Jリーグ監督・コーチの年収や月収はどのくらい?選手やチームの成長を実感できることがやりがい!

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>Jリーグ監督・コーチの年収や月収はどのくらい?選手やチームの成長を実感できることがやりがい!

Jリーグ監督・コーチの年収や月収はどのくらい?選手やチームの成長を実感できることがやりがい!

Jリーグ監督・コーチの年俸

2017年のJリーグプロサッカーの監督の場合は年俸計算でおよそ平均5000万円になります。監督の平均年齢は50歳。18人のJリーグ監督のうち、5000万円以上の年俸は8名、10名はそれ以下の年俸です。また、コーチの場合は年俸1000万円前後となります。
J1とJ2でも大きく年俸に差があります。特にJ2の場合は豊富な資金を持っているわけではないため平均以下になる傾向があります。

スポンサードリンク

2017年サッカーJリーグ 監督年俸ランキング

順位 チーム名   監督名     年齢 年俸
1位 ガンバ大阪 長谷川 健太 52歳 1億円
1位 ヴィッセル神戸 ネルシーニョ 67歳 1億円
3位 浦和レッズ ペトロビッチ 60歳 8500万円
4位 セレッソ大阪 尹 晶煥 44歳 8000万円
5位 サンフレッチェ広島 森保 一 49歳 7000万円
5位 柏レイソル 下平 隆宏 45歳 7000万円
5位 サガン鳥栖 マッシモ フィッカデンティ 50歳 7000万円
8位 横浜F・マリノス エリク モンバエルツ 62歳 5000万円
8位 鹿島アントラーズ 石井 正忠 50歳 5000万円
8位 清水エスパルス 小林 伸二 57歳 5000万円
11位 大宮アルディージャ 渋谷 洋樹 51歳 4000万円
12位 ジュビロ磐田 名波 浩 45歳 3500万円
13位 FC東京 篠田 善之 46歳 3000万円
13位 アルビレックス新潟 三浦 文丈 47歳 3000万円
13位 ベガルタ仙台 渡邉 晋 44歳 3000万円
16位 ヴァンフォーレ甲府 吉田 達磨 43歳 2800万円
17位 川崎フロンターレ 鬼木 達 43歳 2500万円
18位 コンサドーレ札幌 四方田 修平 44歳 1500万円

Jリーグ監督・コーチ 消える職業?消えない職業?

監督・コーチ業はこれからも残っていく職業です。
日本のJリーグは2014年にJ3が開設されてチーム数も増加。それに伴い指導するための人材も必要となります。
サッカー人気も高まり、今まで以上にチームの強化が重要になってきているため優秀な人材が求められていますが、専門知識が必要なので難易度も高く難しい職業とも言えます。

Jリーグ監督・コーチ 将来性・安定性

サッカー監督・コーチには指導をするためのライセンスがあります。
将来性や安定性を考えるとライセンス取得が重要となり、ライセンスを持っていない場合は指導できる時間や年齢層に制限があります。
プロチームを指導するためには「A級ライセンス」以上を取得する必要があります。
Jリーグの場合は契約期間が終了すると再契約がない限りは退団となり職を失うため将来性や安定性は悪いといえます。

Jリーグ監督・コーチ 仕事のやりがい・本音

自身が指導した選手やチームが試合に勝つことがやりがいに繋がります。
指導する内容によって選手が成長し、レベルアップしていく様を目の前で見ることができるのもやりがいがあります。
その分チーム全体の監督責任者となるため重要なポジションとなり、チームが勝てなかったり成長しない時には解任される可能性もあります。
そういった意味において選手やチームの成長を実感できることがやりがいに繋がります。

Jリーグ監督・コーチ 仕事の良い点

選手やチームを自分の指導で成長、改善していくことができるのが仕事の良い点です。
自分の経験や指導法によって試合に勝つことができれば仕事に対する満足度も良くなるでしょう。
優秀な選手を発掘、指導を行いトップレベルの選手に育成することも可能で、Jリーグの実力底上げにもなりファンを増やることも可能です。
監督になるためのライセンスを持っていれば、海外でサッカーを指導することも良い点になります。

スポンサードリンク

Jリーグ監督・コーチ 仕事の悪い点

Jリーグの監督になるためにはまず「S級ライセンス」の取得が必要です。
仕事にするためのハードルが非常に高く、元サッカー選手であったり、長年指導を続けている監督経験がなければ職に就くことができません。
専門的な職業なので誰でもライセンスは取得できますが、技術指導のレベルやサッカー哲学など、常に指導をするための勉強を行う必要があります。

Jリーグ監督・コーチ 仕事の内容

Jリーグに所属するチームの技術指導、戦略、練習メニューを作って練習を行います。場合によっては選手個々のメニューを作成し指導を行います。
試合当日には監督として実際に試合を作り上げ、選手の交代や戦略を伝えるなどのゲームメイクも重要な仕事の一つです。
ゴールキーパーコーチやチームメンバーと常に連携し、全体の状況を把握しつつ的確な指導を行う必要があります。

Jリーグ監督・コーチ 仕事に必要な資格

Jリーグの監督になるための「日本サッカー協会」公認のライセンスがあり、指導する内容によって細かく分かれています。
大きく分けてサッカー、フットサルの二つがあり、監督、コーチの二つに分かれます。さらにゴールキーパーコーチ、U−12コーチ、U−15コーチ、公認B級フットサルコーチと多岐に渡ります。Jリーグで指導をするためにはA級コーチジェネラル、公認S級コーチが必要です。
ライセンス取得者の条件はありませんが、指導経験の有無によって取得までの期間が長くなります。

日本サッカー協会公式ページ
http://www.jfa.jp/

Jリーグ監督・コーチ 仕事に必要なスキル

Jリーグ監督・コーチに必要なスキルは、まずサッカーの技術、専門的なルールや知識です。
選手の個性を見極めて戦略を作り、それを実践できるよう指導する必要があります。実際に自分で動いてお手本を見せることもあります。
また、選手を監督するうえでコミュニケーション能力も重要です。海外の選手に指導するための語学力もあるとなお良いでしょう。

Jリーグ監督・コーチの仕事のまとめ

まずJリーグ監督・コーチになるためには、サッカーの経験が重要となるため、できるだけ早い年齢からサッカーを学ぶ必要があります。
多くの場合はプロサッカー選手として活躍した人がサッカー協会のライセンスを取得し、自分のサッカー経験を元に指導を行っています。
Jリーグのプロチームで監督・コーチの職に就くことはハードルも高く大変困難な道のりです。
サッカーの経験を積むこと、指導力を養うこと、A級ライセンス以上を取得することが非常に重要となります。

スポンサードリンク

Jリーグ監督・コーチの年収や月収はどのくらい?選手やチームの成長を実感できることがやりがい!に関連する記事

人気記事ランキング