助産師の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>助産師の仕事の年収・やりがい・本音

助産師の仕事の年収・やりがい・本音

助産師 仕事の年収・月収

助産師の収入は、全体の平均収入に比べて比較的高く、加えて看護師の収入よりも高い傾向があります。具体的には、年収では約500万円、月収でも約35万円というデータがあります。
これは、現在助産師の人数が圧倒的に不足している点や、勤務時間が不規則かつ長時間に渡るケースが多いためと言われています。さらに助産師は国家資格となるため、資格手当や充実した福利厚生なども魅力となっています。
非常にハードな仕事ではありますが、その分看護師よりも優遇されている傾向があります。

スポンサードリンク

助産師の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、日本は少子化が進んでいます。そのため、産婦人科や助産院といったて出産のための施設の閉鎖が相次いぎ、加えて小児科医、産婦人科医を目指す医師が減少しています。
そこで近年注目されているのが、助産師が妊婦の検診や指導を行う『助産師外来』です。このため、助産師のニーズが上がっており、人手不足の状態となっています。
そのため、助産師のニーズがなくなることはなく、助産師も消えない職業ということができます。消える職業となることはないでしょう。

助産師 仕事の将来性・安定性

まず安定性に関してですが、比較的高いといえます。元々安定した立場で働ける上、現在助産師の数は不足しており、求人数も比較的多い状況が続いています。そのため、仮に職を失うことになったとしても、比較的簡単に次の職場を見つけることが出来ます。以上のことから、安定性は高いといえます。
将来性に関しても同様に高いといえます。助産師は看護師に比べて収入も高く、勤続年数が長くなればそれだけ収入も上がります。そのため、最終的には看護師とかなりの収入の開きが出てきます。さらに近年では助産師に求められる役割も多様化している傾向があり、その分活躍するフィールドが広がってきています。将来性も高いといえるでしょう。

助産師 仕事のやりがい・本音

なんといっても、新しい命との出会いに立ち会えることがやりがいといえるでしょう。『お産は1回1回がドラマだ』という本音を持っている助産師の方も多く、それだけ、新しい命の誕生の瞬間に立ち会えることは、助産師だけが味わうことの出来る、感動の瞬間です。
また、この喜びは職場だけで味わえるものではないようです。お産の介助をした家族と街中で偶然出会い、自身が介助をした子どもが大きく成長した姿を見た時、また大きなやりがいを感じるともいいます。
このような感動的な瞬間に何度も立ち会える職業はそうないでしょう。助産師だけの特権といえます。

助産師 仕事の良い点

まず何よりも、その高水準の収入が魅力です。看護師自体が一般的な女性と比べて収入の水準が高い傾向がありますが、助産師の場合は、さらにその上をいきます。これは、しっかりとお金を稼ぎたい人にとっては良い点といえます。
加えて、女性にとってうれしいのは、自身の将来の妊娠、出産に関する準備ず出来るという点です。多くの人の妊娠と出産に関わる仕事なわけですから、妊娠、出産に関する知識を身につけ、自身の将来に臨むことが出来ます。初めての出産は女性にとって色々と不安なことも多いですが、助産師になればその不安もある程度払拭出来るという点は、助産師特有の良い点といえるでしょう。

助産師 仕事の悪い点

助産師の資格は看護師の資格を持ってないと取得することが出来ません。そのため、勤務する病院によっては、助産師の仕事に加えて看護師の仕事を兼務することになり、必然的に業務が増え、忙しくなります。これは、ゆとりを持って仕事に臨みたい人にとっては悪い点といえます。
また、出産し感動的な場面ばかりではありません。中には死産という結果になってしまう場合もあります。そういった辛く悲しい場面にも立ち会わなければならないという点は、助産師特有の悪い点といえそうです。

スポンサードリンク

助産師 仕事の内容

基本的には、生まれたばかりの赤ちゃんや妊婦さん、出産を終えたばかりの女性のケアをするのが助産師の仕事です。古くは産婆さんと言われ親しまれてきた職業が、今では『助産師』と呼ばれています。
具体的には。妊婦の健康管理や食事、運動などの生活指導、出産後のお母さんの体調管理、母乳指導、育児に至るまでの、いわゆる『人の誕生』に関わる一連の流れの指導、管理が該当します。
看護師の資格は男女問わず取得出来ますが、助産師の資格は現在、女性にしか取得が出来ない資格です。妊婦さんや出産後の女性にとっては、女性目線でのアドバイスや相談が出来る存在としての役割が大きいからでしょう。

助産師 仕事に必要な資格

助産師になるには、国家資格である『助産師国家試験』に合格する必要があります。
この試験は、看護師の資格を取得していなければ、受けることは出来ません。まずは看護師としての勉強を行って看護師の資格を取得し、助産師養成校で一年間勉強を行った後、臨床実習で実践的な技術を身につけることで、受験資格が与えられます。
一部の看護大学や専門学校では、看護師養成課程の中に助産師養成カリキュラムを組み込んでいるところもあります。そういったところで学んだ場合、卒業と同時に看護師と助産師、両方の受験資格を得ることが可能です。
また加えて、現在では助産師になれるのは女性のみです。男性は助産師になることは出来ません。

助産師 仕事に必要なスキル

必要なスキルに関しては、助産師養成課程に身に着けるものなので、とりたてて必要なスキルというものはないでしょう。
必要な素養としてまず何よりも大切なのは、強い精神力です。助産師は『命の誕生』をサポートする素晴らしい職業ですが、それはうれしいことばかりではありません。時には辛い場面や悲しい瞬間に立ち会うときもあります。そういったことに向き合える、強い精神力が何よりも重要な素養といえます。
また、出産は妊婦さんにとっても助産師にとっても体力のいることです。長い時間緊張感に包まれながら仕事をし、時には夜勤を行う場合もあります。そのため、体力がなければ務まりません。体力もまた、必要な素養といえるでしょう。

助産師の仕事のまとめ

少子化が進行している日本ではそのニーズが減少していくと思われがちな助産師ですが、現実はヘルどころか増える一方です。産婦人科を持つ病院、助産院、市町村の保健センター等、助産師へのニーズは上がる一方です。
特に近年では、核家族化が進行しています。そのため、女性の周囲に妊娠や子育てに対するアドバイスが出来る人が少なく、必然的にそれが出来る助産師へのニーズが高まっているのです。
人の誕生に関われる、素晴らしい職業とまとめることが出来ます。確かに収入の水潤が高いという現実的な魅力もありますが、それだけでは語れないたくさんの魅力が、助産師という仕事には詰まっています。

スポンサードリンク

助産師の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング