騎手の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>騎手の仕事の年収・やりがい・本音

騎手の仕事の年収・やりがい・本音

騎手 仕事の年収・月収

騎手の主な収入源は、レースに勝利した際の賞金になります。そのため、あまり年収や月収という考え方はせず、出場して勝ったレースの賞金などで考えるケースがほとんどです。しいて言えば、中央競馬に出場する騎手の平均年収が約1000万円、地方競馬に出場する騎手の平均が500~600万円と言われています。
これは、中央競馬のレースは賞金が高い傾向があり、さらに騎乗すると支払われる手当も中央競馬の方が高いためです。
ただし、中央競馬でのレースに出場するためには相応に高い実力がなければなりません。実力が高ければ収入が上がるのは地方競馬の騎手も変わりませんが、2000万円以上の年収を上げる人もいる中央競馬に比べ、地方競馬の騎手の場合は高くても年収1000万円程度のようです。

スポンサードリンク

騎手の仕事は、消える職業?消えない職業?

競馬は、国や地方公共団体が運営している公営ギャンブルです。公営ギャンブルの中でも比較的人気の高いジャンルではありますが、それでもピークの頃に比べると人気が減少しており、特に地方競馬の財政状況が悪くなっているという現状があります。
しかしながら公営ギャンブルであるため、すぐに競馬という娯楽がなくなるということは考えにくく、その競馬の主役の一つである騎手という職業もすぐに消える職業となることはないと思われます。国際レースなどもありますので、消えない職業として残り続けていくことでしょう。

騎手 仕事の将来性・安定性

騎手の世界は実力主義のため、共に本人に確かな実力があれば、将来性と安定性は高いといえます。
安定性に関してですが、レースの賞金がそのまま自身の収入と人気に直結するため、レースに勝ち続ければ、水準はどうあれ安定した収入を得ることは可能です。将来性に関しても同様に、レースに勝利し続けることができれば、人気もあがり、レースの収入だけでなくテレビ番組やイベントなどへの出演、本の執筆等によってさらに収入をアップさせることが出来ます。
そういったことから、安定性、将来性ともに本人の実力次第といったところでしょう。

騎手 仕事のやりがい・本音

やはりレースに勝利することで大きなやりがいを得ることが出来る、と答える人が多いようです。本命馬に乗ることになると大きなプレッシャーと戦うことになります。逆に弱い馬に乗ることになった場合、馬の特性をうまく引き出せてあげなければなりません。どちらにせよとても難しいことですが、そういった難問を乗り越えてレースで3位以内に入賞出来た時、とても大きなやりがいを感じることが出来ます。
また、競馬という競技は古代ローマの時代から世界各地で行われてきた文化です。そういった、世界中で人気の長い歴史のある文化に関わることができている……という本音を持っている方もいるようです。

騎手 仕事の良い点

やはり、実力がそのまま収入に反映されるという点が良い点といえるでしょう。実力があり、レースに勝利するという実績を積み重ねていけば、それはそのまま名声と収入に直結していきます。
『天才ジョッキー』と呼ばれた武豊さんですが、年間勝利数が200勝を超えていた頃の年収は2億円以上だったようです。実力のある人は、それだけの収入を得ることが出来ます。

騎手 仕事の悪い点

良くも悪くも実力主義な点が尾を引きます。実力があればその分収入は上がりますが、逆に実力がなければ収入が上がることは決してありません。たとえば、地方競馬で勝利数の少ない騎手り場合、その年収が200万円以下という人もいます。これは、安定した立場で仕事を行いたい人にとっては悪い点といえます。
また、現状では騎手になるのに体重や年齢という厳しい制限があります。そのため、ある程度年齢を過ぎた場合や体型の面から騎手になる夢を断念せざるを得ないケースが出てくることも悪い点といえるでしょう。

スポンサードリンク

騎手 仕事の内容

基本的には、競馬のレースに勝つことです。
レースの出走馬を持つ厩舎からの依頼が来ると、レースに出場刷ることが出来ます。騎手の選定理由は実力、馬との相性、馬主や調教師との信頼関係など様々です。レースへの出場が決まると、馬とのトレーニングを行います。実際に走ってみて、馬の調子や走り方、癖などを掴み、レースに臨みます。そのため、馬や馬主、調教師とのコミュニケーションを蜜にしていく必要もあります。
安藤勝己さんは『あんかつ』の愛称で親しまれてきた人気騎手ですが、その強さの秘訣は、騎乗する馬の特徴を徹底的に研究し、その特徴を最大限に引き出すところにあったと言われています。その課程の中で、馬と心を通じ合わせることが出来る騎手といわれていました。
また競馬は大変人気のあるスポーツですので、時にはマスコミや競馬記者の取材を受けることもあります。併せてテレビ番組やイベントへの出演を依頼されるケースもあり、そういった競馬のPRになる機会になるものには積極的に関わっていくことも、大切な仕事の一つとなっています。

騎手 仕事に必要な資格

必要な資格は、騎手免許です。騎手免許を取得するには、競馬学校の騎手課程に入学して勉強する必要があります。入学せずとも騎手免許試験を受けることは可能なのですが、独学で馬の調教や騎乗、競馬関係の法律等を学ぶのはかなり大変といえます。
騎手課程に入学するには条件があり、中学校を卒業していて、年齢が20歳未満であり、年齢によって44~46kg以下という体重制限があります。特に年齢に関しては20歳未満と言われていますが、実際には18歳以上の合格者はほぼおらず、実質中学卒業と同時の入学でなければ遅いと言われています。

騎手 仕事に必要なスキル

基本的には、必要なスキルは競馬学校で身に着けるので、事前に必要なスキルというものは特にありません。
必要な素養として、運動神経があげられます。時速60キロ前後で走る馬をコントロールするわけですから、高い運動神経が必要です。
また、競馬学校の入学条件に厳しい体重制限があることや、実際にレースでは体重が軽い方が有利である点などから、小柄な体型であることも必要といえます。
併せて、レースに勝つ必要があることや、公営ギャンブルである点などから考えると、強い闘争心とフェアな精神が必要な素養であるといえます。

騎手の仕事のまとめ

いわゆるスター性の強い職業の一つが騎手です。高い実力を持ち、レースに勝ち続ける事ができれば、高い収入と名声が約束されます。華々しい生活を送ることも出来るでしょう。
他の公営ギャンブルと違い、『馬に乗る』という点が競馬の面白いところです。馬は生き物です。そのため、馬と心を通わせ、馬の気持ちを理解することが出来る騎手が、一流であると言われています。岡部幸雄さんは『馬優先主義』という考え方を持っていましたが、そのきっかけはレース中に自身の指示に対する馬の返事が聞こえたからだといいます。
このようなドラマチックな側面もあるのが、騎手という職業の魅力です。公営ギャンブルという側面がある関係上、騎手の人気はまだまだ衰えることがないとまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

騎手の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング