【川田良(THE FOOLSのギタリスト・推定年収300万円)型枠解体とかアルバイトで食いつないでいたんだな】

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>【川田良(THE FOOLSのギタリスト・推定年収300万円)型枠解体とかアルバイトで食いつないでいたんだな】

【川田良(THE FOOLSのギタリスト・推定年収300万円)型枠解体とかアルバイトで食いつないでいたんだな】

kawada

川田良(THE FOOLSのギタリスト・推定年収300万円)さんが亡くなりました。あの切れ味抜群のギターはもう聴けないんですね。

川田良のギター、さすがの切れ味抜群の鳴り!!カッコいい!!3人の演奏の絡みもスゴイし、是非、聞いてみて!!
【川田良・Jungle’s / Break Bottle】の動画はこちら

川田良は、日本最高のロックギタリストだったでしょうね。

酒と女と音楽にどっぷり浸かったプロミュージシャンの典型かな。本人は居合わせだったろう。
川田良、亡くなる前、入院して退院して医者からもう酒飲んじゃいけないっていうのに最近まで毎日昼からガブガブ飲んでたみたいだね。

THE FOOLSも、二度と見ることはできないんだな。

ところで、プロミュージシャン(ギタリスト)って儲かるんでしょうかね?

プロミュージシャンとして生活する事は、かなり大変そうです。

プロミュージシャン(ギタリスト)の平均年収は、200万円~300万円位です。

生涯年収で1億円行くかどうかですね。

平均的サラリーマンの生涯年収が2億円位ですから、かなり貧乏な部類でしょう。

仮に売れっ子になって一時的に大金を稼いだとしても、その状態を維持するのはかなり
難しいです。

プロミュージシャン(ギタリスト)の業界は、とにかく移り変わりが激しい。

次から次へと優秀な若手が新規参入して来ますから、プロミュージシャン(ギタリスト)が仕事を確保し続けるのは、
簡単じゃあありません。

ギャラは、相当な売れっ子にならない限り、上がりません。

音楽の興行を打つ方は、コストをできるだけ安く抑えたいと考えていますから、

値段が高くて上手いギタリストより、技術は普通でも安いギタリストの方に需要があります。

スポンサードリンク

プロミュージシャン(ギタリスト)の仕事の確保は厳しいですし、ギャラも安いわけでですから、お金を稼ぐ方法としては、
全く、うまみがありません。

川田良くらいの有名人になってマルチな才能を発揮(ギター以外に作詞、作曲、ヴォーカルなど)できたとすれば、

印税を期待できるので、単なるプロミュージシャン(ギタリスト)よりは稼げます。

アルバムがコンスタントに10万枚以上売れれば、相当、お金も稼げるでしょうが、

プロミュージシャン(ギタリスト)のライフサイクルが短くなっている今、これは相当難しいことです。

メジャーデビューをしても、実際は、生活の為に、隠れてバイトをしているプロミュージシャン(ギタリスト)がほとんどです。

なにしろ、年収10万円未満のプロミュージシャン(ギタリスト)が2万人以上いる業界ですからね。

年収300万円以上お金を稼いでいるプロミュージシャン(ギタリスト)は、200人もいないそうです。

こりゃあ、アルバイトをするしかないわけです。

アルバイトは、清掃業や飲食業の自由に出勤できる形態で働くことが多いみたいです。

女性の場合は、派遣社員として生計をたてている例も多いですね。
あとは、ピアノの先生とか。

やはり、プロミュージシャン(ギタリスト)として、音楽活動をしながら、他の普通の仕事もするという人が多いのが現実です。

バンドをあきらめ、音楽業界で働く人もいます。 たとえば、スタジオを経営したり楽器を販売したり、そのような形でも音楽に携わっていきながら人生を楽しむ人たちが多いんですね。

それはそれで、幸せな生き方のような気もしますね!

ただ、生活に安定感や自由もほしいでしょうから、
私は、副業でネットでお金を稼ぐ方法を勧めますね。

この私が実践して、成果を上げている、
ネットでお金を稼ぐ方法、ご紹介していきます。

関連記事

【芸能人の収入ランキング&生涯 収入ランキング!テレビを見るのをやめれば、こんな異常な収入は是正されますね!!】の記事はこちら

【2020年なくなる仕事!東京オリンピック開催までに無くなる可能性の高い仕事はこれ?】の記事はこちら

スポンサードリンク

【川田良(THE FOOLSのギタリスト・推定年収300万円)型枠解体とかアルバイトで食いつないでいたんだな】に関連する記事

人気記事ランキング