キーエンスが生涯給料5億6千万円・平均年収1622万円で日本一給料が高い理由とは?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>キーエンスが生涯給料5億6千万円・平均年収1622万円で日本一給料が高い理由とは?

キーエンスが生涯給料5億6千万円・平均年収1622万円で日本一給料が高い理由とは?

キーエンス社員の生涯給料5億6千万円・年収1622万円!キーエンスはいったい何をしている会社?

キーエンスは1974年5月27日に設立されています。40年以上の歴史がある会社です。
本社は、大阪市東淀川区にあり、国内、海外に数十の支社があります。

キーエンスの事業は、生産現場の生産性・品質向上に役立つFA(ファクトリー・オートメーション)の総合メーカーです。
自動車、半導体、電子・電気機器、通信、機械、化学、薬品、食品などの製造業20万社の生産現場を自動化する機器を開発し、コンサルティングセールスしています。

2014年3月期の従業員2038人の平均年齢は34.8歳、平均年間給与は1440万円です。
40歳の年収1位はキーエンスで1622万円です。
日本のサラリーマンの平均年収が400万円強ですから、とんでもなく突き抜けた高い年収です!!

スポンサードリンク

キーエンスの平均年収が高い理由は?

キーエンスはなぜ、メーカーなのにこんなに高い平均年収を社員に支払えるのでしょうか?
普通メーカーの給料は商社やテレビ局、広告会社などに比べるとかなり低いですからね。
その理由を調べてみました!

キーエンスの平均年収が高いのはなぜ?

テレビ局の場合は、国の電波政策に守られているため、給料や年収が高いのは当たり前なのですが、キーエンスあは実力で給料・年収、生涯賃金でトップを穫っている企業です。
しかも、社員に最高の給料を支払っても、経常利益率52%!(通常の企業だと数%)という信じられないような利益をたたき出しています。
その謎は、営業マンたちを1日14時間1分単位で拘束し、夜21時45分まで仕事をさせる超管理体制にありました。

キーエンスの営業マンたちが拘束されている実態を見ると、空恐ろしくなります・・・

・1分単位の営業日報
・営業報告で虚偽の記載をすれば即降格!
・朝礼で売上目標を宣言、昼礼で売上達成度合い経過報告
・接待費無し!「人間関係で売るわけじゃないから」との言明
・50歳でヒラ社員も多い
・「向いていないんじゃないか」と言われたら、もうリストラされる!
・夕食はカロリーメイトだけで21:45まで戦う営業マンががザラ
・「30で家が建つけど、40で墓が建つ
・ストレスに耐えられる人以外はあっという間に辞めていく

キーエンスは営業を科学している!と宣言しています

1000人もいる外回りの営業マンのうち女性は1人だけなんですね。
しかも、中途採用はないので、ほぼ新卒の男性だけの営業マン1000人がひたすら営業しまくっているんです。
楽な他社の営業の実態を知ってしまっている中途採用者では、とても、キーエンスの営業は務まらないんですね。
女性も体力的にも精神的にもとてもついていけないらしい。

しかも、キーエンスの営業に対する管理は常識をはるかに超えています。
営業マンは「外報」と言う紙の営業日報を、毎日書かされるんです。
その内容が、なんと分単位の正確さが求められています。
もし、いい加減な虚偽の記載をすると降格処分も当たり前なんです。

具体的に営業日報に分単位ので記載する内容は、営業車で客先に着いた時刻、客先に入った時刻、プレゼンして営業車に戻った時刻、営業車で移動を始めた時刻などなんです。
さらにキーエンスから支給されるETC付きの高速道路カードで、営業車が高速道路に入った時刻、営業車が高速道路を出た時刻が自動的に記録されます。この時刻のデータが本社に蓄積されます。
この時刻のデータと営業マンが記載した営業日報が突き合わせられるんです。
一分でも時刻が違っていると大変な叱責を受けてしまう。

キーエンスは、営業マンがマシーンのように正確に分単位で営業すれば間違いなく機械が売れて、全体的な売上が最大化するという経営方針

電話での営業も営業マンごとの電話件数、一電話あたりの分数までも管理されています。
1日に何件、何分の営業電話をかけたか、が自動的に記録されるんです。

これははあまりに非人間的だなあ。とても私には耐えられそうにありません。

さらにさらに、営業マンの出社から退社までの行動を抜き打ちチェックする「監査」と呼ばれている専門部署まであるんだとか!
なんだなんだ、コレは!人間を機械だとでも思っているんでしょうか。

営業トークも売る機種ごとに最善の内容が決められていて、本社の販促部門の担当者が営業同行して現場の営業マンはチェックを受けるます。
営業トークは一言一句すべて細かく決められていて、そのとおり読み上げていないと、減給にもなるんだとか!

キーエンスは、営業マンがマシーンのように正確に分単位で営業すれば間違いなく機械が売れて、全体的な売上が最大化するという経営方針なんですね。
見た目がどんな営業マンでもマーケティングによって作りだされた完全なマニュアルの通りにに取引先に説明さえできれば一定の確率で売れ、ロスを生まないという考えが徹底しているんです。
実際、今まで、キーエンスはこの営業方法で毎年50%を超える異常な経常利益率を出し、しかも毎年増収増益を繰り返してきているんです。
営業マンが幸せでないだろうとは確信しますが、利益を生まなければ生き残れない企業としては大正解ですね!

キーエンスは基本給を基準にした賞与と別に、連結営業利益の一定割合を社員に支給する(業績賞与)

これまでキーエンスの非人間的な営業マン管理の方法を追求してきましたが、キーエンスの好業績の理由の大きい部分は、優れたビジネスモデルにあります。
それに、営業マンたちの仕事に対するモチベーションをアップさせ好業績につなげようと業績賞与も支給しています。

キーエンスの連結経営指標(平成26年3月期)のデータを分析すると、キーエンスの経営の優秀さにびっくりします!

キーエンスは無借金経営&自己資本比率90%超え&営業利益率50%超えのありえない三位一体企業

キーエンスには銀行からの借り入れ金や社債が一切ありません。
それに、自己資本比率(総資産-他人資産)が高いほど会社として安全性が高いわけですが、キーエンスの自己資本比率は90%以上です。
凄い!凄すぎます!!今、ほとんどの企業は自己資本比率が10%もありませんからね。
しかも、驚きの営業利益率50%以上とくれば、これは最強企業と言って問題ないでしょう。

キーエンスの営業利益が高い理由はアップル社と同様の工場を持たないファブレス企業だから!

キーエンスは、機械の製造は他の企業に全部任せているんです。
キーエンス自体は企画、営業、開発だけに専念しているわけです。

キーエンスは生産現場の生産性・品質向上に役立つFA(ファクトリー・オートメーション)の総合メーカーに特化したスペシャリストです。
社員の時間もお金もFA(ファクトリー・オートメーション)の企画・コンサルティング営業のみに特化しているんです。
他に無駄なことは一切していないんですね。

キーエンスが、世の中に存在しない機械・オリジナルな商品をどんどん創り出していける秘密はここにあるようです。
mるで職人のように一つのことだけを深堀りしているんです。

だからキーエンスは、自社独自のマーケットを創れているんです。
マーケットを自社だけで創れるということは、どういう事かと言うと、
世界で唯一のオリジナリティあふれる製品の価格を自社の考えだけで決めることができるようになるんです。
キーエンスに競合他社がないから他社との価格競争に巻き込まれることはないんですね。

これは、大変な利点です。価格を下げるという選択肢は必要ないんですから。
取引先も他社に比較できる商品が無いので、キーエンスに対して値引き交渉をするわけにもいきません。
実際に、キーエンスは営業用カタログの価格から一切値引きをしない「コンサルティング営業」が社の方針なのです。

キーエンス大変な会社です。
果たしてここに勤務することが人間として幸せなのかは疑問符も付きますが、
お金を稼ぎたい!という人にとってはこれ以上の会社もないでしょう。
これからも繁栄するに間違い無い会社の典型例としてキーエンスは参考になりますね!!

スポンサードリンク

キーエンスが生涯給料5億6千万円・平均年収1622万円で日本一給料が高い理由とは?に関連する記事

人気記事ランキング