司書の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>司書の仕事の年収・やりがい・本音

司書の仕事の年収・やりがい・本音

司書 仕事の年収・月収

司書の仕事は、月給にして15万〜18万円前後からスタートすることが多く、年収にして300万円~400万円程度にとどまっています。また正社員での本採用は少なく、パート、非常勤での雇用がほとんどで、仕事量の割に年収が低いのが現状のようです。ちなみに、アルバイトの時給は900円前後、派遣社員の時給は1500円前後が一般的です。

スポンサードリンク

司書 消える職業?消えない職業?

以前は司書が手作業で行なっていた事務処理を、最近はパソコン・プリンターが代わって迅速に済ませるようになり、マニュアル通りの手順で機械の操作ができれば、司書の資格がなくても資料整備や書籍管理が可能になりました。したがって、司書が消える職業か消えない職業か考えた場合、残念ながら「消えない職業」とは断言できないでしょう。

司書 将来性・安定性

近年、IT化が進み、図書館に行かなくてもインターネットに接続できる環境であれば、知りたいことを自ら調べられる時代になり、人々の図書館離れが進んでいるようです。またほとんどの司書は非常勤で雇われているため、安定性が保障されていません。これらをふまえて、司書の将来性・安定性を考えた場合、厳しいと言わざるを得ないでしょう。

司書 仕事のやりがい・本音

司書に仕事のやりがいや本音を聞いたところ、自分が勧めた本を「おもしろかった」と嬉しそうに返却してもらったときや、自分が発行した「図書館だより」や、お勧め図書の掲示物を読んで、その本の貸出数が増えたもらえたとき、改めて司書としての存在意義を感じ、とてもやりがいを感じるとの声が聞けました。

司書 仕事の良い点

司書の仕事の良い点とは、子育てしながらでも女性が働くことができる点です。実際、家事や育児をしながら図書館で業務に携わっている女性の司書は大勢います。嘱託やパートなどの雇用形態であれば、扶養の範囲内で働くこともでき、仕事と子育てを両立させやすいのが良い点といえるでしょう。

司書 仕事の悪い点

悪い点は、給与は少なくても業務は多忙、という図書館が多く、ただ「本が好きだから」という動機では続けていくのが難しいことです。また、働いている人の多くが女性なので、人間関係に気を使うことと、公立図書館や規模の大きい大学図書館だと土日も開館しているため、家族と休みが合わないのも、悪い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

司書 仕事の内容

司書の仕事内容とは、図書館の本を管理し、図書館のサービスを担当することです。具体的な仕事内容としては、カウンターで本の貸出しをしたり、図書館が購入する本を選んだり、本をジャンルごとに分類、管理し、利用者からの問い合わせに応えるなど、図書館利用者とも接することが多い仕事となっています。

司書 仕事に必要な資格

司書の資格は、図書館で専門的に働くことができる知識・技術を身につけていることを表しているに過ぎず、資格を取得すれば全員が図書館に勤務できるというわけではありません。公立図書館・公立学校の図書館で司書として勤務したいのであれば、司書の資格だけでなく、公務員試験を受けて合格する必要があるので、狭き門となっています。

司書 仕事に必要なスキル

司書に求められるスキルとは、第一にコミュニケーション能力です。利用者の求めている本を探す「レファレンスサービス」を行なう上で、相手と適切にコミュニケーションが図れなければ、調べたい情報にたどり着けないからです。また、図書館業務の多くは地道な事務仕事のため、正確性と要領の良さ、根気強さという事務的なスキルも求められます。

司書 仕事のまとめ

司書の仕事は、月給にして15万〜18万円前後からスタートすることが多く、年収にして300万円~400万円程度にとどまっています。
司書の仕事の良い点とは、子育てしながらでも女性が働くことができる点です。
司書の仕事内容とは、図書館の本を管理し、図書館のサービスを担当することです。
司書の資格を取得すれば全員が図書館に勤務できるというわけではありません。
司書に求められるスキルとは、コミュニケーション能力と事務的スキルです。

スポンサードリンク

司書の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング