清酒製造工の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>清酒製造工の仕事の年収・やりがい・本音

清酒製造工の仕事の年収・やりがい・本音

japansake

清酒製造工の仕事の年収・月収

清酒製造工の仕事の月収や年収は、酒蔵の中でのポジションや、その酒蔵がヒット商品を持っているかなどによって違ってきます。見習いで酒蔵に入ってきた時は月収10万円程度、年収200万円程度ですが、杜氏となってその酒蔵の第一人者となると、月収50万円程度、年収800万円程度と非常な高給取りになることもあります。

スポンサードリンク

清酒製造工の仕事は、消える職業?消えない職業?

清酒は日本を代表する酒の一種ですが、ビールやウイスキー、焼酎などに押されて、一時期販売量が落ちたこともありました。でも酒蔵が原料となる米の生産から手掛け、独自性の高い清酒を作り出すようになり、最近ではまた販売量が上向きになってきています。このような点からも清酒製造工の仕事は、消えない仕事として今後も存在し続けるでしょう。

清酒製造工の仕事の将来性・安定性

一時期は、焼酎やビールの販売攻勢に押されて、影が薄くなってしまった感のある清酒ですが、他のアルコール類がかもし出すことができない、清酒独特の口当たりの良さとまろやかさに魅了されている清酒愛好者は、相変わらず存在しています。このような点からも、清酒を作り出す清酒製造工の仕事の将来性や安定性はしっかりとしたものがあると言えるでしょう。

清酒製造工の仕事のやりがい・本音

清酒製造工の仕事のやりがいは、自分たちの酒蔵が作り出した清酒を、清酒愛好者が選んでくれた時に感じることができるでしょう。また、他の酒蔵には無い、自分の酒蔵独自の清酒を作り出せた時にも感じるでしょう。ただ、そのためには数年がかりの努力が必要となり、たくさんの失敗を乗り超えなければならないので、それが大変だという本音も聞かれます。

清酒製造工の仕事の良い点

清酒製造工の仕事の良い点は、自分の手でいくつでもオリジナルの清酒を作り出すことができるという点にあります。また、自分の技術力が向上するにつれて、作り出すことができる清酒の幅も広がってくるので、ますます創作意欲がわいてくるという点も良い点でしょう。さらに「杜氏になる」という明確な目標を持って働くことができるのも良い点です。

清酒製造工の仕事の悪い点

清酒製造工の仕事の悪い点は、清酒製造という技術を体得できるまでの期間が、他の職業と比較してみると長くかかるという点です。また、ほんの少しの温度の差や麹の配合割合の違いなどで、その樽で発酵している清酒をダメにしてしまうこともあり、そのため細心な注意が必要になるので、この点も悪い点としてあげられるでしょう。

スポンサードリンク

清酒製造工の仕事の内容

清酒製造工の仕事に内容は、日本酒を生産する仕事です。酒蔵で働く職人のことは「蔵人(くらびと)」と言われ、その中の最高責任者は「杜氏(とうじ)」と呼ばれています。日本酒の原料となる米を調達し、そこにもろみや麹などを加えて発酵させ、その酒蔵独自の味わいを持つ日本酒を作り出ます。その技は代々杜氏によって受け継がれています。

清酒製造工の仕事に必要な資格

清酒製造工の仕事に必要な公的な資格はありません。年齢や学歴に関係なく採用されていますが、やはり、酒つくりの基礎を大学や専門学校で学んでいた方が、即戦力として活躍することができます。また、中央職業能力開発協会が主催する「酒造技能士1級・2級」という国家試験がありますので、これを受検し合格しておくと良いでしょう。

清酒製造工の仕事に必要なスキル

清酒製造工の仕事は、新米が入荷した時点から清酒が出来上がるまでの数カ月間が勝負の仕事になりますので、清酒製造工の仕事に必要なスキルは、集中力と忍耐力が必要となるでしょう。また、かすかな温度の違いなどを感じ取る繊細な感覚も必要とされます。さらには、次のステップを目指そうとする向上心も必要になるでしょう。

清酒製造工の仕事のまとめ

毎晩、日本の多くの居酒屋や酒場、スナックなどでたくさんの清酒が消費されています。もちろん、清酒を味わいながら飲んでいる人も多いですが、ついつい我を忘れてガブ飲みしてしまうような人もいます。ですがその清酒1本1本は、杜氏や蔵人が心を込めて育て上げてくれた一品だということを忘れずに、今宵も乾杯してみましょう。

スポンサードリンク

清酒製造工の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング