マシニングセンター・オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>マシニングセンター・オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

マシニングセンター・オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音

machining

マシニングセンター・オペレーター 仕事の年収・月収

マシニングセンター・オペレーターの仕事は簡単にいうと工作機械作業員のことです。マシニングセンターとは、金属部品を製造する機械で、オペレーターとはそれを操作する人という意味です。複雑な工作機械の操作法を理解し、必要な製品を製造する仕事です。技能によりますが、年収はおよそ300万円~400万円と言われています。高卒の場合の初任給は17万円程度のようですが、収入レベルは所属する組織の規模に左右されます。需要は安定していますが、他業種と比べて高給取りの職種とは言えません。ボーナスなど会社の業績に応じた収入もあるため、経験・実力によって多少は年収が上がる可能性があります。

スポンサードリンク

マシニングセンター・オペレーターの仕事は、消える職業?消えない職業?

マシニングセンター・オペレーターとひとことで言っても範囲は幅広く、工作機械メーカーや町工場など職場はいろいろです。マシニングセンター・オペレーターは機械工場に必須の職業ですので、今後も消える職業ではないでしょう。技術力を磨けば、安定して仕事があります。また、昨今グローバル化が進んでいるので、英語で仕事ができれば職場でも重宝され、活躍の場が広がる可能性があります。

マシニングセンター・オペレーター 仕事の将来性・安定性

基本的にマシニングセンター・オペレーターは金型製造などを事業とする企業に所属することが多いです。マシニングセンター・オペレーターとしての経験があれば、一定のニーズがありますので、年齢はあまり関係がない職種です。よって、将来性・安定性は高いです。技術は日進月歩ですから、常に新しい技術を身につけることが重要です。最新技術や機械の動向にも目を向け、どこでも通用するスキルを身につけることができればステップアップすることができます。汎用性のあるスキルなので、業界を越えた転職などでもある程度は有利に働くでしょう。

マシニングセンター・オペレーター 仕事のやりがい・本音

マシニングセンター・オペレーターの仕事のやりがい・本音は、工作機械の操作を通して顧客(部品メーカーなど)の商品の質に直接的に貢献できるところにあります。複雑な部品がうまく仕上がることは、その後の製造工程において重要であり、すぐに顧客に伝わります。お客様の要望どおりに品物が完成し、自分の働きが商品の製造に不可欠であることがしっかりと感じられます。特に直接感謝されるわけではありませんし、もし商品になんらかのトラブルが起きたときは苦情処理もありえますので、忍耐強く、技術向上に情熱を傾けられる人に向いていると言えます。例えば自分が行った工夫によって製品の質が向上する、失敗作が減る、ということはマシニングセンター・オペレーターの最大の仕事のやりがいと言えるでしょう。本音では、機械の不具合などトラブル対策ばかりで仕事が進まない、などというケースもあるでしょう。何もかも想定どおりには行きませんが、複雑な機械の操作を通してモノ作りに携わる実感があることはマシニングセンター・オペレーターの仕事のやりがいと言えるでしょう。

マシニングセンター・オペレーター 仕事の良い点

マシニングセンター・オペレーターの仕事の良い点は、お客様の商品製造に不可欠であり、ものづくりに直接貢献できる点です。その後の製造工程で不具合があると困るような精密機器や、非常に高価な金属部品を製造するわけですから、責任感を持って仕事に取り組むことができます。日本の高度なモノづくりに直接貢献できることは、マシニングセンター・オペレーターの仕事の良い点と言えるでしょう。

マシニングセンター・オペレーター 仕事の悪い点

マシニングセンター・オペレーターの仕事の悪い点は、機械の不具合や、高度過ぎる操作要件などによって、思い通りに行かないことが多々ある点です。また、工作機械の世界においてもIT技術の進歩などによって日進月歩ですので、常に新しい知識をつけるため勉強する必要があります。ひとつの機械で操作法を覚えても、機種変更があったりするので常に覚えなおしが発生します。

スポンサードリンク

マシニングセンター・オペレーター 仕事の内容

マシニングセンター・オペレーターの仕事の内容は、幅広く専門性が必要になってきます。例えばマシニングセンター・オペレーターの仕事にも電気系統や通信機器などがあり、それぞれに異なる専門性が必要です。どの役割においても、与えられた仕事を十分にこなすスキルが必要です。責任感がある人物かどうか、根気があるかどうか、常に学ぶ姿勢があるかどうか、などはマシニングセンター・オペレーターの仕事をするにあたって大変重要です。

マシニングセンター・オペレーター 仕事に必要な資格

マシニングセンター・オペレーターの仕事に絶対必要な資格というものはありませんが、工業高校や大学などで金属加工を学んでから実地で技術力を磨く場合が多いです。一人前になるまでには3年~5年はかかると言われています。金属加工を勉強したことをアピールすれば、就職できる可能性はかなり高まります。マシニングセンター・オペレーターとして仕事を得るには慎重さも基礎となりますので、マシニングセンター・オペレーターの仕事以前になんらかの機械のオペレーター経験があればなおよいでしょう。

マシニングセンター・オペレーター 仕事に必要なスキル

マシニングセンター・オペレーターの仕事に必要なスキルは、まず機械操作が苦でないこと、と向学心です。お客様あっての仕事ですので、担当の機械をうまく操作するために常に知識を更新することが嫌でないことは大前提です。新しい知識を身につけるのが好き、ものづくりに携わりたい、という人に向いています。いずれにせよ、顧客の要望に合わせて新しいスキルを身につけることと、向上心を保つことはマシニングセンター・オペレーターの仕事に必要なスキルです。

マシニングセンター・オペレーター 仕事のまとめ

マシニングセンター・オペレーターの仕事は、求められた金属部品を高度な機械を駆使して提供する仕事です。基本的に組織に属して働くので、形はさまざまながらもマシニングセンター・オペレーターという職種は経験を積めば積むだけ安定性が高くなり、将来的にも消えない職業と言えるでしょう。顧客のために工夫を重ね、精度を高めることができれば、立派にマシニングセンター・オペレーターとして仕事ができるにちがいありません。

スポンサードリンク

マシニングセンター・オペレーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング