機内食製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>機内食製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

機内食製造工 の仕事の年収・やりがい・本音

knaisilyoku

機内食製造工  仕事の年収・月収

機内食製造工の収入は、全国平均に比べてやや低い傾向があります。具体的には、年収で約350万円、月収で約25万円というデータが出ています。
基本的には調理を行う仕事ではありますが、機械による自動化が進み、どちらかというと調理よりも機械の操作を行う仕事という側面が強いのが特徴です。従業員の約半数が非正規のパートやアルバイトという点が、平均年収の低さに関係しているようです。
また、工場は24時間稼働の場合が多く、交代のシフト制が取られているケースが多いようです。残業は月平均で15時間程度と少なめですが、繁忙期にもなりますと残業を余儀なくされるケースもあるようです。

スポンサードリンク


機内食製造工 の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本は、今空前の大介護時代を迎えています。
2025年には団塊の世代の方達が75歳となり、全国民の3人に1人が75歳以上という時代が到来します。
国の試算では、10年後に現在の介護士に加えて約100万人の介護士が必要と言われています。
この様な背景を考えれば、介護に携わる人材は必要であり、介護のプロである機内食製造工 は今後も残ると言えるでしょう。

機内食製造工  仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、その働き方によります。正社員として雇われている場合は安定した収入が望めますし、非正規であれば、そこまでの安定は得られません。特に機内食製造工の仕事は独立が望める仕事ではないため、その差は顕著といえるでしょう。
将来性に関しては中々難しいところがありますが、キャリアパスとしては、調理を司る調理職に配属されれば料理長、運営を司る運営職に配属されれば総務や営業があります。しかし平均年収から考えると、将来性は低いのかもしれません。

機内食製造工  仕事のやりがい・本音

機内食には数多くの種類があり、お弁当形式のものから一流料理店のフルコースのようなものもあります。そういった機内食を製作し、飛行機に乗る人たちの旅を彩ることに一役買える事に対し、やりがいを感じる人が多いようです。
また、飛行機内というのは、地上とはちょっと食べ物の味の感じ方が違います。そのため、機内食の味付けの仕方は普通の料理とは異なる場合が多く、そういった特異性にやりがいを感じるという本音を持つ方もいるようです。

機内食製造工  仕事の良い点

他の職業に比べ、女性が多い傾向があります。その為、各企業が出産・育児支援を行っており、結婚、出産後も働ける環境を整える努力が行われています。女性の方にとっては、これは良い点であるといえます。
また、機内食製造工は一種のサービス業ともいえ、基本的には休みはシフト制です。そのため平日休みも多く、たとえば旅行にいっても人の多さに辟易して堪能できず……といったことは少ないでしょう。それもまた、ある意味では良い点といえます。

機内食製造工  仕事の悪い点

良くも悪くもシフト制というところが効いてきます。工場は24時間稼働している場合が多く、その際には夜間に働かなければならない場合も多いので、生活のリズムが乱れ気味です。その点は健康面から考えると悪い点といえます。
また、シフト制な上、GWや年末年始、夏休み時期は繁忙期となり、中々休みを取ることが出来なくなります。そのため周囲の人たちとのスケジュールが合わないケースが多く発生するでしょう。それもまた、悪い点といえます。

スポンサードリンク

機内食製造工  仕事の内容

飛行機内で食される機内食を調理し、納入することが、機内食製造工の仕事内容となります。
基本的には仕事は大きく『調理職』と『ロジスティクス(補給・輸送)』の二種類に分かれており、それぞれ行う業務が異なります。
調理職は機内食の調理を行います。調理するものは軽食からフルコースのディナーまで多岐にわたっており、調理してから一定時間後に冷却するなどの特別な処置を施す必要があります。
ロジスティクスは通称運営職とよばれます。航空会社から配備されたコンテナなどに調理部が作成した機内食をパッキングして搭載したり、到着した飛行機から使用済みの食器やコンテナを受け取ったりします。

機内食製造工  仕事に必要な資格

機内食製造工になるのに必要な資格は特にありません。関連制のある資格として調理師免許がありますが、持っていてもあまり優遇はされないようです。
なり方ですが、学校を卒業した後に空機内食会社に就職するのが一般的です。調理職とロジスティクスでは行う業務が大きく異なるため、自身の興味や適正をよく考えて慎重に選ぶ必要があります。
近年では調理脂溶性専門学校にて『エアラインケータリング科』というものを設置するところが増えています。こういったとこで勉強した後に就職するのも良いでしょう。

機内食製造工  仕事に必要なスキル

機内食製造工になるのに必要なスキルというのは特にありません。職についたらその職務の内容に必要なスキルを習得していく形になります。機械化が進んでいて、主に機械を扱う仕事になりつつありますので、機械操作に秀でたスキルを持っていると便利かもしれません。
ロジスティクスの仕事についた場合は、顧客が航空会社である点や、各種意思伝達手段に英語が使われる場合が多いため、基礎的な英語のスキルを持っていると良いでしょう。

機内食製造工 の仕事のまとめ

人々の空の旅を食事で彩るのが機内食製造工の仕事となります。といっても調理を行うというより、機械を操作する、納入する、回収するといった仕事がメインとなります。
顧客が航空会社のみ。作成する料理も他の料理人も比べて特殊であったりと、他の職業に比べると少々特殊な職業です。その分、やりがいのある職業ともいえます。
他の人達が休んでいる時に働かなければならない悲しみはありますが、特殊な料理関係の仕事とまとめてみると、あくまでサービス業の一つなので、それも割りきって仕事に励む必要があるといえるでしょう。

スポンサードリンク

機内食製造工 の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング