消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工の仕事の年収・やりがい・本音

kikinzokukakou

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事の年収・月収

貴金属宝石細工工の収入は、働く都道府県や所属する企業によって大きく変動し、また男女によっても勤続年数からくる差が激しいと言われています。
平均では年収300~500万円ほど、月収では30万円前後が相場と言われていますが、この辺りは個人の差がかなり激しく出てくるようです。
比較的独立のしやすい業界で、中にはフリーで働く方もいらっしゃいますが、その場合は実績と実力、そして営業努力が必要になります。

スポンサードリンク

貴金属宝石細工工の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、消費者の間で不況からくる宝飾品を買い控えする傾向があり、必然的に貴金属宝石細工工の働き口が減ってきている傾向があるようです。
しかしながら宝飾品のニーズそのものは今後も消えることはないといえます。それに従い、宝飾品を制作する貴金属宝石細工工のニーズも、少なくはなりこそすれ、無くなることはないといえます。
金属や宝石の加工は特殊な技術であるという点から考えても、貴金属宝石細工工の仕事は消えない職業といえます。よほどの不況で宝飾品のニーズが世の中から一掃されないかぎり、消える職業とはいえないでしょう。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事の将来性・安定性

大手メーカーに勤めている場合は、他の一般企業の正社員程度の安定性はあるといえます。また、金属や宝石の加工はかなりの特殊技術になるため、一度身につけてしまえば長く働くことの出来る職業といえます。その意味では、仕事の安定性に関しては高いといえます。
ただし、宝飾品のニーズは世の中の景気の影響をダイレクトに受ける商品です。宝飾品のニーズが下がれば、その分だけ貴金属宝石細工工の仕事が減ります。これは独立して働く人にとっては特に頭を悩ませる問題です。その意味では、将来性は未知数と言わざるを得ません。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事のやりがい・本音

やはり、自身がデザインして作成した宝飾品がお客さんに売れ、『よく似合う』と言ってくれた時にやりがいを感じるという方が多くいます。特に結婚指輪などのオーダーメイドの宝飾品を制作する貴金属宝石細工工の人などは、そのやりがいが強いでしょう。
また、大手メーカーの場合、デザインはデザイン、加工は加工というように、複数の貴金属宝石細工工の人員で作業を分担する場合がほとんどです。一方、小さなメーカーや独立した貴金属宝石細工工の場合、デザインから加工、制作までをすべて一人でこなすケースが多く、その方が働きやすいという仕事の本音を抱えている人もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事の良い点

貴金属宝石細工工といえばクリエイター職の一つになります。総じて『その仕事で生活出来ている』ということに喜びを感じる人が多い職種ですが、貴金属宝石細工工の場合は特にその傾向が強いようです。『アクセサリーを作る仕事で生活が出来ている』という点を仕事の良い点として挙げる人が非常に多い傾向があります。
特にオーダーメイドで宝飾品を作成する貴金属宝石細工工の人は、お客さんとコミュニケーションを繰り返して、その人のためだけの逸品を作り上げます。その逸品でお客さんが喜んでくれることは、他の職業では中々得られない喜びであり、それを良い点として挙げる人もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事の悪い点

現在、貴金属宝石細工工の仕事は求人数が非常に少なくなっており、未経験の人はそもそも貴金属宝石細工工になることが出来ない状況が続いています。長く続く不況のため、宝飾品が売れない状況が続いているためで、中には『求人などない。貴金属宝石細工工になる方法なんてない』と断言する方もいらっしゃいます。新たななり手が入り込む余地が無いという点は、この仕事の悪い点といえます。
また、自分の中で絶対的に優れたデザインのアイデアを持っていたとしても、会社やお客さんの意向によっては、それを曲げざるを得ない瞬間が必ず訪れます。クリエイター職においてはよくあるシーンなのですが、それもまた貴金属宝石細工工を仕事にする人にとってはとても辛い、悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事の内容

貴金属や宝石を加工し宝飾品を作り上げるのが、貴金属宝石細工工の仕事の内容です。通常の金属よりも柔らかく加工しやすい金やプラチナ等の貴金属を加工し、ダイヤやルビーなどの宝石をあしらって、一つのアクセサリーとして仕上げます。
近年では、指輪やネックレス等の種類によってデザイン、加工技術が細分化、専門化してきている傾向があります。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事に必要な資格

貴金属宝石細工工の仕事に必要な資格というのは特にありません。関連する資格として『貴金属装身具製作技能士』というものがありますが、これはある程度の実務経験がなければ取得出来ない資格です。貴金属宝石細工工になる前に取得することは出来ませんが、取得すれば今後のキャリアアップに有利に働くでしょう。
なり方ですが、美術系の大学や専門学校を出た後、貴金属宝石細工工としてメーカーに雇用してもらい、経験を積むのが一般的なようです。学校ではデザインの他、彫金などを勉強しておくと有利なようです。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工 仕事に必要なスキル

まず、金属と宝石の加工に関する知識と技術が、この仕事の何より必要なスキルとなります。これは仕事をしていく中で、少しずつ身につけ、腕を上げていくスキルでもあります。
また、デザインセンスも必要なスキルです。ただセンスがよいだけでなく、世の中の流行に乗ったデザイン、お客さんの魅力を引き出せるデザイン等を生み出せるセンスは絶対に必要です。
独立してフリーとして働く場合は、営業力も必要になります。自身の貴金属宝石細工工としての腕や、自身が作成した宝飾品の良さを広くアピールすることで、初めて仕事が得られるわけです。

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工の仕事のまとめ

現在その人気とは裏腹に、貴金属宝石細工への道は非常に険しいものとなっています。不況から来る宝飾品のニーズの低下などが主な理由です。
貴金属や宝石の加工などかなり特殊な技術を必要とする職人的な側面もあるため、一度なってしまえばある程度の安定性が期待出来るのは魅力的ですが、それでも今後安定して仕事があり続けるのかは分かりません。
ただ、人と宝飾品は切っても切れない関係にあります。誰しも、自分に似合い、魅力を存分に引き出してくれるアクセサリーを身に着けるとうれしくなります。そんな宝飾品を作り出す貴金属宝石細工工という仕事は、好きな人にとってはまさに天職といえます。
『なるまでが大変だが、なってしまえば素晴らしい職業』というのが、貴金属宝石細工という仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?貴金属宝石細工工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング