消える職業?消えない職業?広告プランナーの年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?広告プランナーの年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?広告プランナーの年収・やりがい・本音

koukokuplanner

消える職業?消えない職業?広告プランナーの年収・月収

広告プランナーの月収は会社員の場合およそ20万円から28万円、年収は300〜350万円ほどです。フリーランスの場合は仕事量により収入を増やすことも可能となります。給与形態は年俸制を取る企業もあり、「営業手当が支給される場合もあるなど様々です。
仕事量は個人の能力による部分が多く、収入は人によって異なります。

スポンサードリンク

広告プランナーは消える職業?消えない職業?

広告プランナーは消えない職業で、今後も残り続けます。
広告に決まった場所や手段はなく、テレビや雑誌以外にも広告主がいる限りあらゆる場面で利用されていきます。
広告プランナーが提案し、その費用対効果や影響に関してしっかりとした見積もりを出すことができれば広告として成り立ちます。
今後も広告主がいる限り需要があるので、広告プランナーは消えない職業です。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの将来性・安定性

広告プランナーの安定性は高く、会社員として働く場合は安定した収入を得ることができます。
しかし、フリーランスで仕事をする場合は、仕事量に応じて収入が変化するので安定性があるとはいえません。
広告プランナーの将来性は様々あり、実績を作ってフリーランスとして独立する人や、企画力を生かしてマーケティングに関する仕事や商品企画などの仕事に就く人もいます。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事のやりがい・本音

広告プランナーの仕事のやりがいは、はあらゆる業種の人と関わり、あらゆる種類の広告を提案、実際に完成させていくことにあります。
自らが企画提案した広告が実際に世に出て、多くの人に見てもらうことができれば実績として残る為やりがいがあります。
広告によって売り上げを改善できたり、広告で扱った商品を使っている人が増えるなど、結果が目に見える事もやりがいに繋がります。
しかし、広告プランナーの仕事は総合職であり、営業も兼ねているため一人前になるまで時間がかかるのが本音です。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事の良い点

広告プランナーの仕事の良い点は、一つの仕事をこなすだけではなく、たくさんの業種と様々な方法で仕事ができることです。
新しい発見も多く、今まで見た事のない商品を取り扱う事もあります。それをどうやって広告展開していくかを考えることも刺激になります。
広告プランナーは毎日が新しいことへの挑戦でもあり、様々な業種と関われるので自分の能力を高められることも良い点です。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事の悪い点

広告プランナーの仕事の悪い点は、仕事の結果が分かりやすく反映されるため、失敗した時は広告で取り扱った商品が売れなかったり、受け手に悪い印象を与えて損害となる可能性があります。
もちろんマーケティングや広告の効果を事前に検討しますが、出してみないと分からない部分もあり、失敗した時の影響が大きいことも悪い点です。
広告プランナーの仕事をフリーランスで行う場合は実力主義でもあり、実績を作っていかなければ次の仕事を獲得することが難しくなります。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事の内容

広告プランナーの仕事内容は、広告主に働きかけて仕事を受注し、それに対する広告展開の企画立案、マーケティングを行いターゲットを見極めて計画を立て、実施します。
さらに、自分の会社だけでできないことは協力会社へ作業を依頼し、実際に物を作るなどして納品、それを広告として活用します。
どのような広告が効果的かを検証し、最大限の効果を出すための企画提案から実施、代金の回収までを一貫して関わる仕事です。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事に必要な資格

広告プランナーの仕事に必要な資格は特にありません。
実際に働きながら企画力を学ぶ場合が多く、営業職から開始してプランナーになっていく場合もあので、広告プランナーの仕事は資格よりも企画力が重要になります。
常に新しい情報を収集し、それらを有効活用したりユニークな提案ができる人ほど向いている仕事です。
広告プランナーはデザイナーやコピーライターとも仕事をするので、企画作業だけではなく一緒に仕事をする人たちの作業内容についても知っておく必要があります。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事に必要なスキル

広告プランナーの仕事に必要なスキルは提案力とコミュニケーション能力です。
広告主から与えられた条件の中で、最大限の効果を上げるためにはどうすれば良いかを考えなければなりません。
広告プランナーの仕事には過去の数字やターゲット層に関する市場調査があり、広告効果を統計学的に判断するスキルも必要です。
また、自分の会社以外にも制作会社など外部の企業と仕事をする場合があります。コミュニケーションを密に取りながら締め切りに間に合うよう調整するスキルも必要になります。

消える職業?消えない職業?広告プランナーの仕事まとめ

広告プランナーの仕事は、どんなものでも取り扱える幅広い知識と、広告主の求める広告を作る提案力が必要になります。
あらゆるものが広告の対象となるため、常に新しい発見や知識が増えて行くことが魅力的な仕事でもあります。
広告プランナーの仕事は成功や失敗の結果が分かりやすく、仕事の内容が商品の売り上げにも大きく影響するため念入りな調査が必要になります。緊張感をもって仕事をしつつ、ユニークな発想で実績を作っていけば、多くの収入を得ることも可能です。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?広告プランナーの年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング