建築家の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>建築家の仕事の年収・やりがい・本音

建築家の仕事の年収・やりがい・本音

kentikuka

建築家 仕事の年収・月収

建築家の年収や月収はさまざまです。
建築家は、施工会社などから独立して建築の設計を請け負っている人のことを言いますが、
設計会社の社員として働く建築家の場合は、他の職業の会社員と変わらない報酬の取り方になります。

平均すると年収500万円程ですが、個人差がかなりあります。
一人で独立している建築家の場合は、受注した設計料から必要経費を差し引いた分が、そのまま収入となります。
弟子として建築家に奉公している場合の年収や月収は、200万円~300万円くらいです。修業期間ですから仕方ありませんね。

スポンサードリンク

建築家 消える職業?消えない職業?

高度経済成長の時代は、公共工事、民間工事共、かなりの仕事量があり、建築家は、どこも忙しく働いていましたので、消える職業ではありませんでした。
しかし少子化と人口減少を向かえた現代は、新築の建物が減ることが予想され、建築家が携わる新築物件の仕事の量は減ってくると思われます。

したがって建築家は消える職業ということになります。
しかし一度建てた建築を長く使うべきという社会的要望が強まり、改修や増築の物件が増え、その設計が増えてくるものと思われます。
また既存不動産の売買において、建物の状態を技術的に調査することが義務付けられ、その調査業務も増加し、その点では消えない職業といえるでしょう。
一方、コミュニティデザインのような、街づくりのまとめ役のような仕事も出てきており、建築家は、ますます消えない職業となって行くはずです。

建築家 将来性・安定性

建築家の将来性は、人間がいなくならない限り、建築は存在し、複雑化する社会に対応するために、
問題解決能力は必要とされ、将来性はあるといえます。
建築家に安定性は、初めからありません。安定性を求めるのであれば、建築家を目指してはいけません。

建築家 仕事のやりがい・本音

建築家の仕事のやりがいは、施主が会社であれ、個人であれ、かなり高額の建築資金を使い、
多くの業種の仕事をまとめ、完成すれば、地域社会の大勢の市民から評価を受ける種類の職業ですから、
仕事のやりがいは大いにあります。

建築家の本音としては、そのような大きな仕事ばかりではなく、
小さな仕事や、設計量の安い仕事も含まれ、残業も多く、確認申請は面倒で、将来を心配してしまうこともあります。

建築家 仕事の良い点

建築家の仕事の良い点は、大きな責任があることです。
責任はそのまま生き甲斐につながります。

また建築家は、設計を進めるに当たって、構造設計者、設備設計者、電気設備設計者を統括する立場にあり、
どのような建築を建てるかを、決定する権限があります。これがこの仕事の良い点と言えるでしょう。

建築家 仕事の悪い点

建築家の仕事の悪い点は、仕事がいつも有るとは限らないことです。
受注が切れたときは、将来が不安になるとも多い職業です。

また施主から仕事を受注し、設計が完了しても、銀行から建設資金が借りられないなどの理由で、設計をキャンセルされることがあります。
設計契約を交わしていても、設計料の支払いを廻って、しばしばトラブルになります。
その他、建築は関連する法律、特に建築基準法に適合しなければ建てることができず、
その審査である建築確認申請を提出し許可を受けなければなりません。
この建築基準法が一筋縄ではいかず、かなりの労力と時間をとられるのも、建築家の仕事の悪い点と言えます。

スポンサードリンク

建築家 仕事の内容

建築家の仕事の内容は設計の仕事を受注し、計画を練ってお施主さんに提示し、
了解を得て実施設計を行い、建築確認申請を取り、施工業者を入札その他の方法で決め、施主の名で工事発注をして、工事が始まれば施工管理のため現場へ通い、
役所などからの工事検査を受け、合格して施主への引き渡しに立ち会って取り扱いの説明を行い、
とりあえず建築家の仕事は完了です。その後も、定期検査やトラブル時の解決策の策定など、
建築のある限り、終わりがないのが建築家の仕事の内容です。

建築家 仕事に必要な資格

建築家にとっての仕事に必要な資格は、一級建築士です。
学校を卒業してすぐ受験できるのであれば、取得するのは簡単な資格かもしれません。
しかし、受験資格に実務経験が課せられ、受験資格を得る年齢は、ちょうど仕事が忙しくて勉強時間がとれず、
学校で習った内容は忘れ、男女とも色気づく年頃と重なります。

合格率は10%前後で、最低限の勉強をしなければ合格できない資格です。
一度で取ればよいのですが、人間年齢を重ねると、記憶力や、やる気も落ちてきます。
建築家の仕事に必要な資格なのですが、なかなか取れない人が多い資格です。

建築家 仕事に必要なスキル

建築家の仕事に必要なスキルは、建築士の試験に受かる程度の学力、何もない敷地に建築をイメージする能力、美的センス、大勢の人間を統括できる能力、最低限の体力といったものです。
さらに、建築家の仕事に必要なスキルではありませんが、最も重要になるのが才能です。

小学校から大学に至るまで、図工や美術や設計製図の科目で、学校のトップになった事のない方は、
あきらめたほうが良い職業かもしれません。

建築家になれば、さらに才能がある人たちがしのぎを削る世界ですから、うぬぼれぐらいの感覚が必要です。
しかし、才能が有る無しは、その才能以上の人が見なければわからず、今まで自分が認められたことがなくても、
自分で才能が有ると確信している人は、案外、大化けするかもしれません。

建築家の仕事 まとめ

どんな職業でのそうですが、一代で、プロの域にまで達するのは大変な事です。
必ずしも親の職業を継ぐのが良いとは言いませんが、人には、ご先祖様から受け継いできた才能や特性があるものです。
自分に建築家としての才能の片鱗があり、強く志すならば、選んでも良い職業だと思います。

スポンサードリンク

建築家の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング