消える職業なくなる仕事?国連職員の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業なくなる仕事?国連職員の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業なくなる仕事?国連職員の仕事の年収・やりがい・本音

united

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事の年収・月収

国連職員はなるために大変な努力が必要であるが、なれた場合の1年目の年収は620万円です。ボーナスはないので、月収は50万円くらいと言えます。また、国連職員スタッフの場合は500万円~で職員とは違うレベルで扱われます。しかし、危険地帯などで働く場合や、扶養家族がいる場合などは追加の手当てがもらえます。知らない土地にいくことも多いので、住宅手当も付与されます。結局は基本給の1.5倍くらいになるようです。そして、ランクが高くなるほど高収入になれます。年収が最高ランクで2倍になるので1200万円くらいになります。

スポンサードリンク

国連職員 消える職業?消えない職業?

国連職員は世界があらゆる分野で直面している問題を解決するものです。例えば、環境と難民の保護や、災害の救援と軽減、テロ対策など、起きては欲しくないですが、なくならない現状があるので消えない職業と言えるでしょう。こういうことが一切なくなるということはないですから、国連職員のやるべき仕事はどんどんできてくるのです。

消える職業なくなる仕事?国連職員 将来性・安定性

国連職員の将来性は、責任感を持ちさまざまな分野の問題解決に携わり成果をだしていかなければなりませんし、さまざまな国へ出向き調査しなければいけません。そこで何があるかはわからないのです。なので、将来性や、安定性というのは程遠いかもしれません。
でも将来にこの国連の仕事を役立てて転職されているひともいます。そういったことを考えるとキャリアとしてとらえるならのちの安定が得られるかもしれません。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事のやりがい・本音

国連職員の仕事のやりがいは、大変な人たちのサポートをすることです。国際貢献がしたいと考えているひとたちの集まりですから、そこへ向かって努力をしていくときにやりがいを感じるでしょう。実際に現場に行けば、日本では起こりえないこともたくさんあります。そういった時に手助けをすることができるのが国連職員なのです。しかし、不安定な職業なのでいつ、何が起こるかわからないのは不安材料でもあります。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事の良い点

国連職員の仕事の良い点は、グローバルな環境で自分を発揮できる点です。なかなか世界に羽ばたくというのは難しいですし、一人で何かの成果をだすことも難しいですが、世界のために自分の力が必要となるというのはやりがいがあり、世界に興味のあるひとにとってはいい点です。国連職員は日本人が少ないため、日本人の細かさなどを必要とされているようです。そういった日本人であることを活かせたらいいですね。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事の悪い点

国連職員の悪い点は、非常に不安定なことです。問題ができてしまえばそこに調査し、解決するために働かなければいけませんから、すぐにいろんな場所へ行かなければいけません。そして、いろんな人種の人と仕事をするということは、日本人の性格的にどんどん積極的にいくのが難しい場面もあるでしょう。また雇用の仕方もばらばらで、中には終身雇用もありません。安定性を求めるには難しい職業です。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事の内容

国連職員の仕事の内容は、世界のさまざまな問題、紛争、人権、災害などの問題解決するため、会議をし、方向性をきめていくお仕事です。国際平和と安全の維持、国家間の友好関係などへ働きかけをしていく組織です。そのため世界中に派遣され、その地域のためにさまざまな分野、ITや財務などからアプローチし問題解決をしていくのです。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事に必要な資格

国連職員に必要な資格は、語学力、学位、その学位の専門性です。語学力は世界で活躍するには必要なことです。国連の公用語は、英語、フランス語、ロシア語、スペイン語、アラビア語、中国語です。すべて習得する必要はありませんが、さまざまな現場に行くときは複数の言語が必要になることがあります。そして、学位についてですが、修士習得か博士取得をして専門的に学んだ後採用されることが多いようです。専門知識が必要とされるのが国連のお仕事です。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事に必要なスキル

国連職員に必要なスキルは、常にさまざまな問題が生じている現代だからこそ、即戦力になる人材が必要です。なので、語学力、専門的で最高水準の能力が必要になります。その能力の中には、中立性、公平性、協調性、表現力などさまざまな人種のひとたちと渡り歩いていくための能力が必要とされるのです。そして、決断にせまれることもあるので、決断力や、しっかりしたビジョンも必要になってきます。

消える職業なくなる仕事?国連職員 仕事のまとめ

国連職員のお仕事はとても、正義感に溢れ、世界のために公平な目線で問題を解決していくお仕事です。さまざまな問題が起きるこの世の中をよくしていこうとする、すばらしい職業です。しかしなるためには、自分の知識を存分に生かせるようにまず勉強をし、語学を学び世界へ必要とされる人材にならなければいけません。そして職業としてはなかなか働くのが難しいのが現状ですが、国連職員だけが、国際問題に立ち向かっているのではないので、そこだけにとらわれず、自分の目標をしっかりと決め職業を選ぶべきです。

スポンサードリンク

消える職業なくなる仕事?国連職員の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング