ジャーナリストの収入・年収は会社員なら所属する新聞社や出版社・テレビ局次第。新聞や雑誌などに掲載する記事を書く仕事

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ジャーナリストの収入・年収は会社員なら所属する新聞社や出版社・テレビ局次第。新聞や雑誌などに掲載する記事を書く仕事

ジャーナリストの収入・年収は会社員なら所属する新聞社や出版社・テレビ局次第。新聞や雑誌などに掲載する記事を書く仕事

新聞や雑誌など報道の世界で取材の仕事をしている人は、広い意味でジャーナリストとも呼ばれています。

フリーランスも含めたジャーナリストの仕事内容や現状について調べると、高収入を得るための道筋が見えてきます。

スポンサードリンク

1.新聞や雑誌などに掲載する記事を書く仕事

ジャーナリストと言えばフリーで活動している人を想像しがちですが、本来の意味では新聞社やテレビ局・出版社に所属している記者も含まれます。

フリーランスとして独立して活動してるジャーナリストの多くはそうした記者の出身で、独立後も古巣の新聞社や出版社と契約を結んで優先的に仕事をもらっている人も少なくありません。

社員として働くうちは所属する新聞や雑誌に掲載する記事を書いたり、テレビ局の報道局に所属する場合はニュースの取材と原稿作成が記者としての仕事です。

そうした記事や原稿を書くためには事件や事故の現場に行って取材するだけでなく、関係者に会ってインタビューを行う必要も出てきます。

フリーランスとして独立後のジャーナリストでも、そうした基本的な仕事の流れは変わりません。

新聞社などに所属する記者は事実を正確に伝えるのが基本的な役目ですが、フリージャーナリストは記事の付加価値を高めるためにも取材成果に独自の見解や意見を加える工夫が求められます。

2.全国紙記者は高収入だがフリーの場合は収入に格差

最近ではブログやSNSなど、インターネットを通じて情報発信を行うジャーナリストも増えてきました。

しかしながら安定した収入を得るための手段としては、そうした新しいメディアもまだまだ成熟していない面があります。

フリーランスとして活躍しているジャーナリストの大半は依然として新聞や雑誌を主要な活躍の場としており、テレビ出演や講演・著作などで副収入を得るというのが一般的な活動のあり方です。

同じジャーナリストでも新聞社や出版社・テレビ局の社員として勤務している記者は、会社から決まった給料をもらえる点で地位が安定していると言えます。

特に大手新聞社の記者は高年収なことで知られており、著名な全国紙の記者になると平均年収が1000万円を上回ると言われています。

フリージャーナリストの中にはそれ以上の高年収を得ているほど有名な人もいますが、無名のうちは収入が不安定で会社員の平均年収に達しない例も少なくありません。

3.フリージャーナリストは取材にも苦労

社員として新聞や雑誌・テレビの取材を担当するうちは取材対象を自由に選べない面があって、勤務形態も会社組織に縛られる形となるのが避けられません。

記者として一定の経験を積んだ後に退社して独立すれば、自分の専門分野を徹底的に取材することが可能になります。

フリージャーナリストの道を選んだ人には会社の待遇に不満を抱いていた人や、もっと自分の持つ可能性を伸ばしたいと考えて独立した人も多いものです。

独立に成功すれば記者時代よりも高年収が得られる可能性があるとは言え、大企業の報道機関記者という肩書がなくなった先にはさまざまな苦労が待ち構えています。

有名な新聞社やテレビ局の取材と聞けば信頼して応じてくれる人でも、無名のフリージャーナリストに対しては警戒して取材を断るというケースは少なくありません。

報道機関の人間だけが取材を許される記者会見や記者発表の場にもフリージャーナリストは参加できず、飯の種となる取材には何かと苦労しています。

スポンサードリンク

4.名前が売れれば高収入も可能に

報道機関に所属すれば組織に縛られ、フリーランスでは取材にも苦労するという具合に、ジャーナリストも無名のうちはさまざまなジレンマと戦いながら仕事をしているものです。

フリーになれば交通費なども経費で落とすことができなくなり、取材にかかった費用が報酬から引かれるため実質的な収入はさらに少なくなります。

そうしたジレンマを解消するには名前の知られたジャーナリストになるのが一番ですが、そのためにも良い記事を数多く書いて実績を積み重ねるしかありません。

かつてはジャーナリストと言えば世の中の不正を暴き、政治や社会問題にも鋭く切り込むようなタイプの人が多かったものです。

そうした政治ジャーナリストや犯罪ジャーナリストだけでなく、最近では科学やスポーツ・IT・家電・芸術・軍事・医療など、多種多様な専門分野のジャーナリストが登場するようになりました。

専門分野に特化した知識を持つことでそのジャンルに詳しい専門家としての地位が得られ、名前が売れて取材もしやすくなるため収入増に結びつきます。

5.新聞・雑誌・テレビの記者からスタートするのが一般的

実際には独立して成功し有名になったフリージャーナリストも一握りに過ぎませんが、特定の分野に強い人ほど成功確率が高くなるものです。

文章力と深い洞察力や鋭敏な時代感覚など、ジャーナリストに必要な資質は他にも数多く挙げられます。

ジャーナリストになるために必要な資格は特にないとあって、Webメディアが発達した現在では自称ジャーナリストが続出しているほどです。

そうした中でジャーナリストとして生計を立てていくには、専門分野に関する知識だけでなく基本的な取材ノウハウや記事執筆ノウハウをしっかり身につけなければなりません。

そのためには雑誌を出している出版社や新聞社・テレビ局に就職し、記者として経験を積むのが一番の近道となります。

有名な報道機関や出版社に採用されるには学歴も重要になってくるため、4年制大学に入学して幅広い教養を身につけることが多くの人にとってジャーナリストへの第一歩です。

有名になれば年収1000万円も狙えるジャーナリストの仕事

報道機関に社員として勤務する記者なら平均年収もある程度計算できますが、フリージャーナリストの収入は知名度による原稿料の違いや副収入の有無によって大きな格差が見られます。

有名ジャーナリストなると新聞や雑誌でも歓迎されるため原稿料が上がり、テレビ出演や講演の依頼も増えて高収入に結びつくようになります。

スポンサードリンク

ジャーナリストの収入・年収は会社員なら所属する新聞社や出版社・テレビ局次第。新聞や雑誌などに掲載する記事を書く仕事に関連する記事

人気記事ランキング

おすすめ記事