広告会社営業部員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>広告会社営業部員の仕事の年収・やりがい・本音

広告会社営業部員の仕事の年収・やりがい・本音

広告会社営業部員 仕事の年収・月収

広告会社営業部員の仕事の収入は、全体的に高い水準を維持しています。具体的には、平均で年収約600万円、月収で約40万円となっています。
所属する企業や働き方にもよりますが、例えば大手の広告会社の社員の場合、年収1000万円を超える人も少なくないようです。
また営業の分野の仕事になるので、収入には個人の実績や能力が大きく関わってきます。そのため、個人差がとても大きい職種になります。

スポンサードリンク

広告会社営業部員の仕事は、消える職業?消えない職業?

広告というものは、企業が企業活動を行っている限り、この世からなくならない仕事です。そのため、広告会社という存在がなくなることはなく、その中でも特に重要なポジションである広告会社営業部員という職業は決して消えない職業といえます。現在、広告会社自体が生まれ変わる必要があると言われていますが、広告会社自体も、そして広告会社営業部員という職業も消える職業となることはないでしょう。

広告会社営業部員 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方にもよりますが、正社員として働く場合は、安定して高い収入が見込めます。ただし、個人の力量が大きく関わってきますので、個人差が大きいということは頭に入れておいたほうが良いでしょう。
将来性に関しても同様に、個人の力量によるところが大きいようです。大手の広告会社や広告代理店に勤めている人の場合は、かなり高額な収入が期待できます。ですがその分、仕事はハードなのかもしれません。

広告会社営業部員 仕事のやりがい・本音

基本的にはその人の力量がそのまま収入に直結するのが広告会社営業部員の仕事です。そのため、がんばって経験を積み、仕事を数多くこなすことができれば、それはダイレクトに収入となります。その点をやりがいとして上げる人はとても多いようです。
またそれ以外に、顧客に感謝されることをやりがいとして挙げる人は非常に多いようです。お金という現実的なやりがいも大きいですが、顧客から『ありがとう』と言われることもこの上ない仕事のやりがいであるというのも本音のようです。

広告会社営業部員 仕事の良い点

広告会社営業部員の仕事について、やはり多くの人が、力量によって収入が上る点を仕事の良い点としてあげています。どれだけ仕事を頑張っても毎月決まった額の給与しか受け取ることが出来ない他の職種と違い、頑張ればがんばった分だけ収入が上がるという点は、意欲的な人や自分の能力に自信のある人にとっては良い点といえます。
また、広告会社営業部員の仕事はTVやラジオのCM枠をとったり、イベントの立ち上げ、ダイレクトメール等、多岐にわたっています。ものづくりの側面がある仕事も多く、色々な体験が出来る点も仕事の良い点として挙げられています。

広告会社営業部員 仕事の悪い点

よくある話として、顧客が望むものが顧客自身もよく分かってないというケースがあるそうです。その場合は広告プランを何度打ち出しても顧客のOKが出ず、広告会社営業部員は仕事で徹夜続きの日々が続くそうで、その点を仕事の悪い点として挙げる人は非常に多いようです。
また、ほんの小さなミスが大損害に繋がるケースが多々有ります。たとえばダイレクトメールの案件の場合、誤字が一文字見つかっただけで何100万枚ものダイレクトメールの紙代や印刷代が無駄になります。どれだけ疲れていても気が抜けず、その点を広告会社営業部員の仕事の悪い点として挙げる人もいます。

スポンサードリンク

広告会社営業部員 仕事の内容

広告会社営業部員は、広告主に対する窓口として広告の計画から実施までの作業を行うのが仕事です。仕事の内容は非常に多岐にわたっており、交通広告やダイレクトメールはもちろん、TVやラジオのCM作成、スポーツ・文化イベントの企画、インターネット上の広告バナーの設置等やマーケティングリサーチまで、ありとあらゆることを行います。
職業柄、たくさんの職種の人たちとコネクションを持つことも特徴の仕事です。そのコネクションの中から、さらに新しい広告、新しい顧客を探しだすのも、広告会社営業部員の仕事と言えます。

広告会社営業部員 仕事に必要な資格

広告会社営業部員になるために必要な資格は特にありません。学歴も特に関係がないようです。最近では理系の学校出身の広告会社営業部員も増えてきたようです。
なり方ですが、基本的には学校を卒業した後に、広告会社に就職するのが一番の近道のようです。学部や専門学校で何を学んだかは特に重要視はされてないようです。また、他の会社で営業をやっていた人が転職するケースも多々有ります。どちらにせよ資格や知識よりは、経験や実績を重視されるケースが多いようです。

広告会社営業部員 仕事に必要なスキル

職業柄、広告会社営業部員の仕事では、コミュニケーション能力が必要なスキルと言われています。顧客が期待していること、要求していることは時に抽象的な場合があり、その場合はコミュニケーションを通して、より具体的な形にする必要があります。
また、世の中の流れを読み取る力も必要になります。顧客との会話の中や、何気なく歩いている街中で、今現在、何が世の中で流行しているのか、何が人の注目を集めているのかを把握する力は、広告会社営業部員としてとても重要な力といえます。

広告会社営業部員の仕事のまとめ

仕事内容が非常に多岐にわたっており、やりたいことが中々一つに絞れない人にとっては、天職といえるのかもしれません。
また、がんばりがそのまま収入として跳ね返ってくる点も大きな魅力です。意欲的に物事に取り組める人にとっては、まさに天職の仕事といえるでしょう。
インターネットの登場により、広告会社、広告代理店は改革を迫られていると言われています。確かにこれまでの手法は通用しなくなっている部分はありますが、広告会社営業部員が活躍する場はまだまだたくさんあります。意欲的に取り組めば、その分リターンも大きい仕事です。
ある意味では、肉食系とまとめることが出来るかもしれません。色々なことを、意欲的に楽しむことが出来る人なら、これほど楽しい仕事は他に無いでしょう。

スポンサードリンク

広告会社営業部員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング