営業事務の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>営業事務の仕事の年収・やりがい・本音

営業事務の仕事の年収・やりがい・本音

jimu

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事の年収・月収

営業事務の給与は他の職種に比べ、やや低い水準と言わざるを得ません。平均で月収約19万円、年収で約260万円ほどと言われています。
ただ、他の事務職と比べるとやや高い傾向があり、男女ともにあまり差がない事務職であると言われています。
分布で見た場合、月収15万円から20万円前後の人が最も多い統計が出ています。経験年数に応じて昇給していくシステムを採用しているところも多いことから、若い人が中心になって働いている職種であるともいえます。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?営業事務の仕事は、消える職業?消えない職業?

営業事務は、営業マンをバックアップするのが仕事になります。それで昨今、実際に経費削減の観点から営業事務に関わらず事務職を採用しなくなっているケースが多々有り、以前に比べて若干狭き門となりつつあるようです。
ですが求人自体は相変わらずありますし、それぞれの企業に普遍的に必要になってくる職種なわけですから、まだまだ消える職業とはいえない面もあります。企業から営業マンという存在が無くならない限り、営業事務もまた消えない職業といえそうです。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事の将来性・安定性

営業事務の安定性に関しては、その企業にどのように雇用されているかにもよります。正社員として雇用されていれば安定した立場といえますし、派遣社員として出向しているのであれば安定性は今一……といえます。
将来性に関しては未知数と言われています。人によっては営業事務での経験を活かして次のさらなるステップに進む人もいます。営業事務は若い人が中心になって働いている職種ですが、その背景にはそういった事情もあるのかもしれません。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事のやりがい・本音

営業事務は営業のサポートが主な仕事です。そのため、営業マンから直接『ありがとう』と言われる機会が多く、その時にやりがいを感じるという営業事務の人が多いようです。
またその職種のスタンスや女性が多いことから『会社のよき母』と形容されるときもあり、『私はオカン』と思ってしまう少し悲しげだけど楽しい本音を覗かせる女性の営業事務の方もいます。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事の良い点

基本的にはデスクワークの仕事になるので、土日祝日は完全に休みになる企業がほとんどです。その点を良い点として挙げることが出来ます。残業もほぼないということから、非常にホワイトな勤務形態となっているようです。
また基本的にはパソコンに向かって作業をすることが多いので、体力的に非常に楽であるという点も良い点として挙げることが出来ます。
加えて来客時の対応を任される場合も多く、コミュニケーション能力が自然と身につくことを良い点として挙げる人が多いのも特徴です。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事の悪い点

多くの方が『雑用がメインの仕事になってしまうこと』を悪い点として挙げています。営業マンのバックアップなので非常に重要な仕事なのですが、傍から見ると雑用としか思えないような仕事も多く、その点が悪い点といえるかもしれません。
また会社によっては、人間関係に苦労する場合もあるようです。『メンタルが強くないと出来ない』という人もいるほどです。その点も悪い点といえるかもしれません。

スポンサードリンク

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事の内容

基本的には、営業マンのバックアップが営業事務の主な仕事内容となります。具体的には、電話応対や来客時の対応、請求書やプレゼンの資料の作成、打ち合わせの時間調整などになります。一般的な事務職に比べ、やや営業色の強い仕事が多いといえます。
顧客や取引先に直接対応する場合も多いので、臨機応変な対応が求められる場合もあるようです。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事に必要な資格

営業事務になるために必要な資格は特にありません。ただし、貿易実務検定試験や簿記検定試験などの資格を取得していると、後々のステップアップに繋がり、待遇が上がる場合もあるとのことです。
なり方ですが、基本的には営業事務の求人を出している会社に応募するのが一番の早道といえます。また最近では派遣社員として営業事務を募集している派遣会社もありますので、そこを狙ってみるのもいいかもしれません。

消える職業?消えない職業?営業事務 仕事に必要なスキル

昨今では営業事務の仕事のほとんどにパソコンを利用しているため、パソコン操作のスキルが必須といえます。具体的には、OfficeのPowerPointやExcelなどの操作が出来るレベルです。
またお客様を応対する場面も多いことから、電話応対をはじめとするビジネスマナーの類をしっかりと身につけておくことも必要といえます。
また営業マンから次々と要望が来る関係上、ものごとをスピーディーに処理出来るスキルが必要とも言われています。

消える職業?消えない職業?営業事務の仕事のまとめ

給与が低いと言われている営業事務ですが、営業マンにとっては大切な存在です。営業マンたちを支え、ひいては会社を陰で支えているのが営業事務なのです。
『営業事務は会社の良き母』というのは、営業事務という仕事をまとめた言葉だと思います。会社の顔といえる営業マンたちの世話を引き受けている営業事務は、まさに営業マンと会社にとって良き母といえるでしょう。
自分には縁の下の力持ちがあっているという人や、仲間のバックアップが得意な人にとっては天職といえる職業かもしれません。『会社の良き母』というのは、まごうことなき営業事務の仕事のまとめといえます。

スポンサードリンク

営業事務の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング