消える職業、消えない職業?一般事務の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>消える職業、消えない職業?一般事務の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業、消えない職業?一般事務の仕事の年収・やりがい・本音

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事の年収・月収

一般事務の仕事は正社員やパート・アルバイト等雇用形態による収入の差はあまりなく、会社の規模によって左右されるようです。
平均でいえば、年収は約250万円、月収では約18万円となっており、あらゆる職種の中ではやや低い水準となっています。
雇用形態による差はあまりありませんが、勤続年数で収入が上がっていく場合が多く、長く勤めればその分給与が上がる形態の企業が多いようです。

スポンサードリンク

一般事務の仕事は、消える職業、消えない職業?

現在、一般事務という職業が置かれた状況というのは苦しい物があります。というのも、パソコンの普及と優秀なソフトウェアの登場により、以前に比べて一般事務という職種の重要性が薄れてしまっているからです。
ですが募集そのものを見た場合、正社員としての募集は減少していますが、派遣社員としての募集はまだ存在しつづけています。
以上のことを踏まえると、一般事務はすぐに消える職業というわけではないようです。ただし10年単位の長い目で見た場合は、その後も残り続ける消えない職業と言い切ることは不可能でしょう。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事の将来性・安定性

安定性でいえば、どのような雇用形態かによります。企業に正社員として雇われているのならそれなりに安定した職業ですし、パートや派遣社員といった非正規の職員として雇われているのなら非常に不安定な職種と言わざるを得ません。
将来性という観点で見ても難しいでしょう。現在、一般事務という職業は正社員の率がどんどん下がり、代わりにパートや派遣社員を雇うという状況が続いています。一応、勤続年数によって収入額がアップしているというデータがありますが、その前に非正規の職員に置き換えられてしまうといったことも充分に考えられます。
昨今では、一般事務に将来性や安定性は求めてはいけないのかもしれません。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事のやりがい・本音

事務の仕事は『みんなの仕事がスムーズに行くようにフォローすること』と応える方がいます。周囲の人たちに気を配り、困っている仕事仲間の人がいればさりげなくフォローをするなど、『縁の下の力持ち』的役割が好きな人にとっては、非常にやりがいを感じることが出来る仕事といえます。
また、電話応対や来客対応なども一般事務の仕事になりますが、その場合、会社の顔として対応することになります。うまく電話・来客対応が出来た場合は、会社として相手に好印象を与えたのと同じです。そんなときにやりがいを感じるという本音を持つ方も非常に多いのが特徴です。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事の良い点

多くの一般事務の方が『ノルマがなく、土日祝日が確実に休み』であるという点を良い点として挙げています。日々仕事に追われることが嫌な人、プライベートもキチンと確保したい人にとってはとても良い点となることでしょう。
また、一般事務の仕事は『単調作業の繰り返し』と自嘲する人もいますが、裏を返せば、自身の努力次第でいくらでも自身の仕事の効率を上げることが出来ます。そしてそれは、自身の仕事を楽にするばかりではなく会社にとっても必要不可欠な人材として存在感が高まってきます。その点を良い点として挙げる一般事務の方が多いのも特徴です。

スポンサードリンク

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事の悪い点

多くの一般事務の方が『待遇の悪さ』を悪い点として挙げます。『事務』というだけで社内での立場もあまり良くなく、他の職種に比べて収入も低めで『事務員だから』と低く見られがち……と一般事務という仕事の大変さを中々認知してもらえないという点に不満を感じる方も多いようです。
また、『ノルマがない』といえば聞こえはいいですが、裏を返せば『メインは雑用と呼ばれる仕事』『単調な作業の繰り返し』となります。どれだけ長い期間勤めても、特殊なスキルが身につくわけでもなく、向上心の強い人にとっては、それもまた悪い点といえるのではないでしょうか。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事の内容

一般事務の仕事は基本的には来客・電話対応、請求書などの必要書類の作成とチェック、パソコンを利用したデータ入力等があたります。また、社員たちが気持ちよく仕事をするためのお茶当番やゴミ出し等の雑務を担当することもあります。
具体的には会社が扱う製品やサービスによっても大きく様変わりしてくるのが事務の仕事です。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事に必要な資格

一般事務になるために必要な資格は特にありません。
なり方ですが、普通に学校を卒業した後、事務員の募集をしている会社に応募するのが一番の近道です。また、昨今では派遣社員としての一般事務の募集が増えています。派遣社員という立場に特に抵抗かなければ、そちらに応募するのも手でしょう。

消える職業、消えない職業?一般事務 仕事に必要なスキル

昨今ですと一般事務の仕事の大半はパソコンを使って行われる為、パソコン操作に関するスキルは絶対に必要になるでしょう。詳しくなくても、抵抗なく操作ができる程度で大丈夫と思われます。
また、来客・電話応対を行う必要があることから、ビジネスマナーに精通していることも求められます。会社の顔として対応する以上、相手に対して失礼のないよう振る舞わなければなりません。
『あると便利』と言われているのが、数字への強さ。帳簿を見て数字的に意味が分かる、電卓であれパソコンであれ早く正確に計算が出来る…こういったスキルを持っていると、事務仕事に活かせるとのことです。
更に、自分の体を守る為に、正しい介護技術を身に付ける事も必要です。

消える職業、消えない職業?一般事務の仕事のまとめ

近年では、一般事務が置かれた状況は非常に苦しいと言わざるを得ません。一般事務という職種の人数自体が少なくなっている上、パートや派遣といった非正規の割合が増え、募集に対する応募数が非常に多いなど、その人気の割にはあまりにも苦しい現実に置かれているのが一般事務という職業です。
『雑用』と呼ばれる一般事務ではありますが、やりがいがないわけでもありません。縁の下の力持ちに徹し、自身の仕事に誇りを持って対応していけば、やりがいを感じる仕事であることも事実です。
長い目で゛見た時の将来性には疑問を感じざるを得ませんが、現在では未だ無くてはならない職種であることも事実。『縁の下の力持ちに徹する人には天職』というのが、一般事務という仕事のまとめといえそうです。

スポンサードリンク

消える職業、消えない職業?一般事務の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング