金型工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>金型工の仕事の年収・やりがい・本音

金型工の仕事の年収・やりがい・本音

knagatakou

金型工の仕事の年収・月収

金型工の仕事の月収や年収は、工業系高校を卒業してからも就職できるので、高卒の場合、月収15万円程度、年収250万円程度です。さらに工業系の大学や大学院卒を卒業してから就職すると月収25万円程度、年収400万円程度になります。一般的な金型工で40代の平均をすると、月収35万円程度、年収550万円程度になります。

スポンサードリンク

金型工の仕事は、消える職業?消えない職業?

全般的に製造業の仕事は、機械化やロボットの導入により、人が扱う仕事量は以前と比べて減少してきていますが、mmの小数点以下の精度を必要とする金型工の仕事は最終的に、長年培ってきたカンに頼りながら人の手で行う部分が多くなっています。このため、金型工の仕事は今後も消えない職業として存在し続けることでしょう。

金型工の仕事の将来性・安定性

現代社会では、日常生活に占める機械の存在が大きくなっており、自動車や電化製品を始めとして、機械が無い生活は考えられません。そのように生活の一部になった機械の部品を作製するために不可欠な仕事のひとつが金型工ですので、技術力を持っている金型工の仕事の将来性や安定性は、確固たるものがあると考えられるでしょう。

金型工の仕事のやりがい・本音

金型工の仕事のやりがいは、他の人にはできない唯一の仕事をやり遂げることにあるでしょう。特に手先の器用な日本人にはこの特性が特に見られ、いわば熟練工と言われるような金型工を目指すことは、この仕事のやりがいになっています。ただそのためには、長い期間の鍛錬と努力が必要であり、それが大変だという本音も聞かれます。

金型工の仕事の良い点

金型工の仕事の良い点は、金型にはさまざまな形状や大きさのものがあり、毎回違うものを作ることが多く、それぞれに加工方法や段取りが違ってくるので、飽きずに仕事ができるという点です。また、細かい精度を要求されるものもあり、そのたびに自分の知識や技術力が試されるので、物つくりに欠かせない好奇心と向上心を満足させられる点もあります。

金型工の仕事の悪い点

金型工の仕事の悪い点は、医療機器や通信機器などに使われる金型には、厳密な精度が必要なものが多く、いくつも試作品を作ってもうまくいかないこともあるという点です。また、他の人たちと同じような仕事をしていても、自然淘汰されてしまう危険性もあるので、常に新しい技術や方法を模索し続けなければならないという点もあげられます。

スポンサードリンク

金型工の仕事の内容

金型工の仕事の内容は、ワイヤーという0.1mm~0.3mmという細い銅線を使って、鋼材を金型に加工することです。金型は、自動車の部品だけでなく、医療機器、建築資材、光学機器など生活に欠かすことのできないさまざまな分野で使われており、技術部からきたデータを基にして、加工プログラムを組み、その後金型を作製し、品質を性能を確認するまでが仕事になります。

金型工の仕事に必要な資格

金型工の仕事に必要な公的な資格はありません。ただ、機械いじりの仕事ですので、工業系の高校や専門学校、大学を卒業しておくと良いでしょう。さらには、厚生労働省が実施している「金型製作技術工」の検定試験を受検したり、社団法人日本金型工業会が主催する各種金型に関するセミナーなどを受講しておくと、就職の際にも実務にも有利です。

金型工の仕事に必要なスキル

金型工の仕事に必要なスキルは、まずは一人で黙々と仕事を続けられることができる集中力でしょう。飽きっぽかったり、人と常に接していたい人には向かない職業です。また、同時に忍耐力も要求されます。金型の試作品が、一度で成功することはほとんど無いからです。さらには、新しい知識や技術力の情報を追究する向上心も必要でしょう。

金型工の仕事のまとめ

私たちシロウトは、機械の部品などは工場で大量生産されると思っていますが、そんな風に生産される前に必ず「金型」が必要となることは、ほとんど知られていません。機械が高度に正確に動くようになればなるほど、精密な金型がますます必要となっていきます。腕が良くて、困難なことにもチャレンジできる金型工の存在が求められています。

スポンサードリンク

金型工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング