航空整備士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>航空整備士の仕事の年収・やりがい・本音

航空整備士の仕事の年収・やりがい・本音

koukuseibisi

航空整備士 仕事の年収・月収

所属している企業や官公庁によって差がありますが、平均で年収300~400万円、月収では約20~30万円と言われています。年齢ベースの基本給に夜勤手当やシフト手当などの諸手当という形が取られているケースが多いようです。
経験を重ねて高い技術を身につけたり、一等航空整備士など上級の資格を取得すれば、基本給が上がる可能性があります。
ボーナスは年2回支払われるケースが多く、企業に勤めている場合は業績によって多少給料が変動する場合があります。
また、民間企業に勤めている場合、大手の会社だと航空優待券や福利厚生が充実している場合があります。官公庁に勤める航空整備士の場合は公務員扱いなので、その安定した待遇が魅力です。

スポンサードリンク

航空整備士の仕事は、消える職業?消えない職業?

航空機という乗り物は、現在世界中で利用されている乗り物です。遠い場所への移動の際には、まず最初に利用候補に挙げられるほどです。今後、よほどの技術革新がない限り、航空機は移動手段の一つとして世の中に残り続けると断言出来ます。
そのため、その航空機の整備を行う航空整備士という職業は消えない職業といえます。航空整備士という職業が消えることは、今後も無いでしょう。
逆に言えば、航空整備士の仕事が消える時は、それだけ航空機という存在が過去の遺物になっている証拠です。その時は、航空整備士の仕事もひっそりとなくなっていることでしょう。

航空整備士 仕事の将来性・安定性

安定性に関して言えば、所属する企業や団体によります。企業に勤めていれば会社員並の待遇と安定性が約束されるでしょう。また、航空整備士は高い技術が要求される職業なので、どの企業も即戦力となる航空整備士を求め続けている傾向があります。たとえ職を失うようなことになっても、次の仕事に困るという自体には陥ることはなさそうです。
将来性に関してですが、航空機の部品の精密化や整備技術の高度化は常に進んでいます。そのため、最先端の整備技術を常に勉強し続けないかぎり、航空整備士として生き残っていくのは難しいと言われています。逆に言えば、常に勉強をして技術に磨きをかけていれば、航空整備士として高い地位が約束されるといえるでしょう。

航空整備士 仕事のやりがい・本音

多くの航空整備士の方が、『自身が整備した航空機が飛び立つ瞬間』をやりがいとして挙げます。特に、事前にトラブルが発見された航空機を自分の手で整備し、その航空機が飛び立つ瞬間は、本当に大きなやりがいを感じるようです。
また、航空機の整備を1種の『ものづくり』と捉える方もいらっしゃるようです。たくさんの仲間とともに航空機の調子を上げ、飛び立つ様子を見守る一連の作業をものづくりと捉え、そこにやりがいを感じるという方も多いようです。
また仕事のやりやすさが天候に左右されるようで、『雨の日は仕事が辛い……』という本音を持っている方もいらっしゃいます。

航空整備士 仕事の良い点

航空機が好きな人、また機械が好きな人にとっては天職といえるほど楽しい職業なようで、大半の方が『航空機に携われる』ことを良い点として挙げています。整備した航空機が飛び立つ時のやりがいは、普通のサラリーマンでは絶対に味わえない喜びといいます。
また、整備の仕事を通して最新技術に触れる機会が多いことを良い点として挙げる方もいらっしゃいます。知的好奇心の強い人にとっては、月々と生まれる新しい技術に触れる機会が多いことは、良い点といえるでしょう。
航空整備士 仕事の悪い点
24時間稼働している空港で働いている場合、航空整備士の仕事はシフト制で、場合によっては夜勤を行う場合もあります。そのため、生活リズムと体調を崩しがちになります。その点は悪い点といえるかもしれません。
また、航空整備士は非常に思い責任を背負わされている職業ですが、その割に給料が安い…という点を不満に感じる方もいらっしゃるようです。特に若い人にその傾向が顕著にあらわれていて、その点を悪い点として挙げる方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

航空整備士 仕事の内容

航空機の整備・点検・修理を行うのが航空整備士の仕事です。航空機は非常に緻密な作りとなっており、たった一つの不具合が大惨事に繋がることもあります。そのため、安全なフライトを司る航空整備士の存在は必要不可欠で、航空整備士には高い技術が求められます。
実際の整備点検は、複数のチームに分かれて行います。目視による確認や叩いた時の音での確認、超音波やX線を使っての確認などのチェックを経て、航空整備士のOKが出てはじめて、航空機はフライトを行うことが出来ます。
非常に重い責任が課せられていることも特徴です。航空機は小さな異常が第三次に繋がる可能性もある乗り物のため、ほんの少しの異常も許されません。

航空整備士 仕事に必要な資格

航空整備士になるために必要な資格は特にありませんが、『二等航空整備士』の資格を取得しておくと就職に有利と言われています。また、航空機整備経験を四年以上積むことで取得資格を得ることが出来る『一等航空整備士』の資格を取得しておかなければ、大型機の整備に携わることは出来ません。
なり方ですが、高校を卒業した後に航空専門学校に進むケースが一般的です。在学中に『二等航空整備士』『二等航空運航整備士』の資格が取得出来ることで、就職にも有利に働くようです。
もちろん、大学やその他の専門学校に進学した後に航空整備士となることも可能ですが、就職前に二等航空整備士の資格を取得しておいたほうが、就職後もキャリアステップがスムーズなようです。

航空整備士 仕事に必要なスキル

大半の方が、『手先の器用さ』と『注意力』を必要なスキルとして挙げます。
なんといっても機械整備ですから、小さな部品や複雑な部品を扱うケースがあります。その場合にも、小さな工具を使いこなし、完璧に整備を仕上げる際に、手先の器用さは大切なスキルとなります。
また、どのような異常も見逃さない注意力も必要です。ほんのささいな異常が第三次に繋がる航空機ですから、小さな異常に気づく事ができる注意力もまた、必要なスキルといえます。
スキルとはいえない部分もありますが、『誠実でウソをつかない』『勉強が好き』といったものも、航空整備士に必要な脂質と言われています。

航空整備士の仕事のまとめ

非常に重い責任と、それ以上のやりがいを与えてくれるというのが、航空整備士の仕事のまとめといえそうです。
たくさんの人達の命を預かる職業ともいえる航空整備士ですから、その責任は重大です。たった一つのミスがたくさんの人達の命を奪うことにもなりかねない為、ほんの些細な異常も見逃さないことが求められます。
その代わり、航空整備士の方々が口を揃えて言うのが、『飛行機が飛んだ時のやりがいは非常に大きい』ということです。自身が整備した飛行機が、たくさんの人達を乗せて飛び立っていく様子を見送るとき、何よりも強いやりがいを感じるといいます。そのやりがいを感じるため、仕事を続けているという方も非常に多くいらっしゃいます。
そんな航空整備士の仕事をまとめると、『責任は重いが、この上ないやりがいを持てる仕事』といえるでしょうか。責任が重いからこそ、そのやりがいは非常に大きいといえるようです。

スポンサードリンク

航空整備士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング