航空自衛隊の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>航空自衛隊の仕事の年収・やりがい・本音

航空自衛隊の仕事の年収・やりがい・本音

航空自衛隊 仕事の年収・月収

航空自衛隊に関わらず自衛隊全般に関して言えますが、一般の公務員と比べると比較的収入面は高く設定されています。危険を伴う職務であると同時に体力的な面において定年退職が早いため、当然ともいえます。
役職や階級によって異なってきますが、2士や曹候補生の場合ですと月給約16万円、大学卒の幹部候補生で約21万円となっており、ボーナスや各種手当も含めて、平均年収は300万~500万円と言われています。
額面だけで見ると言うほど収入面に関して優位性はあまりないように見受けられますが、自衛隊は各種手当と福利厚生が充実しています。独身の隊員は隊舎と呼ばれる施設に住むことにより、住居費、食費が無料になります。また結婚し、基地の外部に住むことになっても住居手当が支給されます。医療費に関しても、基地内の病院で診察を受ければ無料になります。
それ意外にも航空自衛隊ならではの手当として、パイロットに支給される『航空手当』、災害の際に被災地に派遣された際に支給される『災害派遣等手当』などがあります。
自衛隊の収入面に関しては詳細が公表されていますので、具体的な数字を確認したい場合は、一度調べてみるとよいでしょう。

スポンサードリンク

航空自衛隊 消える職業?消えない職業?

航空自衛隊とは、日本という国を守る要です。有事の際には出撃し、日本を守るために命をかけて奮闘するのが、航空自衛隊の役割になります。
『有事』というのは、何も戦争のように外国から攻められたときのことだけではありません。先の東日本大震災のような大災害の場合も含まれます。
『国民をあらゆる脅威から守り、国の治安を守る』ための切り札としての存在が航空を含む自衛隊の役割です。そのため、日本という国が無くならない限り、航空自衛隊もまた存在し続けるでしょう。
憲法解釈などの問題も抱えており、『自衛隊』という呼称はなくなるかもしれませんが、自衛隊のような組織は決して無くなることはないと断言出来ます。

航空自衛隊 将来性・安定性

先程も申し上げましたが、自衛隊は公務員です。自分から退職するという選択をしない限り、決して職を失うということはありません。また他の公務員と違い、収入面や各種手当の面で非常に優遇されています。
そのため、安定性においては抜群です。自衛隊に勤めている限り、恐らくお金の面で苦労するということはないでしょう。
将来性となると厳しい面があります。というのも、自衛隊は規則として、一定以上の昇進が出来ない場合、7年で退職せざるを得ないからです。そのため、少試験に合格出来ない限り、常に転職のことを考えて計画的に生活しなければなりません。さらに、有事の際には死と隣合わせの状況で最前線で任務をこなさなければならないという側面もあります。

航空自衛隊 仕事のやりがい・本音

航空自衛隊は、日本の防衛において最も重要であるといえる『制空権』を守るのが仕事です。日本の空を守り、人々の平和を維持するというやりがいは、他の職業では得られない、なによりも強いやりがいとなります。
また、航空自衛隊は自衛隊の中でもとりわけエリートのイメージが強い職業です。実際に最新機器が多く、その知識を習得した専門性の高い集団であるといえます。その点を誇りに思う隊員が多くいることも事実です。
『本音』という観点で見ると、この職業の難点として人間関係を挙げる隊員がいます。傾向的に体育会系のノリの隊員が多く、その雰囲気についていくことが出来れば人間関係は円滑に進み、逆についていくことが出来なければ、隊内での人間関係で孤立してしまう傾向があるようです。

航空自衛隊 仕事の良い点

やはり公務員なので、大半の隊員が安定性や毎年上がる収入などをいい点として挙げるようです。充実した福利厚生を挙げる隊員も多いようです。
また意外なことに、特に何かが起こらない限り土日休みで休暇も多く、定時上がりが常なようです。ブラック企業の横行が叫ばれる昨今、この点は非常に魅力的でしょう。
災害派遣に赴くのは陸上自衛隊が多いということもあり、自衛隊全体の中では、平時は比較的負担の少ない職業であるようです。陸海空の自衛隊の中では航空自衛隊が最も人気のある職種のようです。
自衛隊は公務員であり営利団体ではないので、人間関係以外でストレス要因がないことをメリットとして挙げる隊員もいます。
別の方面では、各種免許に関して自衛隊は優遇されています。通常は何年も経験を積んではじめて取得できる免許であっても、自衛隊であれば無料で取得出来るものがあります。航空自衛隊であれば、ヘリの操縦免許といったちょっと特殊な免許も取得できます。

航空自衛隊 仕事の悪い点

一番下の階級である『士』のまま7年が経過すると退職せざるを得なくなります。そのため、将来設計をキチンと立てておかないと、再就職においてかなり苦労すると言われています。
また、不満点として『人間関係』を挙げる隊員が非常に多いのも特徴です。体育会系の色が強い傾向があるようで、上官や同僚から理不尽な仕打ちを受け、苦労している隊員も少なからずいるようです。

スポンサードリンク

航空自衛隊 仕事の内容

一口に『航空自衛隊』といっても、その業務内容はかなり多岐にわたっています。
パイロットになった場合は、所属不明期が日本の領空に接近してきた際に出動し、適切な誘導や場合によっては威嚇を行います。
大半の隊員は整備の仕事を行うようです。戦闘機の整備を行うのが仕事になりますが、整備の出来によってはパイロットの命を奪うことにもなりかねず、プレッシャーを感じる人もいるようです。
その他にも気象観測や無線操作、航空管制といった仕事も航空自衛隊にはあります。
ちょっと面白いところで、式典やイベントの際に楽器を演奏して華を添える『音楽』という分野があるのも特徴です。

航空自衛隊 仕事に必要な資格

航空自衛隊になるために必要な資格というのは特にありませんが、組織自体が非常に大きな組織になるので、採用試験も非常に多岐にわたっています。程度の差こそあれ、あらゆる職種に年齢制限が設けられているのが特徴です。
防衛省が公開しているwebサイト『自衛官募集ホームページ』にて、自衛官応募ナビという無料サービスが展開されています。そちらで自身の年齢、学歴、居住地を入力すれば、自身がどの仕事に従事出来るか分かります。航空自衛隊を志す場合は、一度確認してみることをおすすめします。それほどまでに、かなり細かく分かれています。

urlはこちら→http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/recruit/index.html

なり方も様々ですが、高校を卒業してすぐ入隊した方が、隊内の人間関係やその後の技能取得のためにも有利と言われています。
また、防衛大学に進学して、卒業後に入隊するというコースもあります。防衛大学に入学すれば学費は免除な上に月給もあり、卒業後は自衛隊内では幹部候補となります。ただし、入学後はかなり厳格なルールが定められており、単位取得も他の大学と比べるとかなり厳しいという特徴があります。

航空自衛隊 仕事に必要なスキル

基本的には必要なスキルは入隊後に色々と教わるというスタンスなので、入隊前に特別必要なスキルというのはないようです。
ただし、人間関係において苦労する隊員が非常に多いみたいなので、人間関係を円滑に進める事ができるスキルはあった方がよいでしょう。
また、航空に関わらず、自衛隊は昇進試験に合格しない限り、最高でも7年しか続けることの出来ない職業です。定年退職も非常に早いのが特徴です。入隊前に綿密な将来設計をたてて、それを実行に移すという強い意志も必要になってくるでしょう。常に将来を考えて行動する必要があるといえます。

航空自衛隊の仕事のまとめ

現在、日本は周辺諸国との緊張が高まりつつあります。その中で、国防の最前線にいるのが、日本の空を守る航空自衛隊です。事実、日本の領空内に侵入してきた所属不明機が確認された際に緊急出動する『スクランブル』の頻度が年々高くなっています。こうやって、航空自衛隊は日本の平和を守っています。
平時は公務員として、充実した福利厚生や毎年昇給のある収入など非常に優遇されています。その点では、非常に魅力的な職業です。
一方では、有事の際には命がけで国民の平和を守らなければならず、死と隣合わせの現場で任務を遂行しなければなりません。繰り返し出動した隊員の中には『もう乗りたくない』といって退職していく者も少なくないようです。
非常に重要な仕事で、日本が存在する以上無くてはならない職業ですが、一方ではその重要性ゆえ、非常に苛烈な職業でもあるのが航空自衛隊であるといえます。どんな辛さにも負けない強い気持ちがあれば、『平和を守る』という非常に強いやりがいを感じることが出来るでしょう。

スポンサードリンク

航空自衛隊の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング