メイクセラピストの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>メイクセラピストの年収・やりがい・本音

メイクセラピストの年収・やりがい・本音

makeup

メイクセラピスト 仕事の年収・月収

メイクセラピストの仕事の年収は、およそ18万円から22万円、年収はおよそ220万円から280万円となります。
メイクセラピストはヘアサロンや化粧品メーカーに就職して働くことが多く、契約社員や正社員として仕事を行います。知識と経験を積むことで独立開業し、より多くの年収を増やすことも可能です。

スポンサードリンク

メイクセラピストは、消える職業?消えない職業?

メイクセラピストの仕事は今後も消えない職業です。
化粧品メーカーやサロンのほか、近年では介護施設などの医療・福祉関係でも活躍できる職業です。患者に対してカウンセリングを行い、メンタルサポートなど心のケアも目的としています。
メイクセラピストは単にメイクをするだけではなく、メイクを通してその人のコンプレックスを取り除き、メンタルをサポートする職業のため今後も消えない職業となります。

メイクセラピスト 仕事の将来性・安定性

メイクセラピストの仕事の将来性について、メイクの技術は年々高まってきており、火傷の跡や傷などを特殊メイクで隠してコンプレックスを無くすことができるようになってきました。
メイクセラピストはそうしたメイクの技術でコンプレックスを取り除く事ができるため、技術の発展とともに将来性も高まってきます。
また、一般的には化粧品メーカーやサロンなどの正社員として働くため、安定性のある収入にも期待できます。

メイクセラピスト 仕事のやりがい・本音

メイクセラピストの仕事のやりがいは、メイクによって心的なストレスを軽減し、生きることへの希望を持ってもらえた時にやりがいを感じます。
メイクセラピストはメイクを通して依頼者のメンタル面をサポートし、メイクの仕方やケアの方法などを指導します。しかし、カウンセリングの知識が求められるのが本音で、メイク以外の経験が必要になります。

メイクセラピスト 仕事の良い点

メイクセラピストの仕事の良い点は、メイクの技術を活かせる点と、経験を積むことで独立開業ができる点です。
メイクセラピストは通常のメイクでは行わないようなカモフラージュメイクなども実施するため、メイクセラピストならではの技術が活かせます。また、そうした知識と経験を元に独立して仕事をすることもできるのも良い点で、自分の力を活かせる仕事です。

スポンサードリンク

メイクセラピスト 仕事の悪い点

メイクセラピストの悪い点は、メイク以外の知識が求められる点で、特にカウンセリングの知識が重要となってきます。
メイクセラピストは依頼者の相談に乗り、依頼者が自分でメイクができるような指導も行います。高度な技術だけではなく、その人に合ったメイクの方法を考えて指導しなければなりません。ワンパターンなメイクだけでなく、様々な問題を抱えた人にあうメイクを考えなければならないのも仕事の悪い点です。

メイクセラピスト 仕事の内容

メイクセラピストの仕事の内容は、メイクの技術を通してメンタルのケアを行う仕事です。外見にコンプレックスを持つ人に対してメイクを行い、メンタル面をサポートしてアドバイスを行います。
メイクセラピストはメイクの他、利用者の心理カウンセリングも行います。人それぞれの問題をしっかりと確認して、その人にあうメイクを提案していく仕事です。

メイクセラピスト 仕事に必要な資格

メイクセラピストの仕事に必ず必要な資格はありませんが、取得しておくべき資格に「メイクセラピー検定試験」があります。心理カウンセリングの手法を取り入れたメイク技術で、化粧療法の一つとなっています。
メイクセラピストは美容業界の他、福祉医療業界でも注目されており、傷を隠すメイク技術や、正しい化粧品の使い方を指導します。そうしたメイク以外の心理カウンセラーとしての位置付けもあるためメイクセラピー検定資格を取得しておくと良いでしょう。

メイクセラピスト 仕事に必要なスキル

メイクセラピストの仕事に必要なスキルは、メイクの技術と化粧品に関する知識、多くの人と関わるためのコミュニケーションスキルが必要です。
メイクセラピストは依頼者にあったメイクの技術指導を行います。その人の肌にあう化粧品を選んだり、化粧品の説明をして実際にメイクをしていきます。また、メンタル面をサポートすることも重要なため、コミュニケーションスキルも必要となります。

メイクセラピスト 仕事のまとめ

メイクセラピストの仕事は、理想のメイクを依頼者ができるように指導する他、カウンセリングを行い依頼者のコンプレックスをメイクによって緩和する仕事です。
メイクセラピストは心理カウンセリングの知識も必要なため、「メイクセラピー検定試験」を取得して基本となる知識を得ることが求められます。また、福祉医療業界でも需要があり、火傷や傷を隠すメイク技術によってメンタルサポートを行っています。

スポンサードリンク

メイクセラピストの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング