気象予報士の年収はいくら?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>気象予報士の年収はいくら?

気象予報士の年収はいくら?

気象予報士の年収はいくらでしょうか?

気象予報士は資格を取得したあとに、
普通の企業に入社する人もいれば、

気象予報会社に勤める人もいます。
国家公務員になる人もいるんですね。

なので、
気象予報士の年収は、
その勤務先によって大きく違います。

スポンサードリンク

気象予報士の年収は、勤務先、資格手当によって大きく違う

一般企業や気象予報会社に勤務する場合、
気象予報士の年収は、その企業の規定通りになります。

ただ、
気象予報士の資格に対する手当が付くケースも、
多いようです。
特に、気象予報会社に勤務する場合は、
24時間気象の変化を観測することもあります。

そうなると、
残業手当や深夜手当が半端ありません。

気象予報会社に勤務する場合の年収・気象庁の職員になった場合の年収

その場合は、
気象予報士の年収は、ボーナス込みで年収500万円から600万円
位はいくようです。

気象予報士が、
気象庁の職員になった場合は、

国家公務員になりますから、
年収は棒給表通りです。

棒給表は、役職・実務の専門性・勤続年数・成績などに応じて、
級数と号棒で細かく給料が決められています。

30代の係長は月額35万円位。
50代課長なら月額45万円位です。

年収はボーナス込みで年収500万円から600万円位は行きますね。

スポンサードリンク

気象予報士の仕事の内容

気象予報士は、
気象庁が提供する数値予報結果や、
気象衛星、気象レーダー、アメダスの観測データを総合的に分析し、
気象予報をする専門家です。

商社や小売業、観光施設など、天候が売り上げを大きく左右する業界への情報提供は
大きな利益を生みます。

また、テレビ局、ラジオ局にが使用する天気番組の作成、
地域に密着したピンポイント天気予報、
船舶の最適航路予測まで扱っています。

気象予報士としてアナウンサーになりお天気キャスターになれば、
華やかな業界で高給取りになることもあるわけですが、

一般人が、趣味でこの資格をと取っても、
具体的な仕事にはなかなかなりそうにはありませんね。

スポンサードリンク

気象予報士の年収はいくら?に関連する記事

人気記事ランキング