獣医師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>獣医師の仕事の年収・やりがい・本音

獣医師の仕事の年収・やりがい・本音

獣医師 仕事の年収・月収

獣医師といってもどこに勤めているかで年収は大きく変わってきますが、概ね年収で言えば、平均は500万円から600万円、月収で45万円前後と言われています。初任給の平均は20万円前後なようです。
獣医師には様々な勤務先があります。地方自治体に雇われる場合は公務員扱いとなりますが、手厚い待遇の代わりに民間に比べて収入はやや少なめというケースが多いようです。逆に民間の動物病院などで勤務する場合は、その病院の規模にも左右されます。
また獣医師は、自由診療がメインです。治療に対する報酬は自分で決めることが出来ます。そのため、自身の経験やスキルに自信があれば、独立して自分で動物病院を設立すれば、破格の年収を得ることも夢ではありません。獣医師の野村潤一郎さんは自身の病院を持っていますが、動物の病気への真摯な対応や幅広い種類の動物を診られることにより、『カリスマ獣医師』として大成功を収め、破格の収入を得ています。

スポンサードリンク

獣医師 消える職業?消えない職業?

現在、日本はペットブームを迎えていますが、その割に獣医師の絶対数が少ない状況となっています。そのため、獣医師へのニーズが高まっています。
また昨今では、口蹄疫に代表される家畜伝染病に関する権益業務が重要視されており、必然的に獣医師が活躍する場が増えています。
未知の伝染病が蔓延したときなどは、人間の医師だけでなく獣医師もまた、病気の根絶のカギを握る重要な立場となります。
そのため、この世から病気というものが無くならない限り、獣医師は存在し続けると言えます。

獣医師 将来性・安定性

獣医師の資格は『業務独占資格』といい、獣医師の資格を持った者以外が獣医師を名乗り、獣医師の仕事はしてはいけないとされています。
そのため、資格さえ取ってしまえば職に困るということはありません。そういう意味では非常に安定した仕事であるといえます。
将来性に関して言えば、『中々収入が上がらない』ということを嘆く獣医師が多い状況です。非常に過酷な仕事内容で、命を預かるという責任が重い職務ではあるのですが、5年働いても収入が上がらない…という話をよく聞きます。
そのため、獣医師の多くが独立を目指すのです。

獣医師 仕事のやりがい・本音

動物病院に勤める獣医師の多くが、『治療した動物が快方に向かった時がやりがいを感じる』と言っています。動物が快方に向かい、飼い主から感謝された時の充実感は、なにより得難いやりがいといえます。
また、もっと単純なところでは、色々な動物と触れ合えることにやりがいを感じる獣医師も多くいます。獣医師には専門の動物という考え方はなく、大小種類問わずあらゆる動物を診ます。そのため、場合によっては珍しい動物を診る場合もあります。そういった動物と触れ合えることも、獣医師の特権といえます。
別の側面では、未知の病気が発生した際などは人間の医師と協力した病気の根絶にあたる場合があります。発生源を見つけ病気の侵攻を食い止めた時などは、『人の役に立てた』という大きな充足感を得ると答える獣医師も多いです。

獣医師 仕事の良い点

まず何よりも、『いろいろな動物と触れ合える』ということをメリットとして挙げる獣医師が多いのが特徴です。先程も言いましたが、獣医師には専門はなく、どのような動物でも診ます。そのため、珍しい動物と触れ合う機会も多くなってきます。動物好きな方にとって何よりも素晴らしい点であるといえます。
また命を扱う職業なので、動物の命を助けたことにより、その飼い主から直接感謝されるというのもいい点であるといえます。事実、これをモチベーションにして働く獣医師も多くいます。

獣医師 仕事の悪い点

勤務する病院や場所にもよりますが、仕事内容は過酷を極めます。長時間労働は当たり前で、場合によっては休日出勤もザラです。命を扱う職業なので、プライベートな時間に呼び出されることも決して少なくありません。
また、いかに獣医師といえど、相手をするのは動物だけではありません。その飼い主とのやりとりの中で心身を疲弊していく獣医師が多いのも事実なようです。

スポンサードリンク

獣医師 仕事の内容

獣医師の仕事は非常に多岐にわたっていますが、基本的には動物の診察と診断、治療が主な仕事になります。
勤務している場所により、その対象が変わってきます。動物病院の場合は来院した動物が対象になります。自治体に雇われた獣医師の場合は動物園や愛護センターが主な勤務先になりますし、産業動物獣医師であれば家畜がメインの相手になります。
また公務員獣医師の場合は他にも大きな仕事として公衆衛生に携わることもあります。保健所に勤めている場合は、新種の病気が世間を騒がせた際、その病気の調査や問い合わせに追われることとなります。

獣医師 仕事に必要な資格

獣医師になるには、獣医師国家試験に合格し、獣医師の免許を取得しなければなりません。そしてそのためには、獣医学部もしくは獣医学科を持つ大学に入学し、6年間学ぶ必要があります。
獣医学系の大学は、現在日本には16校しかなく、また一部は人間の医学部以上の難易度を誇るため、獣医学系の大学への進学は非常に狭き門であると言わざるをえません。

獣医師 仕事に必要なスキル

まず何よりも大切なのは、『命に対する真摯な姿勢』です。真剣に取り組まなければ、目の前の命が失われるという自覚を持つことが大切です。先ほどお話した野村潤一郎さんがカリスマと呼ばれる所以は、どのような動物にも真摯に向き合い、時には飼い主に対して声を荒らげて説教を行うほど、命に真摯に向き合う姿勢にあります。
実用的な部分でいえば、刻々と進化していく動物医療に対応できる柔軟性、知識や経験に裏打ちされた的確な判断力も必要になってきます。
また意外とところでは、『根気良さ』も必要になります。動物は自身の不調を言葉で訴えることが出来ません。そのため、どこがどのように不調なのかが、人間に比べて分かりづらいという点があります。こちらの思い通りの接し方が出来る事の方が少なく、非常にストレスが貯まると聞きます。そんな中でも根気強く対応し、動物が何を訴えようとしているのかを、冷静に読み取り判断出来る根気強さが必要とのことです。

獣医師の仕事のまとめ

近年のペットブームによるペットの増加により、獣医師の数が絶対的に足りなくなっています。また公共衛生を司る地方公務員獣医師や畜産の健康を司る産業獣医師の数も不足しており、獣医師の増加が求められています。
確かに獣医師の仕事は過酷であるようです。重大な責任を背負わされる割には収入は決して多くなく、プライベートな時間もなく、睡眠も満足に取れないという話をよく聞きます。
しかし、動物の病気を治し、元気になっていく姿を見るのは、動物好きにとっては何よりも代え難いやりがいであることも事実です。
また、動物は人間の生活において無くてはならない存在です。同様で、動物の健康を司る獣医師もまた、動物だけでなく人間にとっても無くてはならない重要な存在といえます。
現在、獣医師の数と質を挙げるための様々な取り組みが行われています。それらが実を結べば、獣医師の勤務待遇も改善されることでしょう。

スポンサードリンク

獣医師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング