【孤独解消ビジネスで月収100万円!食事姿の動画配信ビジネスが韓国で大儲け中!!日本でも流行りそう!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【孤独解消ビジネスで月収100万円!食事姿の動画配信ビジネスが韓国で大儲け中!!日本でも流行りそう!!】

【孤独解消ビジネスで月収100万円!食事姿の動画配信ビジネスが韓国で大儲け中!!日本でも流行りそう!!】

kodoku

孤独解消ビジネスで月収100万円!食事姿の動画配信ビジネスが韓国で大儲け中日本でも流行りそう!!

[ここから引用:仁川(韓国)ロイター]

韓国で自分が食事をする姿をインターネットで動画配信するのが流行しており、およそ3500人もの人々がこうした「食事中継」を配信しているという。

Park Seo-yeonさん(34)も食事中継をする1人。自宅のパソコンとビデオカメラの電源を入れ、用意した食事を1人で食べ始めた。

ネット上で大勢の視聴者がParkさんの食事を鑑賞しており、チャットルームでは視聴者とのやり取りも行える。

ユッケを作ったという視聴者のコメントに対し、Parkさんは「一緒に食べよう」と応じていた。

Parkさんは毎日最大3時間、自宅のアパートからこうした中継を行っている。

視聴者は彼女の食事を鑑賞するために100ウォン(約9.5円)相当の仮想通貨を支払い、Parkさんは月におよそ100万円の収入を得ている。

1回の食事で稼いだ最高額は約10万円にも及んだという。

調査によると、韓国では単身世帯が、2012年には全世帯の25.3%であったのに対し、2030年には32.7%まで拡大すると見込まれている。

Parkさんは食事中継を行う理由のひとつに「孤独であること」を挙げ、自宅に居ながら大勢の人と会話できるのが食事中継の魅力だと語った。

[ここまで引用:仁川(韓国)ロイター]

日本だけじゃなく、韓国でも、単身世帯がどんどん増えているんですね。

引きこもりやニートの人も増えているんだろうなあ。

孤独な人も激増しているんでしょう。

スポンサードリンク

みんなの「孤独を解消するビジネス」がこれから、ますます伸びていきそうですね。

日本では強烈な核家族化が進んでいますし、単身世帯が高齢者を中心に増えています。

一方、結婚しない人たちも増えているので、若い世代の単身世帯も増えています。

無縁社会が加速しているのも、このような若い世代からシニア層まで単独世帯が増えてお互いのつながりが弱くなっていることと関係があるのでしょう。

ざっと見まわしてみると、

世の中には孤独や寂しさに付け込んでお金を儲けている産業や業者がいっぱいですね。

今の孤独な人たちが物やサービスを購買するのは、必要に迫られてというよりも、寂しさや孤独を埋めたいからというのが本質だと思います。

なにしろ、生活必需品や家電は、もう家にあふれています。

今、われわれ消費者が産業や業者に提供してもらいたいのは、

日常やこれから先に見え隠れしている孤独や寂しさを紛らわしてくれる物やサービスなんでしょう。

テレビで特集番組が流行っている婚活などは、結婚していない人の孤独を解消するビジネスですよね。

FacebookやLINEのようなソーシャルネットワークは、

心の隙間や人と人とで繋がりたいという孤独感を解消することをビジネスにしています。

グリーやDeNAが大儲けしているソーシャルゲームも孤独や寂しさをまぎらわせてることが出来るから、成長しているんでしょうね。

この孤独解消ビジネスは、まだまだどんどん開発をされていくでしょう。

でも、簡単にお金で買える孤独解消だけでは、人は、満足しなくなる日が目の前なんではないでしょうか?

今、流行っているソーシャルゲームのようなヴァーチャル体験ではなく、リアルな人と人との繋がりしか、本質的な孤独は解消できないと思うからです。

本質的な孤独そのもの解消するリアルな社会的意義の高い産業こそ、今、求められているのでしょう。

今、この瞬間にも、孤独そのものを怪しゅおするような産業の芽が育ち始めていることを期待します!!

スポンサードリンク

【孤独解消ビジネスで月収100万円!食事姿の動画配信ビジネスが韓国で大儲け中!!日本でも流行りそう!!】に関連する記事

人気記事ランキング