管理美容師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>管理美容師の仕事の年収・やりがい・本音

管理美容師の仕事の年収・やりがい・本音

管理美容師 仕事の年収・月収

管理美容師の収入は、所属する店舗や働き方によって、大きく変動します。美容師の上位に位置づけられる職業のため、美容師と比べるとやや高い水準ではありますが、全体の平均と比べるとやや低い傾向があるようです。
具体的には、年収でいえば200万~600万円ほど、月収でいえば約15~43万円程度というデータがあります。
時給換算した場合、通常の美容師と比べ、時給換算で1000円ほどの差があるようです。美容師としての実務経験が3年以上あり、通常の美容師の上位の職であるため、このような差が出てくるものと思われます。

スポンサードリンク

管理美容師の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、管理美容師という存在が危ぶまれています。というのも、現状では管理美容師という資格そのものがあまり機能している状態ではなく、その存在そのものすら賛否が分かれている部分が有るためです。
2010年、民主党によって事業仕分けが行われましたが、管理美容師という資格が必要性に欠けるとして廃止が決定しました。2016年現在ではまだ必須の資格ではありますが、それでも今後どうなっていくのか、誰にも分かりません。
故に、管理美容師という職業は消えない職業と言い切れません。機能していないという点を鑑みれば、すでに消える職業となってしまっているという見方も出来ます。

管理美容師 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、決して無くはないといえます。ただし、美容師という職業そのものが、全職業の中でもかなり給与水準が低い職業ですので、その点は覚悟しておかなければなりません。
将来性に関しても同様で、現在美容業界は価格競争が進み、ついていけない店舗が閉店していくという事態が相次いでいます。生き残る美容室の数は大変少ないのが現状では、いくら独立も可能な管理美容師といえども、このデータから考えると、将来性はあまり高くないと言わざるを得ません。

管理美容師 仕事のやりがい・本音

いくら会社や店舗の方向性があるとはいえ、お客様の髪型を作り上げていくのは、そのお客様と美容師です。そのため、自身が作り上げた髪型やデザインでお客様が感動してくれ、そのお客様自身が自分の広告塔となって街を歩いてくれることが、美容師としての大きなやりがいであると応える人は多いようです。
ですが、純粋に管理美容師の観点から見た場合、現在はほとんど機能していないという現状があります。そのため、管理美容師の資格を取得してもあまり役に立たず、その点を不満に感じているという本音を持っている管理美容師の方もいるようです。

管理美容師 仕事の良い点

なんといっても美容師の仕事は手に職といっても良い、技能職の一つです。そのため、美容師としての経験を積んでいれば、世界中どこにいたとしても、基本的に仕事にこまるということはありません。これは良い点といえます。
また、管理美容師は上位職のため、他の美容師に比べると比較的給与面で優遇されています。場合によっては独立後に他の美容師を雇って店舗を展開することもできます。通常の美容師に比べて収入面で優遇され、独立後も選択肢が増えるという点は、良い点であるといえます。

スポンサードリンク

管理美容師 仕事の悪い点

管理美容師だけでなく美容師全般そうなのですが、なんといっても、給与水準の低さがネックです。管理美容師は通常の美容師よりも高い水準の収入を得ていますが、それでもまだ全体平均と比較するとまだまだ水準は低いと言わざるを得ません。これは、美容師として生きていきたい人にとっては悪い点であるといえ、実際にその点に不満を抱きながら退職していく美容師が跡を絶ちません。
また、身体に色々な負担がかかるのが、美容師の仕事の特徴です。職業病として手荒れと腰痛を挙げる人が多く、手荒れは一度なってしまうと中々完治しません。腰痛に関しても、近年では腰に負担のかからない工夫がなされてきていますが、それでも美容師になったことで、腰痛が持病になってしまった人もいらっしゃいます。身体への負担が厳しい点も、管理美容師の悪い点といえます。

管理美容師 仕事の内容

美容室においてカットやカラー、セット、シャンプーなどを駆使してヘアスタイルを作り上げていくのが美容師の仕事です。
お客様が来店したら、まずはどのような髪型にするのかカウンセリングを行い、同時に普段どのようなスタイリングを行っているか、どのように髪が生えているかなどの確認を行います。
カウンセリングが終わったらシャンプーやカット、カラーリング等を駆使して、お客様のヘアスタイルを仕上げ、整えていきます。
美容室によっては、成人式の時などの着付けが出来る場所もあります。そういうお店では、着付けの出来るスタッフに特別手当が支払われる場合もあります。
また管理美容師の場合は、それに併せて店舗の衛生管理という仕事があります。二人以上の美容師が働く美容室では、管理美容師を一名置くことが、法律で定められています。

管理美容師 仕事に必要な資格

管理美容師になるには、管理美容師の資格が必要です。
この資格は3年以上の実務経験を持つ美容師に取得資格が与えられます。実務経験を3年以上積んだ美容師が、都道府県知事が指定した講習会の課程を修了することで、取得することが出来ます。現在はあまり機能していない資格との話ですが、それでも法律で定められているため、独立し、他の美容師を雇う必要がある場合は、必須の資格であるといえます。
またそれ以前に、美容師になるには美容師免許も必要になるので、管理美容師になるには美容師の免許と、管理美容師の資格の両方が必要になるといえます。

管理美容師 仕事に必要なスキル

管理美容師になるのに必要なスキルといえば、まずは美容師としての知識と技術といえます。3年以上の実務経験が必須の資格であり職業ですので、その分確実な知識と経験が求められます。
また、公衆衛生や衛生管理も必要な知識といえます。このあたりは管理美容師の講習において身に着ける部分でもあるため、真面目に講習を受けていれば問題ないといえます。
とはいえ、公衆衛生と衛生管理は店舗の運営においては重要な位置づけである知識なため、確実に身に着ける必要があります。

管理美容師の仕事のまとめ

美容師の上位職でありながら、その存在が危ぶまれている職業です。実際に機能していないと言われる機会も多く、管理美容師という職業はなくなりつつある職業なのかもしれません。
ですが、現状は二人以上の美容師が働く美容室では管理美容師を置くことが法律で定められている関係上、美容室には必須の人材であり、自身が独立を考えている場合は必須とも言える資格です。
色々と厳しいことが囁かれる美容師という職種ですが、自身が美容師としての独立と成功を考えているのなら、取得しておかなければなりません。それだけ大切な職業とまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

管理美容師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング