【伊東大貴2位、清水礼留飛3位 ジャンプ 男子ラージヒル個人・予選終了時点の順位・ソチ五輪】

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>【伊東大貴2位、清水礼留飛3位 ジャンプ 男子ラージヒル個人・予選終了時点の順位・ソチ五輪】

【伊東大貴2位、清水礼留飛3位 ジャンプ 男子ラージヒル個人・予選終了時点の順位・ソチ五輪】

itoudaiki

伊東大貴2位、清水礼留飛3位 ジャンプ 男子ラージヒル個人・予選終了時点の順位・ソチ五輪

2月15日(土) 2時30分 スタート

伊東大貴、清水礼留飛が2位、3位、本番では、

葛西と3人で金メダル、銀メダル、銅メダル独占だあ~!!

日本勢は全員が予選突破です!!

スポンサードリンク

予選終了時点の順位

1. ミヒャエル・ハイボエク (オーストリア) 131.0メートル、124.8点
2.伊東大貴(日本) 130.5メートル、122.0点
3. 清水礼留飛 (日本) 130.5メートル、120.4点
4.マリヌス・クラウス(ドイツ) 130.0メートル、120.2点
5.アンシ・コイブランタ (フィンランド) 128.5メートル、118.9点
6.トーマス・モルゲンシュテルン (オーストリア) 128.0メートル、116.0点
6.竹内択 (日本) 127.0メートル、116.0点
8.イェルネイ・ダミヤン (スロベニア) 126.0メートル、115.9点
9.マチェイ・コット (ポーランド) 126.0メートル、115.4点
10.ヤクブ・ヤンダ (チェコ) 124.5メートル、113.6点
——————————

予選免除
葛西紀明 (日本)

予選

競技開始。

日本勢は清水礼留飛が32番目、竹内択が48番目、伊東大貴が49番目でのジャンプ!!

1番目のニコラス・アレクサンダー (米国)が120.0m、96.6点で暫定トップ。

5人を終えてアレクサンダーの首位は変わらず。

7番目に飛んだロマン・コーデルカ (チェコ)が120.0m、104.6点で暫定首位。

10番目のセバスチャン・コロレド (イタリア)が124.0m、104.1点で2位。

10人を終えて、1位コーデルカ、2位コロレド、3位アレクサンダーの順。

21番目のカーレル・ヌルムサル (エストニア)がここまでこの日最長の125.0mを記録。

103.6点で暫定3位に入り、予選通過決定。

24番目のオッリ・ムオトカ (フィンランド)が128.5m、109.9点で暫定トップ。

31番目のマッケンジー・ボイドクロウズ (カナダ)が124.0m、105.5点で2位に入る。

清水が登場。この日ここまで最長の130.5m、120.4点を記録し、2位以下を大きく引き離してのトップ。予選通過が決定。

37番目のヤンネ・アホネン (フィンランド)は126.5m、110.0点での暫定3位で予選通過。

40番目のミヒャエル・ハイボエク (オーストリア)が131.0m、124.8点で清水を抜いて暫定1位に。

竹内のジャンプ。127.0m、116.0点の暫定4位に入り、予選通過。

続いて伊東が登場。130.5m、122.0点で清水を抜いて暫定2位に。これで日本勢は全員が予選通過。

すでに予選通過を決めている葛西は棄権。セヴェリン・フロイント (ドイツ)、カミル・ストッフ (ポーランド)も棄権し、決勝に向かう。

いやあ~、たのしみですねえ。日本日の丸飛行隊~~~~!!!

関連記事

【浅田真央が、オリンピック女子フィギュアスケートで、金メダリストになるための絶対条件はコレ!】の記事はこちら

【羽生結弦選手の父は、フツーの学校の先生。自宅は東日本大震災で全壊。それでも金メダルへの道を!!】の記事はこちら

スポンサードリンク

【伊東大貴2位、清水礼留飛3位 ジャンプ 男子ラージヒル個人・予選終了時点の順位・ソチ五輪】に関連する記事

人気記事ランキング