助産師の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>助産師の年収・やりがい・本音

助産師の年収・やりがい・本音

jyosanshi

助産師 年収・月収

助産師の月収はおよそ25〜35万円程度、年収は300〜400万円となります。
助産師は専門性が高く、同じ医療関係の仕事でも看護師より収入が高く設定されており、夜勤手当を含めるとさらに給与は増加します。
また、助産師は開業権が認められており、開業助産師になることができればさらに収入アップを目指すことも可能です。

スポンサードリンク

助産師 消える職業?消えない職業?

助産師の職業はその専門性の高さから今後も残る職業です。
しかし、近年は少子高齢化が進み、結婚をしない男女が増えてきています。そうなると全国的にも出産するこどもの数も減ってしまい、助産師の活躍するタイミングも減少します。
徐々に活躍の場は少なくなってきますが、出産する女性がいる限りは必要な職業なので、今後も残り続けます。

助産師 将来性・安定性

助産師の将来性について、総合病院や助産院に勤めていれば一定の収入もあるので安定しています。出産の際には必要な職業でもあり需要もあります。
しかし出産以外の分野で活躍が見込まれており、助産師が妊婦の検診を行う「助産師外来」が注目されています。
助産師外来が普及していくことで、助産師の地位を高めるとともに資格を活かした活動が期待されています。

助産師 仕事のやりがい・本音

助産師は出産の際に子どもを取り上げる仕事であり、安心安全に出産ができるようにします。元気に生まれてくる子どもを見られるのは感動的でありやりがいに繋がります。笑顔で退院される母子を見られるように見守りケアをすることも魅力です。
しかし実際に出産が始まると休日出勤になったり、長時間労働にもなるため体調管理をしっかりしておく必要があります。

助産師 仕事の良い点

助産師の仕事の良い点は働き方を自分で選択できることです。
大きな総合病院に努めることもできますが、夜勤や激務が続くこともあるので体力的に不安をかんじたら開業も可能です。
助産師には開業権が与えられているので、自分のライフスタイルに合わせた仕事をすることもできます。
助産師の資格を持っている人は少なく、すぐに働ける場所を見つけることができるのも良い点です。

助産師 仕事の悪い点

悪い点としては助産師の数が少なく、忙しくなるとトイレにも行く暇がなくなるほどの激務になります。
いつ、どの時間に出産が始まるかは正確に判断できないため、いつでも仕事ができるよう準備をしておくことも必要です。
緊急の手術が始まったり、1日に何件もお産が重なったりと、休む暇もないことがあります。
逆に何もなく産後のケアをして終わる日もあり、忙しくなるタイミングが予想しにくいことが悪い点です。

助産師 仕事の内容

助産師の仕事内容は産婦を助けることです。お産が始まると赤ちゃんを取り上げますが、それだけではありません。
それまでは産前、産後のケアを行い、新生児の保険に関することを母親に指導したり、妊婦の健康管理、妊娠中の食事や運動管理に関する指導、分娩後にも母乳指導、乳児指導と出産に関するあらゆることを管理、指導します。
妊婦とコミュニケーションをとりケアを行うことも重要な仕事です。

スポンサードリンク

助産師 仕事に必要な資格

助産師になるためには「看護師国家試験」に合格して看護師資格を取得した後に「助産師国家資格」を取得する必要があります。
助産師の受験資格は助産師養成学校で1年以上学んだ後に与えられますが、看護師資格を持っていないと受験はできません。
また、助産師になれるのは女性のみで、男性は助産師になれません
助産師国家資格の合格率は90%以上となっていますが、助産師養成学校に入ることの方が難関とされており、定員も少数なので競争率が非常に高くなります。

助産師 仕事に必要なスキル

助産師に必要なスキルは人としっかり向き合うことができることです。
単に「赤ちゃんが好きだから」というだけでは成り立ちません。新しい命が生まれることが素晴らしいですが、時には残念な結果に終わることもあります。
そうした様々な状況に対して相手に向き合い、ケアすることができる強い精神力が重要です。
また、長時間の労働や長時間の緊張に耐える体力も必要です。出産が終わるまで緊張感を保ち続けることは重労働であり、それが何件も連続して続くこともあります。

助産師の仕事まとめ

助産師は新しい命と向き合う仕事であり、妊婦さんの心のケアを行う仕事でもあります。
出産に伴い不安になる妊婦さんの話を聞き、暖かい心で優しく接してあげることが必要です。
時間外の業務や連続した出産など激務となる場合もあり、非常に体力勝負の場面もありますが、命をつなぐ重要な役割を持っているのでやりがいもあります。
資格取得の難易度は高いものの、専門的な知識とスキルはこれからも必要とされます。

スポンサードリンク

助産師の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング