造園士の収入・初年度年収は300万円。ユニークなスキルで独立すれば年収数千万円も

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>造園士の収入・初年度年収は300万円。ユニークなスキルで独立すれば年収数千万円も

造園士の収入・初年度年収は300万円。ユニークなスキルで独立すれば年収数千万円も

個人邸宅の庭や公園には多くの樹木が植えられ、芝生や石・池なども使って美しく整備されています。

そうした庭を造ったり管理したりしている造園士は、一人前になるまで何年もかかると言われるほど専門的な職業です。

スポンサードリンク

1.造園会社の初任給は16万円から20万円程度

庭師や園丁とも呼ばれる造園士は一見すると植木職人と似た職業ですが、一般の植木屋さんは主に樹木の剪定や植え付けなどを行う仕事です。

造園士や庭師は庭に樹木を植えたり剪定したりするだけでなく、石を設置したり池を造ったりなど、庭の設計から施工まであらゆる業務を請け負います。

日本庭園を造る伝統的な職業は庭師と呼ばれますが、造園士は洋風庭園も含めたさまざまなタイプの庭や公園・緑地が設計・施工の対象です。

造園士の就職先は造園会社が中心で、そうした企業の社員として働く場合それほどの高収入は期待できないとも言われています。

造園会社に就職した場合の初任給は16万円から20万円程度で、一般の企業と比較すると低めの水準です。

未経験者でも積極的に雇用している造園会社に就職して先輩社員とともに働きながら仕事を覚え、一人前になったら独立して収入アップを目指すという道も想定されます。

2.庭造りに関するあらゆる仕事に対応

樹木の植え付けや管理だけでなく庭造りに関わるすべての作業を行う造園士は、依頼主の注文に応じて庭を設計します。

新築住宅の庭造りを担当する場合は造園士が腕をふるう一番の機会となりますが、その後も植木の剪定や除草作業・消毒作業など、定期的な管理作業が必要です。

樹木を健康的に維持するためには木の種類に合わせた時期の剪定作業が大切で、病害虫対策も欠かせません。

庭造りに当たっては大きな石を設置したり池を掘ったりする必要も出てくるため、しばしば大がかりな工事となります。

塀やフェンスの設置に加えて車庫や物置小屋の建築まで請け負う場合もあり、排水工事や舗装工事も含めたエクステリア全般を担当するのが造園士の仕事内容です。

造園士には樹木だけでなく建築や設計に関する知識も求められるため、社員が造園技能士や造園施工管理技士の資格を取得することで造園会社の営業面にも大きなプラスとなります。

3.体力が必要で危険も伴うハードな仕事

造園会社には各地方の限られたエリアの個人宅などを営業対象とする中小企業が多いことから、前述の通り収入面では他の業種と比べて平均年収を上回るのが難しいものです。

フリーランスとして独立した場合でもどれだけ仕事を取れるかは見通せず、悪天候が続いたりすると収入が激減してしまいます。

その点では日給制が採用される例も少なくない造園会社の社員も同様で、収入面の不安定さは天候に左右される屋外作業の弱みです。

樹木の植え付けや伐採を始め、造園に関わるさまざまな工事は体力も要します。

真夏の炎天下でも草刈りなどの作業を強いられる造園士は仕事がきついだけでなく、危険とも常に隣り合わせの職業です。

植木や生け垣の剪定で高所作業を行う際には落下の危険にさらされ、蛾の幼虫やスズメバチなどの害虫対策も欠かせません。

チェーンソーや草刈り機などは使い方を誤ると事故につながるため、作業の際は安全面に最大限の注意が必要です。

スポンサードリンク

4.自分の感性で庭をプロデュースする喜び

造園士は以上のようにさまざまな危険を伴う上に重労働を強いられる職業ですが、庭造りには他の仕事にないやりがいも得られます。

造園会社に就職して間もないうちは何十種類もある道具を覚えるだけでも一苦労で、慣れない作業に生傷を作りながら修行に励まなければなりません。

造園士の適性を持つ人なら、そうやって仕事を覚えるうちには庭造りの面白さにも目覚めてくるものです。

特に新築住宅でゼロから庭を造り上げる仕事にはクリエイティブな感性も求められることから、造園士にとっては才覚を発揮する絶好機となります。

自身の裁量で造園の設計から施工までを手がけるくらいまで熟練するようになれば、1件1件の注文をこなしていく中で大きな達成感が得られるのです。

剪定や除草といった作業も庭を美しく維持する点に充実感が得られる仕事で、造園士の中には道具の使い方ひとつにもこだわりを持って取り組んでいる人が少なくありません。

5.一人前になるまでに一定期間の修行が必要

造園士の仕事は多岐にわたっているため、一人前になるまでには長い年月を要すると言われています。

造園会社に就職した場合でも経験を積むごとに技術が認められ、収入も徐々にアップしていくものです。

前述の造園技能士や造園施工管理技士といった国家資格は、そうした造園士としての技量を証明する大きな武器となります。

造園技能士には1級から3級まであって、3級は実務経験1年で受験資格を得ますが、2級には2年、1級になると7年の実務経験が基本的に必要です。

同じ国家資格の造園施工管理技士はさらに難易度が高く、1級と2級それぞれに学歴や実務経験に基づく受験資格が細かく設定されています。

フリーランスとして独立する際にもそうした資格は役に立ちますので、造園会社で働きながら資格取得と独立を目指すというのも造園士としてのキャリアアップにつながる道です。

独立後に経営規模を広げていけば、公園や公共施設の緑化工事も受注できるようになります。

ユニークなスキルで独立も目指せる造園士の仕事

造園士や庭師も造園会社に就職して間もないうちは給料も決して高くないとは言え、仕事を覚えて資格を取得すれば自分の裁量で庭園をプロデュースする道も開けてきます。

一人前となって独立した場合でも安定した仕事に恵まれるとは限りませんが、技術力と経営センスを武器に一般企業の平均年収を上回ることも十分に可能です。

スポンサードリンク

造園士の収入・初年度年収は300万円。ユニークなスキルで独立すれば年収数千万円もに関連する記事

人気記事ランキング