計器組立工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>計器組立工の仕事の年収・やりがい・本音

計器組立工の仕事の年収・やりがい・本音

keikikumitatekou

計器組立工 仕事の年収・月収

計器組立工の収入は比較的高い傾向があります。日本の平均年収が500万円弱という現在において、年収の平均が約530万円、月収が35万円となっています。
平均年齢を見た場合、41.6歳となっており、平均勤続年数も約16年と、他の職業に比べてやや高い傾向があることから、そのような年収のデータが出ているものと思われます。
収入の高さはボーナスなどの賞与にも及び、さらに残業も比較的少ない会社が多いことから、ワークライフバランスにかなり優れた職種のようです。

スポンサードリンク

計器組立工の仕事は、消える職業?消えない職業?

日本の工業製品は高い信頼性を得ていますが、それらの要因の一つとして、極めて精度の高い日本製の計器類の存在があります。それらを制作するのが計器組立工の仕事です。今後も企業は新たな計測器の開発と発展に勤めていくことが予想されており、今後益々計器組立工の存在感は増してくると言われています。
その為、計器組立工は消える職業とはいえないでしょう。近年では女性の活躍も増えてきており、消えない職業として残り続けていくことが予想されています。

計器組立工 仕事の将来性・安定性

安定性、将来性ともに目立った問題がありません。
安定性に関して言えば、その高い収入が魅力的です。真面目にしっかりと働いていれば、今後確実に高い収入が安定して見込めます。
将来性に関しても、しっかりと真面目に経験を積んでいれば、高い収入が約束されます。将来性も高いのが、この仕事の特徴といえます。
また近年では女性の計器組立工も増加しており、それにつれて産休、育休の制度が充実している企業が増えてきている傾向があります。将来のことを考えた時、安定性においてこれだけうれしいことはないと思います。

計器組立工 仕事のやりがい・本音

計器組立工の仕事は一種のものづくりと言えます。精度の高い計器を製作するためには、高い技術と調整、そして根気が必要です。そうして作り上げた高性能の計器を見た時、この上ないやりがいを感じることが出来るといいます。もちろん、安全に計器を使用してもらうために、手を抜くことが出来ないという責任感を感じることもありますが、その計器が日本の工業を支えているという自負が満足に繋がるという本音を聞かせてくれる人もいらっしゃいます。

計器組立工 仕事の良い点

やはり多くの方が、その高水準な収入を良い点として挙げます。それでいて土日は基本的に休日で残業も少ないという、非常にバランスのいい働き方が出来ます。それはプライベートの時間をしっかり確保したい人にとっては良い点といえるでしょう。
また、仕事を始める際に必要な資格や知識がないという点も良い点といえます。確かに熟練の技術が必要になってくる職業ですが、就職剃る際には特別に必要な知識というものはありません。それもまた良い点といえるでしょう。

計器組立工 仕事の悪い点

計測器は物事の判断基準になる大切なものです。読み違いや計測間違いなどがあった場合、それが原因で思わぬ事故が発生してしまうかもしれません。そういった事がないよう、計器組立工は細心の注意を払い、慎重に組立を行う必要があり、非常に神経を使う場合があります。リラックスして仕事をしたい人にとってはそれは悪い点といえるでしょう。
特注品の計測器の製造の際には高度な組み立て・調整技術が必要で、大きな責任が伴う仕事である点も、同じくリラックスして仕事をしたい人にとっては悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

計器組立工 仕事の内容

計測器を製作するのが計器組立工の仕事内容です。計器は長さ、質量、温度、圧力、体積なと、ありとあらゆるものの量を表示、指示、記録など、さまざまな目的のものがあります。それらを指示通りに組み立て、調整して商品として仕上げます。完成した商品は検査を行って出荷されます。
ちょっとした組み立て方の違いや計測の誤りによって、大事故につながりかねない重大な影響を及ぼしかねないのが計測器のため、厳格な正確さが求められます。責任重大な仕事です。

計器組立工 仕事に必要な資格

計器組立工になるのに必要な資格は特にありません。熟練の技術が必要になってくる仕事ではありますが、必要な技術や知識は就職後の研修や、実際の業務を繰り返す中で習得していくのが一般的です。その際、必要な資格ではありませんが、機械や電機に関する知識があれば習得もスムーズかもしれません。
なり方ですが、学校を卒業した後に組立会社に入社するのが一番の近道といえるでしょう。非常に熟練した技術が必要なため、長い時間をかけてスキルを身に着けていく必要があります。

計器組立工 仕事に必要なスキル

まず、大切なのは手先の器用さです。計器組立工の仕事は非常に細かい作業が多く、ピンセットを用いて細かい組み立てが必要になってくるものもあります。そういった組み立てを行うためにも、手先の器用さは必要なスキルといえます。
また、特別に必要なスキルというわけではないですが、機械、電機に関する知識を身につけておくと、就職後に知識や技術を習得する際に便利といえます。
資質の面で言えば、責任感の強さが求められます。計測器は機械の安全な運転を司るものですので、一切の誤計測が許されません。そのためにも強い責任感を持つことが必要と言われています。

計器組立工の仕事のまとめ

技術立国として、日本の工業製品ひ世界から高い評価を受けていますが、それを支える高品質な計器類を生産しているのが、高い技術を誇る計器組立工です。
非常に高い組み立てと調整の技術、責任感の強さなどが求められる大変な仕事ですが、その分、高い収入が約束され、日本の工業を支えるという強いやり甲斐を感じることの出来る職業です。
『日本を支える職業』ともいえます。その言葉こそ計器組立工という仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

計器組立工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング