検察官の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>検察官の仕事の年収・やりがい・本音

検察官の仕事の年収・やりがい・本音

検察官 仕事の年収・月収

検察官は国家公務員にあたる職業ですが、その収入体系は他の公務員とは異なっています。具体的には、平均で年収が約613万円、月収では約39万円というデータがあり、他の職業に比べてやや高い水準です。
ただし、検察官という職業にはあらゆる役職が有り、その役職によって収入額がかなり異なるため、平均はあくまで目安といえます。
他の公務員とくらべてもかなり高額な収入水準となっていますが、その代わり、残業代が認められないといった違いもあります。その分高額な収入で残業代までカバーしていると考えるのが妥当でしょう。

スポンサードリンク


検察官の仕事は、消える職業?消えない職業?
検察官の仕事は、国内の犯罪に対する仕事です。そのため、日本という国がなくならない限り、その仕事がなくなるということは絶対に有り得ません。そのため、検察官は消えない職業と言い切ることが出来ます。
今後人工知能が発展していくことで、検察官の仕事がコンピュータに取って代わられることも考えられますが、そういう事態になるのは、もっと遠い未来であると言われています。検察官が消える職業となることはないといえるでしょう。

検察官 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては文句なく高いといえます。検察官は国家公務員ですから、自分から離職の判断をしないかぎり、職を失うという事態になることはありません。しっかり誠実に仕事をこなしていれば、仕事がなくなる、お金に困るという事態に陥ることはないでしょう。
将来性も同様に高いといえます。検察官の仕事は細かく役職が分かれており、収入額も決まっています。最も高額な役職ともなりますと、月額で121万円にもなります。他の公務員に比べて収入が高額な分、将来性も高いといえます。

検察官 仕事のやりがい・本音

検察官という仕事は、社会正義の担い手と言われています。日本で起こる刑事事件をどのように処理するかによって、社会正義を守っているという自覚が、検察官にはあります。
そのため、検察官は『日本の正義を守っている』というつよいやりがいを持っている人が多いようです。中には自分のことを『正義の味方』という人もいるほどです。
また、中には『公務員だから』という本音で検察官を志した人もいるようですが、皆一様に、検察官として働き始めると、正義の心を持つようです。

検察官 仕事の良い点

まず単純に、高水準の収入と安定した立場を良い点として挙げる人は多いようです。昨今の経済状況から考えると、これは良い点といえます。
また、小さいころから正義感に強い人などは、自身が『日本の正義の番人』であることに誇りを持ち、そのような正義の味方になれることを良い点として挙げる人も多いようです。
基本はデスクワークが多い検察官の仕事で、私達が『正義の味方』という単語で思い浮かべるものとは若干イメージが違いますが、それでも検察官が正義の味方で有ることに変わりはありません。

検察官 仕事の悪い点

他の公務員に比べ、高額な収入ではあるのですが、その代わりに職務は多忙さを極めます。さらに残業や休日出勤は当たり前ですが、それに対する手当は何もありません。その分高額な収入ではあるのですが、多忙さを極めるという点は悪い点といえます。
また、取り扱うものが犯罪なわけですから、仕事には神経を使います。万が一にも間違いが許されない仕事を、組織の一員として間違いなく遂行していかなければなりません。非常に強いプレッシャーの中で行わなくてはならず、リラックスした環境で働きたい人にとっては、これもまた悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

検察官 仕事の内容

法律に違反した人を取り調べ、起訴をするかどうかの判断を下し、事件の立証を行うことが、検察官の仕事となります。
もう少し詳しく説明すると、検察官は刑事事件について捜査や起訴・不起訴の判断を行います。刑事事件を調べ、起訴が相当であると判断した場合は起訴し、裁判の執行を指揮、監督します。
刑事事件の捜査は基本的に警察官が行いますが、場合によっては、検察官自ら捜査や取り調べ、証拠の収集に望む場合もあります。
捜査が終了した後は、その証拠や情報にもとづいて、刑事事件を起訴するかどうかを判断します。この、犯罪を起訴するか否かの決定権は、検察官だけが持っている特権です。

検察官 仕事に必要な資格

検察官になるには、法科大学院を修了した後、司法試験に合格して司法修習を修了し、検事への任官試験を受けて採用されるという、極めて高いハードルを次々に超える必要があります。
司法試験に合格した後は、1年間の司法修習を受けます。その試験に合格すると、晴れて弁護士、判事になる資格とともに、検察官になる資格が与えられます。
ただし、検察官になるには、資格を得た後にさらに法務省の採用試験を受けなければなりません。資格を獲ればすぐになれる弁護士とは異なり、検察官はさらに狭き門といえます。

検察官 仕事に必要なスキル

まず求められるスキルは、論理的思考スキルです。犯罪を徹底的に救命することが検察官の仕事です。そのため、物事を論理的に捉えて理論を構築していく優れた論理的思考力は、絶対に必要なスキルといえます。
また、必要な素養として責任感が挙げられます。時には人の人生を大きく左右することもある検察官です。そのため、責任感を持って職務に臨むことが求められます。
加えて、正義感を挙げる人も多いようです。犯罪に立ち向かい社会正義を守る立場なわけですから、正義感が必要な素養というのもうなずけます。

検察官の仕事のまとめ

やはり警察官と同じく、『正義の味方』というまとめがふさわしいでしょう。
すさまじい重圧の中で社会正義を守るということは大変で多忙を極めますが、その分高額な収入と安定した雇用で検察官は守られています。
非常にハイレベルなスキルが求められる職業ではありますが、それらはすべて社会正義を間違いなく守るために必要なことです。それらを乗り越えた人だけが、検察官になれるのです。
やりがいも大きく、なによりも、誰しもが小さいころに一度は夢見た『正義の味方になれる』という点は、検察官という仕事の大きな魅力といえます。

スポンサードリンク

検察官の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング