結婚式 費用の相場、平均はいくらかかる?

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>結婚式 費用の相場、平均はいくらかかる?

結婚式 費用の相場、平均はいくらかかる?

結婚式の費用の相場は世代差がある

結婚式は、多くの人にとっては一生に一度、
結果としてそうではなくなった人にとっても、

その時点では次回の予定はなく、人生最大の晴れ舞台、
そして結婚式の主役はまぎれもなく新郎新婦の二人です。

スポンサードリンク

結婚式にかける費用は、新郎新婦が働き始めたばかりの若い人か、
キャリアを積み、蓄えもある世代かによっても異なり、

また相場も時代とともに変化していますが、

2012年の全国平均は統計によると約350万円です。

この費用を高いと感じるか安いと感じるかも、
これから結婚式を挙げる人によって違いますが、
人との比較に大きな意味はありません。

自分たち二人の晴れ舞台、そして家族や世話になった人、
これから世話になる人への報告の場をどのように、思い出に残る式にするかがポイントです。

結婚式にかかる費用明細

結婚式にかかる費用は、

まずは式場と披露宴のお食事代、そして引き出物の費用などで、
招待客の人数と、お料理の内容や引き出物の予算で計算することができます。

これらは、結婚式場で担当してくれるウェディングプランナーさんに相談しましょう。

そして、意外とかかるのが写真や、ビデオ、DVDなどの記録を残したい場合の代金です。

プロの映像やインタビュー撮影は後で見直しても楽しめるものですが、
式場では、専任のプロ以外の撮影を認めていない場合もあり、
映像に招待客へのインタビューなどのコンテンツを加えていくと数十万円になります。

思い出を記録に残すのに、お金にはかえがたいとはいえ、いくらまでかけるかを二人で相談して決めましょう。

ただし、式の主役は何といっても新婦、金額の数字だけを理由に新郎の側であきらめることがないよう、
新婦の希望を最大限に取り入れるのがおすすめです。

予算が決まっている場合でも、少しお料理や引き出物を抑えても、後まで残る記念を残したいという場合もあります。
そして、忘れてはいけないのが衣装のお金、貸衣装と、写真撮影などの費用です。

これらを一つ一つ、まずは平均や予算にこだわらず、
理想を求めた見積もりを作ってみるのがおすすめです。

そこから予算に合わせて優先順位をつけて、
ここはあきらめずに実現したいところ、
ここは妥協してもいいところという順番で決めていきましょう。

招待客からのご祝儀の使い方

招待客からのご祝儀も大方の見込みを付けることはできますが、
結婚式場の代金は前払いなので注意が必要です。

ご祝儀はそのあとの新婚旅行や、
新生活の準備のために使い、挙式や披露宴の代金は自分で用意することが必要です。
式場によってはクレジットカードは利用できます。

スポンサードリンク

結婚式 費用の相場、平均はいくらかかる?に関連する記事

人気記事ランキング