラーは消えない職業といえます。今後よほどの技術革新があり飛行機という存在がなくならない限り、マーシャラーが消える職業となることはないでしょう。

マーシャラー 仕事の将来性・安定性

将来性、安定性ともに高いといえます。
まず安定性に関してですが、これは飛行機という公共の乗り物が存在する限りニーズがあるわけですから、今後ニーズがなくなるということはないでしょう。そのため、真面目に経験を積み仕事をしていれば、仕事にこまるという事態にはならないと思われます。
将来性に関しても、マーシャラーは比較的高い水準の収入が約束されている職業です。そのため、やはり真面目に仕事を続けている限り、将来性も高いといえます。

マーシャラー 仕事のやりがい・本音

マーシャラーの仕事は飛行機の誘導です。そのため、マーシャラーがいなければ飛行機はキチンとした規定の停止位置に機体を止めることが出来ず、ひいては空港の業務にも支障をきたしかねません。そういった大切な存在であるマーシャラーですので、そのやりがいはとても大きいようです。
また、マーシャラーが誘導する飛行機はとても大きな乗り物です。そのような巨大な乗り物を自身のジェスチャーで誘導することは、体験してみなければ分からない快感である……という本音を持っている方もいます。飛行機好きにはたまらない仕事なようです。

マーシャラー 仕事の良い点

飛行機好きにとってはやりがいのある、素晴らしい職場となりえるのがマーシャラーです。飛行機の誘導だけでなく、停止した飛行機の牽引や、場合によってはコックピットに入っての電気、油圧、ブレーキ操作などを行う場合もあります。そのように飛行機に触れる機会が極めて多く、たくさんのマーシャラーの方が『身近に飛行機がある』という点を良い点として上げるほどです。
大きな飛行機を間近で見ることが出来る機会など、マーシャラーなどの職業でなければなかなかないといえます。

マーシャラー 仕事の悪い点

基本的にマーシャラーの仕事は室外で行われます。天候の良い日であればいいのですが、夏は炎天下の中、照りつける太陽の下で作業セねばならず、冬は寒さに凍えながら仕事をしなければなりません。重労働で体力もいる過酷な現場です。体力に自信がない人にとっては悪い点といえます。
また、そのような環境なので、女性が活躍し辛い職場ともいえます。近年では女性のマーシャラーも増加しているようですが、それでも女性にとっては、仕事を続けることが難しい仕事であるというのは悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

マーシャラー 仕事の内容

基本的には室外で飛行機の誘導を行うのがマーシャラーの仕事です。活躍場所は主に空港などの飛行場になります。
両手に大きな標識を持ち、高い台やマーシャリングカーに乗って、標識で合図を送ることによって飛行機を誘導します。空港で働く地上職の仕事の中でも特に花形と呼ばれる職業です。
現代科学の粋を集めた巨大な飛行機を、たった二本の腕で操るわけですから、その分責任も重く、反面やりがいがとても大きな職業です。

マーシャラー 仕事に必要な資格

マーシャラーになるのに必要な資格は特にありませんが、大型特殊自動車や牽引の免許を持っていると有利と言われています。
なり方ですが、航空関連の専門学校を卒業した後、空港に勤務するのが一番の近道のようです。入社した後、研修や基本動作の訓練、実務訓練を経て晴れてマーシャラーとなれます。航空会社によっては社内試験を突破しなければマーシャラーになれない場合もあります。それだけ高い技術が必要とされる職業なのです。

マーシャラー 仕事に必要なスキル

まずはマーシャラーとしての誘導技術が必要なスキルといえますが、これらは訓練や研修で身に着けることが可能です。
必要な素養と言われているのが判断力。誘導する機体を操るパイロットの癖や機体の性質、その日の天候や風向きを考慮し、適切な誘導を素早く判断する必要があるため、判断力は絶対に必要です。
また、物事を正確に遂行する几帳面さや、手順に従って物事をキチンと進めていく計画性なども重要なスキルと言われています。

マーシャラーの仕事のまとめ

マーシャラーは、空港の地上業務の中でも『花形』と言われています。表舞台に立つことは中々ないですが、巨大な飛行機を両手だけで誘導し、適切な位置まで導く姿は、花形と呼ぶにふさわしい姿です。
その分、巨大な飛行機を安全に誘導する責任ある立場ですのでプレッシャーもありますが、飛行機を間近で見られるどころか、自分の手で操る事のできる職業ですので、飛行機好きにはたまらない職業といえます。
やはり『空港の花形』という言葉がマーシャラーという仕事のまとめといえるでしょう。その雄姿を見る機会は中々ありませんが、マーシャラーがいなければ飛行機は飛び立つことが出来ないほどに、重要な役割を担っているのです。

スポンサードリンク

マーシャラーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング