【給料所得の源泉徴収票の見方・年収・手取り・所得税額の算出方法・4つのポイントとは?】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【給料所得の源泉徴収票の見方・年収・手取り・所得税額の算出方法・4つのポイントとは?】

【給料所得の源泉徴収票の見方・年収・手取り・所得税額の算出方法・4つのポイントとは?】

25nendogensentilyousilyuu

給料所得の源泉徴収票の見方・所得税額の算出方法・9つのポイントとは?

サラリーマンは、毎年12月頃に源泉徴収票を会社からもらいます。

会社は毎年その年の所得税を確定させるために年末調整をしています。

その結果が源泉徴収票になって手渡されるんですね。

スポンサードリンク

でも、

この源泉徴収票、すごくとっつきにくくありませんか?

源泉徴収票のどこを、どう見たらいいのか、まったくわからないのが普通です。

そこで、

源泉徴収票のどこをどう見れば、

自分の年収・所得・手取り・所得税金の額がわかるのか調べてみました。(^v^)/

「年収」は源泉徴収票の「支払い金額」です!

源泉徴収票「支払い金額」がその年の1月から12月までの1年間の収入の合計、

これが年収(税込み年収)です。

年収は税金や社会保険料までの全てを含んだ金額のことですね。

会社からあなたに支給されたお金のすべて
(毎月の給与・手当、年間のボーナスの合計)です。

残念ながら、この金額から所得税と社会保険料が引かれてちゃいます。

「所得」は源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」です!

「給与所得控除後の金額」が「所得」になります。

この所得の部分が所得税の課税対象になります。

サラリーマンも必要経費(給与所得控除額)が認められているんですね。

所得税法で支払金額(年収)に応じて必要経費(給与所得控除額)が、決められています。

その分、税金の掛かる金額が低くなりますから、ありがたいですね。

「給与所得控除後の金額」(所得)= 「支払金額」 −「給与所得控除額」

スポンサードリンク

「手取り」は源泉徴収票の「支払い金額」ー「源泉徴収税額」ー「社会保険料等の金額」=手取り、です!

「手取り」は、給与から税金その他を差し引いた、正味の受取金のことですね。

実収入というとわかりやすいかもです。

*もっと正確に「手取り」を出すには、住民税と通勤手当のことを含まなければなりません。

毎月、給与から引かれている「住民税」は源泉徴収票には載っていないんですね。

なので、「住民税」の12か月分を手取りから差し引く必要があります。

また、通勤手当は非課税(課税されない)なので、12か月分の通勤手当を手取りに足す必要があります。

 「年間の所得税」は「源泉徴収税額」です!

私は1年間にいくらの所得税を支払っているのか、気になりますよね。

源泉徴収税額1年間に支払った所得税額です。

源泉徴収とは、給与支払者(つまり会社)が所得税を天引きしているという意味です。

つまり、既に支払っている税額です。

1年間、年収(厳密には課税対象額)に対してはじき出された所得税額に対して、

既に天引きされた税額が合っているかどうか調整するのが「年末調整」です。
多くの場合、多めに源泉徴収されてますから、還付金としてお金が戻ってきます。

以上が、主な源泉徴収票の内容です。

所得税は、肩にずっしりと重いですね。

国民の義務とはいえ。

やはり、我々は、自分の生活を守る手段をもたなくちゃいけません。

それには、ネットでお金をかd背ぐのが一番です。

ネットでお金を稼いで、幸せな生活を送りましょう!

関連記事
【芸能人の収入ランキング&生涯 収入ランキング!テレビを見るのをやめれば、こんな異常な収入は是正されますね!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【給料所得の源泉徴収票の見方・年収・手取り・所得税額の算出方法・4つのポイントとは?】に関連する記事

人気記事ランキング