消える職業?消えない職業?表題書士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業?消えない職業?表題書士の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業?消えない職業?表題書士の仕事の年収・やりがい・本音

kanban

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事の年収・月収

表題書士の収入は会社との雇用形態や働き方によっても変わってきますが、平均で考えた場合、月収で30万円前後、年収で換算すると約400万円となっています。近年ではアルバイト等の非正規での雇用も目立っているため、その場合は年収も下がってくるでしょう。
基本的には会社勤めの方も多いですが、数ある職種の中でも独立しやすい職業なのがこの表題書士の特徴です。その場合は実績があれば収入も必然的に上がってくるでしょう。

スポンサードリンク

表題書士の仕事は、消える職業?消えない職業?

表題書士の仕事は店舗や街中の看板を作成する仕事で、非常にクリエイティブ色の強い職業です。また、近年では制作ツールとしてパソコンが普及し始め、大半の方がパソコンを利用した看板デザインをしていますが、その一方で手作業による看板作成も非常に重宝されており、昔ながらの職人の方たちが仕事を失うという事態も発生していません。
今後看板という宣伝媒体がなくなることは考えにくく、よってその看板を制作する表題書士が、消える職業となることは考えられません。よって、表題書士は今後も消えない職業といえるでしょう。

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては、どのような働き方をしているかによります。看板制作会社に正社員として雇われているのなら、一般の正社員なみの安定度はありますが、アルバイト等の非正規で雇われている場合や独立している場合は、その限りではありません。
ただし、表題書士は非常に独立しやすく、また表題書士の仕事自体が非常にクリエイティブな職種のため、実績と経験があればそうそう職を失う、または仕事がなくなるといった事態にはならないと思われます。
同じことが将来性でもいえます。充分な実績と経験があれば、独立して会社員時代以上の収入を得ることも夢ではありません。そのため、将来性に関してはかなり高いといえます。

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事のやりがい・本音

多くの表題書士の方は、自身が制作した看板がお店や街中に見えた時に、やりがいを感じるといいます。自身の看板がクライアントに気に入られ、その看板のおかげでクライアントのお店の売上が上がるようなことになれば、そのやりがいもひとしおモノでしょう。
また、表題書士の仕事はクリエイティブ系の職業にありがちな『休む暇がないほど忙しい』ということがあまりなく、会社勤めをしている場合などは基本的に定時上がり、土日祝日が休みという具合に、非常に働きやすい環境です。その点に魅力を感じるという本音を持っている方もいらっしゃいます。

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事の良い点

やはり多くの方が『自身が手がけた看板が街中を彩る』という点を良い点として捉えているようです。街の景観に一役買う職業というのは、中々他にはあまり職業といえます。
また、クリエイター職としては珍しく、土日祝日が休みで働きやすいという点も良い点であるといえます。非常に規則正しい生活リズムの職場環境のため、家庭を持つ主婦の方も働きやすい環境といえます。

 

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事の悪い点

規則正しい生活リズムの仕事ではありますが、屋外での仕事が多く、時に体力的に負担が大きい場合もあります。そのため年齢的な限界がある場合があり、その点は悪い点であると言わざるを得ません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事の内容

基本的には看板をデザインし、制作するのが表題書士の仕事内容になります。近年ではデザインにパソコンを利用することが当たり前となっていますが、その半面、すべて手作りで制作する昔ながらの看板製作にも根強い人気と需要があります。
一人で看板を制作することもあれば、複数人の表題書士で力を合わせて一つの看板をてがける場合もあります。その場合は描く絵や色彩計画の確認などを綿密に行う必要があります。
充分な経験を積み、相当数の実績があれば、独立することも難しくありません。それもまた表題書士の仕事の特徴です。

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事に必要な資格

表題書士になるために必要な資格は特にありません。ただし、『広告美術仕上げ技能士』『屋外広告士』という資格があり、それらを取得しておくと、有利になる場合もあります。
なり方ですが、基本的には美術大学や専門学校でデザインの勉強をした後、看板制作会社に就職するのがもっともポピュラーと言われています。看板製作には、色々な素材の加工が必須となってくるため、デザインだけでなく素材の加工、彫刻の勉強などもしておくと良いと言われています。

消える職業?消えない職業?表題書士 仕事に必要なスキル

まずは、デザイン力のスキルが必要になってきます。これがなければ表題書士の仕事は続けることが出来ません。
また、手書きの看板にも需要があることから、デッサン力のスキルも必要と言われています。デジタルでは表現しきれない味を醸し出すためには必要なことです。
加えて、それらを可能にするための手先の器用さや、几帳面な正確もまた、必要なスキルといえます。

消える職業?消えない職業?表題書士の仕事のまとめ

中々聞き慣れない職業といえますが、日々の生活に密接に関わった仕事であるといえます。実績を積めば独立もしやすく、クリエイティブ職の中では珍しく規則正しい生活を送ることが出来るという点では、非常に魅力的な職業といえます。
街の景観を彩り、お客さんに喜んでもらえる……こんな大きなやりがいを手に入れられる職業は中々ありません。技術の廃れもなく、むしろそれが『味』として、一度身につけた技術を活かす場面が多くあります。
絵やイラストを描く職業としては、非常に魅力的な職業といえます。それが、表題書士の仕事のまとめといえるでしょう。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?表題書士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング