介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音

介護福祉士 仕事の年収・月収

介護福祉士の給与は全産業と比べると低いと言われています。
働く施設により異なりますが、基本給は15万円~18万円前後の施設がほとんどです。

介護福祉士の資格を持っていれば、1万円程度の資格手当が貰えます。
また、夜勤を行なえば夜勤手当も支給されます。
体力に自信がある人は夜勤のシフトを多く入れて、月収を稼いでいる人もいます。
賞与も施設により異なりますが、一般的には年2ヶ月分程度の賞与を設けている所が多いでしょう。

これらの各種手当てや賞与を勘案すると、介護福祉士の平均的な年収は250万〜400万くらいです。

スポンサードリンク

介護福祉士 消える職業?消えない職業?

日本は、今空前の大介護時代を迎えています。
2025年には団塊の世代の方達が75歳となり、全国民の3人に1人が75歳以上という時代が到来します。
国の試算では、10年後に現在の介護士に加えて約100万人の介護士が必要と言われています。
この様な背景を考えれば、介護に携わる人材は必要であり、介護のプロである介護福祉士は今後も残ると言えるでしょう。

介護福祉士 将来性・安定性

日本の介護業界は、上述した様に今後も需要が非常に増えていくものと予測されます。
これに対応して、国は海外から雇用を確保したり、保育士等の介護以外の職種の人でも介護の仕事が出来る様認める案を検討しています。

この為、介護福祉士の資格自体にも大きな変更がなされていく可能性があります。
また、国の介護保険制度の将来性を疑問視する声もあります。
現在の介護業界は介護保険制度に依存しているので、今後介護保険の変更により業務内容等が大きく変更となる可能性もあり不安定な要素を残しています。

介護福祉士 仕事のやりがい・本音

介護の仕事はお金ではなく、やりがいだと考える人も多くいます。
人を支える仕事であり、自分が社会の役に立っているという充実感があります。
また、多くの業種では仕事をしても感謝されるという事はありません。

しかし、介護業界では自分のしたどんな小さな仕事でも感謝される為、やりがいを感じる人も多いでしょう。
また、利用者の人生の最後を一緒に迎えるという仕事も他の業種では味わえない魅力の一つとなっています。

介護福祉士 仕事の良い点

介護福祉士は、自分のやった仕事が評価されやすいというメリットがあります。
また、レクリエーションや傾聴等の仕事もあり、利用者の話を聞いたり、昔良くやっていた趣味等を一緒に行なう等、
他の業種では仕事と思われない事でも介護業界では仕事として認められています。

また、介護業界はマニュアルがないので、一つの仕事でも自分の創造力を活かして、
利用者の為に様々な事を工夫して行える点もメリットとして挙げられるでしょう。

介護福祉士 仕事の悪い点

多くの人は、介護の仕事を汚い、キツイと感じています。
確かに排泄介助等は、利用者の排泄の手伝いやオムツの交換等を行なうので抵抗を感じる人もいます。

また、寝たきりの人を起こしたりする事は非常に肉体労働となります。
介護士の腰痛発生率は問題となっており、腰痛が原因で離職する人も多くいます。
また、認知症の利用者の介護等は忍耐力が必要となり、割り切って仕事をしなければなりません。

スポンサードリンク

介護福祉士 仕事の内容

基本的には、利用者の生活の手伝いを行います。
ベッドから起きる事から始まり、着替えや身支度等を手伝います。
自分でご飯が食べられない人はご飯を食べる手伝いをする事もあります。

介護士の仕事はケアプランと呼ばれる計画に沿って行われます。
その為、ケアプランが適切かスタッフ間でミーティングが行われます。
また、日中の余暇時間を有意義に過ごす為にイベントを企画したり、外出したりする事もあります。

介護福祉士 仕事に必要な資格

介護の仕事をするには、介護福祉士という資格が必要です。
また、介護職員初任者研修の資格を取る事で介護士として働く事も出来ます。

介護職員初任者研修は、介護福祉士と比べると業務内容が制限されますが、
3年以上実務経験を積む事で介護福祉士の受験資格を得る事が出来ます。
介護福祉士になると、喀痰吸引や胃瘻接続等のより専門的な介護も出来る様になります。

介護福祉士 仕事に必要なスキル

介護福祉士の仕事に一番必要なのは対人関係のスキルです。
人とコミュニケーションを取り、自分の意見を持ち発言する事が求められます。
また、専門的な見方も必要となります。

特に普段の様子と違う事を早期に気付く事が出来れば、病気を未然に防ぐ事が出来ます。
更に、自分の体を守る為に、正しい介護技術を身に付ける事も必要です。

介護福祉士の仕事のまとめ

介護の仕事は今後も需要が高まる事が予測されます。
介護のプロである介護福祉士は更に必要となるでしょう。

介護に興味のある人は介護職員初任者研修の資格を取る事からはじめでみましょう。
しかし、介護保険の改訂等で業務が左右される可能性もあります。
介護福祉士として責任を持って働く事は、今後の自分たちの仕事を守る為にも非常に重要となります。

スポンサードリンク

介護福祉士の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング