【農薬混入した契約社員の平均年収は、正社員と同じ仕事で給料半分!動機は社会への恨み!?】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【農薬混入した契約社員の平均年収は、正社員と同じ仕事で給料半分!動機は社会への恨み!?】

【農薬混入した契約社員の平均年収は、正社員と同じ仕事で給料半分!動機は社会への恨み!?】

keiyakuhaken

契約社員、パート社員、派遣労働者等の非正規労働者は労働者全体の35.2%です。
正社員の年収は、200万円から999万円と幅広くなっていますが、契約社員の年収は、100万円から299万円位です。

アクリフーズ冷凍食品農薬混入事件で、
40代の契約社員の男が逮捕されるそうですね。

[ここから引用:読売新聞]

食品大手「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入されていた事件で、群馬県警は25日、同工場契約社員の40歳代後半の男について、偽計業務妨害容疑で逮捕する方針を固めた。

捜査関係者によると、男が工場で着ていた衣服からマラチオンが検出されたという。男は今月14日から行方が分からなくなっていたが、24日に埼玉県内でみつかった。

県警はこれまで、商品に印字されている2時間単位の製造時間帯を手がかりに、マラチオンが検出された冷凍食品9点の製造に関わった従業員数十人を特定。さらに、〈1〉マラチオンは加熱すると分解する性質がある〈2〉検出された商品に異臭が残っていた。このため、県警では、食品を加熱処理する加工工程ではなく、包装の直前で混入された可能性が高いとみて、複数の従業員に絞り込み、男を特定した。

[ここまで引用:読売新聞]

40歳代後半の男性で契約社員だと、おそらく、年収は200万円台かもしれません。
生きていく事は可能だと思いますが、所帯を持つことは、難しいかもですね。

スポンサードリンク

契約社員・派遣社員の働く環境は国の法律や会社の方針でどんどん変わって行きます。
いつクビになってもおかしくない状況でしょう。

精神的に追い詰められて、社会を恨んでの犯行かもしれません。
こう言うふうに社会に復讐したいと思ってる人がどんどん増えていると思うと恐ろしい限りです。

正社員も結婚して所帯持ちになる人も減っていき、
失うものがない人が増える一方ですからね。今後こういう事件は増えるんでしょうか?

この厳しい雇用情勢の中、
契約社員の無期契約への転換制度が平成25年4月1日から実施されることがほぼ決まりました。

期間雇用社員(有期契約社員)が、通算して、同一の雇用主に5年間勤務し6年目の更新が行われ、

その6年目の期間中に、その契約社員が無期契約社員への転換を希望したら、会社はそれを了承したことになる、
というものです。会社がそれを望まなくてもです。

契約社員が正社員になることが出来る社会の実現を強く望みます!

関連記事

【2020年なくなる仕事!東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】の記事はこちら

【2020年なくなる仕事、電車の運転士・車掌(年収平均550万円)って本当!?】の記事はこちら

【消える職業仕事はレジ係(年収平均251万円)って本当!?】の記事はこちら

【芸能人の収入ランキング&生涯 収入ランキング!テレビを見るのをやめれば、こんな異常な収入は是正されますね!!】の記事はこちら

【ビートたけし(年収15億円)「人生はカネと女!!」細川ふみえと再婚か?】の記事はこちら
【明石家さんま、年収15億円!資産100億円!!ネタ5千円で小学生から買う噂!引退はまだまだ先かもね】の記事はこちら

【明石家さんま、お金と人生に成功する名言!さんまは、あの日本航空123便墜落事故で死んでいたはずだった!!】の記事はこちら

【契約社員・派遣社員でも借りられる住宅ローン 返済を自由に設定できる「返済休暇」を利用できる!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【農薬混入した契約社員の平均年収は、正社員と同じ仕事で給料半分!動機は社会への恨み!?】に関連する記事

人気記事ランキング