家電修理工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>所詮この世は金と愛>>家電修理工の仕事の年収・やりがい・本音

家電修理工の仕事の年収・やりがい・本音

家電修理工 仕事の年収・月収

家電修理工は基本的に会社勤めのサラリーマンの方が多く、比較的安定した収入を得ることが多いようです。平均で年収が530万円、月収で約35万円、賞与が100万円程度というデータが出ています。
一見高いデータに見えますが、平均年齢が41.6歳と他の職業に比べてやや高く、勤続年数の長さや経験値の高さからくる給与の高さとも受け取ることが出来ます。
また、近年では『家電製品エンジニア』『家電製品アドバイザー』という資格があり、それを取得すればさらなる収入のアップに繋がると思われます。

スポンサードリンク

家電修理工の仕事は、消える職業?消えない職業?

近年、家電製品の進化は眼を見張るものが有ります。特にIT家電と呼ばれる種類のものが普及してからは、非常に高性能かつ緻密が家電製品が増えてきています。
また近年『故障したら新しい物を買う』というよりは『故障したら修理して使い続ける』という消費者の傾向があり、現在家電修理工のニーズが高まってきています。
そういった現在の状況や、家電製品が今後なくなることはありえないことから考えると、家電修理工が消える職業であるとは考えにくく、今後も消えない職業として残り続けることでしょう。

家電修理工 仕事の将来性・安定性

家電製品が世の中から無くなることはないことを考えると、家電修理工の仕事が無くなることはなく、常に一定数のニーズが存在しつづける職業であるといえます。そのため、会社勤めなどをしているのであれば、安定性に関しては問題ないでしょう。
将来性に関しても、家電修理工は技術職の側面もあるため、知識と経験、実績が伴えばそれは収入に跳ね返ってきます。企業の中には出来高制で給与を支払うところもあり、腕に覚えがあれば独立も不可能ではないため、将来性も高い職業であるといえます。

家電修理工 仕事のやりがい・本音

家電修理工の仕事の一つに、修理の依頼主の元に直接お伺いして、その場で故障した家電製品を修理するというものがあります。家電製品が目の前で息を吹き返した瞬間、依頼主は『ありがとう』と家電修理工に直接感謝してくれる機会も多く、そのことをやりがいと感じる家電修理工の方は非常に多いようです。
また単純に機械が好きで家電修理工になった人も多く、そういった人の場合、『単純に機械を修理すること自体がやりがい』という本音も持っているようです。ものづくりとは違った楽しさを感じられるようです。

家電修理工 仕事の良い点

機械が好きな人にとっては、修理するという作業内容自体が楽しく、それを仕事に出来ているという点を良い点として挙げる方が多いようです。故障したものを修理するというのは、ものづくりとはまた違った面白みや達成感があります。
また、近年では家電製品の進歩は目覚ましい物があります。そのため、家電修理工は常に最新の家電に関する情報、最新技術を知識として吸収しなければなりませんが、勉強が好きな人、技術に関する知識を吸収するのが好きな人にとっては良い点といえます。

家電修理工 仕事の悪い点

家電の技術進歩はめざましく、最新の技術を吸収していくのは家電修理工にとって大切な仕事なのですが、その割に修理品として持ち込まれる家電製品は比較的古い物が多く、せっかく吸収した技術を振るう機会が少ないことを嘆く方も多くいらっしゃいます。その点は、悪い点といえるかもしれません。
加えて、依頼主の元で修理を行う機会が多いということは、その分出張や外出が多い仕事でもあります。一箇所にとどまり、誰にも邪魔されず作業に没頭したい人にとって、その点は悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

家電修理工 仕事の内容

家電修理工の仕事の内容は、家電製品を修理することです。依頼主から家電の修理を依頼されると、多くの場合は依頼主のご家庭におじゃまして、その場で修理を行います。1回の訪問で修理が完了しなかった場合、もしくは修理に必要な部品が足りない場合は、何度てもお伺いして修理を行う必要があります。
複雑な故障、相当な修理作業が必要な場合は持ち帰り、集中修理センターと呼ばれる専門の部署で修理を行います。
大抵の場合は故障部位の特定や修理内容は記録され、開発製造部門やメーカーにフィードバックされる形になります。

家電修理工 仕事に必要な資格

家電修理工になるのに必要な資格は特にありませんが、関連する資格として『家電製品エンジニア』『家電製品アドバイザー』があります。共に受験に必要な条件はなく誰でも受験は可能ですが、取得した点数に応じて付与されるグレードがあります。
なり方ですが、学校を卒業した後修理業者や大手メーカーに就職するのが一番の近道です。学歴は特に重要視されない分野のようですが、工業高校以上の工学系の知識を持っている事が求められているようです。

家電修理工 仕事に必要なスキル

家電修理工に何よりも求められるのは、電気機器、電子機器に関する知識と興味です。特に近年ではIt家電と呼ばれる、ITの技術を盛り込んだ家電も登場しており、ITに関する知識も持っていると重宝するようです。
また、探究心も必要と言われています。故障した家電製品は、故障箇所を特定し適切な修理を行わなければなりません。家電製品によってはその特定が困難を極める場合もあります。そのため、故障箇所を突き止めていく探究心は絶対に必要と言われています。ベテランの家電修理工になると、チェックシートや故障箇所を突き止める事故診断プログラムを自作する人もいます。

家電修理工の仕事のまとめ

最近、にわかに注目を集める資格として、この『家電製品エンジニア』『家電製品アドバイザー』の名前が挙げられることがあります。家電修理工という仕事が今の時代のニーズにマッチしていることと、決して低くない収入を得ることが出来るためです。そのため、将来性の高い職業のといえます。
加えて技術職ですから、知識をしっかり吸収し、知識と経験をしっかりと身に着けていれば、仕事に困るということもないでしょう。ニーズも一定数は常にある職業なので、仮に職を失うことになっても、次の職に困ることはなさそうです。

以前は『家電のお医者さん』と言われることも多かった家電修理工ですが、現在もその呼び名は通用すると思われます。ニーズの高さや感謝される喜びなど、医師に通じる部分も多く、『家電のお医者さん』という言葉は、仕事内容をうまくまとめた一言であるといえます。

スポンサードリンク

家電修理工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング