【尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!】

【尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!】

kilyuseial

尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!

新入社員の歓送迎会や成人式では、くれぐれも飲み過ぎて、急性アルコール中毒にならないように祈ります。
特に、救急車を呼ぶ程の急性アルコール中毒となると、生命の危機もありますから入院することになっちゃいます。

急性アルコール中毒患者の45%は20代の若者です。飲みすぎたり、飲ませすぎたりし­ないでね。こんなことになっちゃうよ!

【ドキュメント『急性アルコール中毒』】の動画はこちら

その入院する病院にもよりますが、基本、1日の入院だけで約2万円の入院がかかります。
さらに、救急病院では様々な処置(呼吸管理のための酸素や血圧管理のための薬剤の投与など)を入れると、もし泊りになれば、5万円近く治療費がかかります。

治療の具体的な様子を、昔、知人の急性アルコール中毒で入院した人に聞いたことがありました。
それによると、

こんなになっちゃ、家族も恋人も泣きますよ~!
【急性アルコール中毒の現実】の動画はこちら

救急車で運ばれ、意識を取り戻したら病院のベッドに寝かされていたたそうです。
全裸にされていて色々と身体に、医療器具が取り付けられていました。

右腕には管を刺されていて、水分補給のため生理食塩水を点滴されています。
これで、体内のアルコール濃度を減らして、正常値に戻していくそうです。

心電図を測るため両胸にテープを貼られ、指にも機械をはめられています。
酸素の補給のために鼻に管まで通されちゃいます。

尿道にカテーテルを通されま!これが一番つらくて、痛くて、涙が止まらなかったそうです。
アルコールを強制的に排出させるために必要なんですね。

スポンサードリンク

この尿道カテーテルのせいで、下半身が痛くて痛くて寝返りも打てなかったそうですね。急性アルコール中毒は、自業自得とはいえ、
全く自由がきかない身体にされ、機械につながれ、尿道カテーテルまで刺される屈辱的な治療を受けさせられるんです!

少しでもの救いは、救急車で搬送されること自体は、税金で負担されるので、本人の自己負担が0円ということでしょうか?
ただ、税金=国民(あなたや私たち、みんなの)負担なので、安易な救急車の利用は控えるべきでしょうね。

まあ、お酒は、ほろ酔いまででやめておきましょう!
ほろ酔いからさらに飲み続けると酩酊状態になり、ろれつが回らなくなります。同じ内容を何度も喋りだしたら要注意です。

そしてさらに飲み続けると、意識のレベルが急低下して、歩けないどころか、立てなくなります。
話しかけられても目が座った状態で、返事をしなくなりますね。

ガタガタと震え始めたら、もうかなりヤバイ状況です。すぐ昏睡状態に陥り、揺さぶっても目を覚まさず、呼びかけにも反応しなくなります。
このまま昏睡状態で放置すると、呼吸機能が急低下して、亡くなる可能性が高まります。

これからの未来を捨てるようなことにならないためにも、この動画で急性アルコール中毒の現実を知っておきましょう。
【18歳筑波大生、飲酒後に死亡】の動画はこちら

 

関連記事
【尿道カテーテル(太さ6ミリ、激痛、麻酔無し、費用5万円)挿入動画です!急性アルコール中毒治療。新入社員・成人式注意!!の記事はこちら

【尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【尿道カテーテルは超激痛!急性アルコール中毒で入院の治療費は5万円以上!!】に関連する記事

人気記事ランキング