ジュエリーデザイナー仕事の年収・やりがい・本音はコレ

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>ジュエリーデザイナー仕事の年収・やりがい・本音はコレ

ジュエリーデザイナー仕事の年収・やりがい・本音はコレ

JJDN

ジュエリーデザイナーの仕事の年収・月収

ジュエリーデザイナーは、アクセサリーメーカーやアパレル企業に就職して仕事を得る場合は
平均月収32万円程度、年収は300万から500万円といわれています。

国家資格を取得して仕事の幅が広がると、
上記の枠の中であれば収入が増える可能性はあります。

ジュエリーデザイナーとして独立すれば月収・年収の名目ではなく、
自身のデザインの価値がそのまま報酬になります。

スポンサードリンク

ジュエリーデザイナーは消える職業?消えない職業?

現在の不況で宝飾品の需要とともに、
ジュエリーデザイナーの職業の受入口も消える傾向にあります。

しかし余程経済が壊滅しない限り、
身の回りを装飾する欲求までもが消えることは無く、
ジュエリーデザイナーの職業も消えないものと考えて良いでしょう。

また素材の知識や技術に高度な専門性が要求されるため、
容易に兼任できないことも消えない理由の一つといえます。

ジュエリーデザイナーの将来性・安定性

大手のメーカーに雇用されるジュエリーデザイナーであれば
収入・福利厚生の面で安定性があるでしょう。

また比較的長く続けられる職業でもあるので、
将来性についても悲観するほどでは無いと考えられます。

しかしジュエリーデザイナーは不況の影響を真っ先に受けます。
流行や購買層のターゲットを正確に見据えて、将来性と安定性を自らの作品で確保するべきでしょう。

ジュエリーデザイナーの仕事のやりがい・本音

ジュエリーデザイナーになるのは宝石やアクセサリーが本音から好きな方です。
自分の最も興味のある物事が仕事になっていることが最初に挙げられるやりがいでしょう。

また自分の作品が身につけた人の魅力を引き立て、
自身のセンスが喜ばれることもやりがいとなります。

一方ジュエリーデザイナーを仕事とする場合は
クライアントに妥協しなければならない場面もあるのが本音です。

ジュエリーデザイナーの仕事の良い点

ジュエリーデザイナーにとって、
自分の好きな物に仕事として長時間携わっていられるのが良い点でしょう。

宝石を選んだり眺めたり、依頼主の雰囲気に合い魅力を引き立てるデザインを考えるのは
ジュエリーデザイナーを志す人にとって楽しい瞬間です。

また企業で雇用される場合、
転勤や不規則な勤務の無い仕事であることも良い点です。

スポンサードリンク

ジュエリーデザイナーの仕事の悪い点

ジュエリーデザイナーの悪い点は、求人が少なく、
一方倍率は非常に高いことです。

そのため未経験者は特に容易に仕事を得にくい状況となっています。

また常に自分が最善と考える提案がクライアントに受け入れられるとは限らず、
自身のセンスが否定されたり妥協を強いられる可能性があることも
ジュエリーデザイナーの仕事の悪い点として覚悟が必要でしょう。

ジュエリーデザイナーの仕事の内容

ジュエリーデザイナーの仕事の内容は、
貴金属と宝石、品質の高いビーズやガラスを組み合わせて様々な装飾品を考案することです。

一般に流通する商品か、直接個人から仕事を受けるかは雇用先によって異なり、
デザインも流行やオーダー内容によって変える必要があります。

またジュエリーデザイナー自身が宝石を研磨したり金属を加工することもあります。

ジュエリーデザイナーの仕事に必要な資格

ジュエリーデザイナーは特定の資格を必要とする仕事ではありません。

しかしこの仕事に関わる資格として、「貴金属装身具製作技能士」(国家資格)と
「宝石鑑定士・宝石鑑別士」(民間資格)があり、

求人倍率の高いジュエリーデザイナーの雇用を受けるためには、
いずれかを取得しておいて損は無いでしょう。独立やスキルアップを考える方に必要な資格です。

ジュエリーデザイナーの仕事に必要なスキル

ジュエリーデザイナーの仕事では写真や
画像の加工ソフトやCADを使用することが通常になっており、
これらのPCスキルが業務上必要となります。

またジュエリーデザイナーにとって何より大切なスキルは、
自身のセンスです。

仕事として売れるデザインや人を納得させるデザインを提供するためにセンスを磨くことも重要なスキルとなります。

スポンサードリンク

ジュエリーデザイナー仕事の年収・やりがい・本音はコレに関連する記事

人気記事ランキング