メイクアップアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>メイクアップアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

メイクアップアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレ

makeupartist

メイクアップアーティスト 仕事の年収・月収

メイクアップアーティストの仕事の年収・月収は端的に言うと、
一般的にあまり高くはありません。

最初は勉強させてもらいながらアシスタントとしてのスタートですので、
月収10万円以下の場合もざらにあるのが現実です。

年収は200万円程度になります。

しかし有名なメイクアップアーティストになれれば、
数千万円以上の年収をあげられることも決して夢物語ではありません。

企業で勤務する場合は安定するので年収200万円から400万円ほどです。

スポンサードリンク

メイクアップアーティスト 消える職業?消えない職業?

メイクアップアーティストが消える職業か消えない職業かと言うと、
消えない職業です。

現在もメイクアップアーティストは花形職業のひとつですし、
テレビ業界や舞台、そしてファッションショーやファッション・メイク雑誌、
ブライダルなど活躍の場が多いことが理由です。

女性の美容意識も高まりを見せており、
メイクアップアーティストは消えない職業と言えるでしょう。

メイクアップアーティスト 将来性・安定性

メイクアップアーティストの将来性は広がりを見せています。
日本では一般的にあまりなじみのない特殊メイクですが、
近年医療現場などで注目されています。

また、老人ホームでのレクリエーションの一環としてもメイクアップが行われています。
年齢を問わず女性は綺麗になることに喜びを感じるのです。
安定性の面では、企業勤務を選択することで安定性を高められます。

メイクアップアーティスト 仕事のやりがい・本音

メイクアップアーティストの仕事のやりがい・本音ですが、
モデルや依頼者のイメージ通りのメイクができたときにやりがいを感じます。

メイクアップアーティストの仕事はどのようなニーズにも応えて美しく魅せることだからです。
また、要望に応えるうちにメイクの腕が上がっていき、
認められることが増えるのもやりがいでしょう。

メイクアップアーティスト 仕事の良い点

メイクアップアーティストの仕事の良い点は、
まさに手に職をつけることができる点です。

メイク道具を持ち歩けば、どこでも仕事ができます。
スペースを全く必要としません。

さらに練習すればするほど、さまざまなケースをこなすほどに、
スキルアップします。

メイクにはファッション同様トレンドがあるので、
いつまでもさらに上を目指せるところも良い点です。

スポンサードリンク

メイクアップアーティスト 仕事の悪い点

メイクアップアーティストの悪い点は、
安定した収入を望めない点と人間関係によるストレスを抱えやすくなる点です。

さまざまなタレントやモデル、その他現場関係者など、
多くの人とコミュニケーションをとる必要があります。

また現場が変われば人も変わり、合う人合わない人も出てきます。
誰に対してもニーズに応え、機嫌を損ねることのないよう気を配らなければなりません。

メイクアップアーティスト 仕事の内容

タレントやモデルにメイクを施すのがメイクアップアーティストの仕事の内容です。
また、メイクだけではなくヘアセットもメイクアップアーティストの仕事です。

依頼を受けると準備をして現場に向かいます。

そして収録や撮影前の限られた時間の中でメイクを施し、
休憩中などにはお直しを行います。終われば後片付けをして、その現場は終了です。

メイクアップアーティスト 仕事に必要な資格

メイクアップアーティストの仕事に必要な資格はありません。

専門学校などで勉強や練習をしてから
メイクアップアーティストとしての一歩を踏み出すという人は多いですが、
必ずしも資格が必要なわけではないのです。

メイクアップアーティストの資格として有名なものに
「メイクアップ技術検定試験」や「IBF国際メイクアップアーティスト認定試験」などがあります。

メイクアップアーティスト 仕事に必要なスキル

メイクアップアーティストとして必要なスキルは、
ヘアメイクについての幅広い知識やトレンドに常に目を向けること、
コミュニケーションスキルなどです。

挙げれば切りがありませんが、
これらの上に相手のニーズを的確に捉えてイメージ通りのメイクを実現させる能力や
創造性が必要となってくるのです。

スポンサードリンク

メイクアップアーティストの仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング