イベントプランナーの仕事の年収はフリーランスになれば3000万円!人を感動させることがやりがい

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>イベントプランナーの仕事の年収はフリーランスになれば3000万円!人を感動させることがやりがい

イベントプランナーの仕事の年収はフリーランスになれば3000万円!人を感動させることがやりがい

イベントプランナーの仕事の年収・月収

イベントプランナーの収入は、所属している会社な本人の実力によって、大きく異なります。
多くのイベントプランナーは広告代理店やイベント企画会社に所属しており、規模が大きい会社に勤めている方が給料が高いようです。初任給でいえば20万~25万円、平均年収でいえば300万~400万円と言われています。
意外なことにフリーランスで働くイベントプランナーはまだ少ないようですが、ウェディングプランナーだけは比較的フリーランスの割合が多いと言われています。フリーランスであれば本人の実力によって収入は大きく左右されるため、人によっては3,000万円以上の年収を上げる人もいます。

スポンサードリンク

イベントプランナーは消える職業?消えない職業?

バブル崩壊の後、日本では経済の低迷が続いたことで、イベント業界が縮小傾向にありました。しかし昨今、地域活性化が目的の地方でのイベントや晩婚化の影響によるお見合いイベントの多発など、イベントプランナーの活躍の場は増えている傾向があります。
日本では、イベントを仕切る立場にあるイベントプランナーは慢性的に不足している傾向があります。そのため、イベントプランナーという職業自体は決して無くなることはないと思われます。

イベントプランナーの仕事の将来性・安定性

先ほども言いましたが、イベントプランナーという職種自体は、慢性的に人が足りない状況です。イベントプランナーとしてのニーズは尽きることがありません。そのため、イベントプランナーとしての実力と経験が充分であれば、今後仕事に困ることはなさそうです。
ただし、イベントプランナーの仕事は実力勝負。充分な実力と経験がある人だけに仕事が集中していくのが現実です。そのため、将来性という観点から行けば、本人の実力によりけり…といえるかもしれません。
様々なイベントの場で経験を積み実力を充分につけ、実績を確実に積み重ねていくことが、キャリアアップに繋がり活躍の場を広げることに繋がります。

イベントプランナーの仕事のやりがい・本音

やはり多くのイベントプランナーの人が、『自分のイベントで多くの人が感動してくたれ時』にやりがいを感じると答えています。イベントプランナーが作るイベントは、一流アーティストのコンサートや舞台など様々です。自分が作り上げたそれらのイベントにおいて、たくさんの人達が感動してくれたときこそが、イベントプランナーとしての至上の喜びのようです。
また、『イベントを作る』という仕事は、自分ひとりだけでは成り立ちません。イベントスタッフやエンターテイメント業界のプロフェッショナル、報道関係者などたくさんのスタッフたちによって成立するものです。共にイベントを作り上げた仲間たちと大成功の感動を共有出来る喜びもまた、イベントプランナーの醍醐味といえるでしょう。

イベントプランナーの仕事の良い点

多くのイベントプランナーが『スキルアップすることで活躍の場が広がる』という点を良い点として挙げています。はじめのうちは事務作業が多く面白みのない仕事が続きますが、経験を重ね実績を積み上げていけば、いずれ何十万人を動員するイベントの責任者となることも夢ではありません。自分のアイデアがそのまま舞台上に再現できることには感激しますし、ハード、ソフト、あらゆる面での知識と技術、人から信頼させる人間性が必要となり自分が成長できます。
また、本人の実力さえあれば、フリーランスで稼ぎやすいという点も大きな魅力のようです。経営者目線さえ持てば独立もそこまで難しくなく、自身の名前だけで勝負することも可能である点をメリットとして挙げる人が多いです。
その他にも、仕事でいろんな土地に赴き、案件によって扱うものがまったく異なるため、仕事に飽きが来ないという点や、仕事の区切りがイベント毎で分かりやすいなど、独特のメリットが多いのが、このイベントプランナーの特徴です。

イベントプランナーの仕事の悪い点

やはり『休みが少なく、仕事量が多いので体力的に厳しい』という点を悪い点として挙げるイベントプランナーは多いです。特に下積みの頃はたくさんの先輩たちの手伝いをしなければならず、それだけで自分の仕事を終わらせることが出来ません。
また、イベントプランナーという仕事は、夢やアイデアを形にする仕事です。そこには多様なスキルやセンスが求められます。また、イベントを成功させるためには、その時代の流行も取り入れなければなりません。
そのため、イベントプランナーは常に世の中に対してアンテナを張り、新しい情報を仕入れ続けなければなりません。仕事だけでも多忙なのに、世の流れに敏感であり続けなければならない大変さは壮絶なものでしょう。
細かい部分では、『肝臓に悪い』と答える方もいらっしゃいます。イベントプランナーという職業は自他問わず接待のための食事会の機会が多いようで、お酒を飲む機会が増え、自然と肝臓に負担がかかる…とのことです。体にかかる負担が非常に多い職業のようです。

イベントプランナーの仕事の内容

基本的には『イベントを企画して作り上げること』が仕事ですが、その内容は非常に多岐にわたっています。
まず『イベント』という物自体が非常に多岐にわたっています。コンサートや舞台はもちろん、スポーツイベントやブライダルイベント、大きいものですとオリンピックやワールドカップなどもなどもイベントプランナーの仕事の範疇で、それぞれ実際の業務が異なってきます。
共通する部分としては、イベントについての情報を集め、イベントの目的達成のため、パンフレットを作成したり、音響照明や美術効果など会場作りの手配、有名人やコンパニオンなどの人の手配など、様々です。
もちろん、実際の現場でスタッフたちをまとめあげ、イベントを最期まで大成功させるまでがイベントプランナーの仕事になりますが、はじめの頃は人員や会場の手配など、事務寄りの仕事が多いのも特徴です。

スポンサードリンク

イベントプランナーの仕事に必要な資格

イベントプランナーになるために必要な資格は特にありません。
イベントプランナーになるには、広告会社かイベント企画会社に就職するのが一番手っ取り早いですが、大手に就職するには大手の大学を卒業しておいたほうが有利と言われています。
また、特定分野のイベントを専門とするイベントプランナーを志望する場合は、その分野に特化した専門学校や大学に進学するのも手です。たとえばコンサートイベントプランナーの人の中には、音楽大学の出身の方が多くいます。
学生の方などは、実際に就職する前にイベント会社でアルバイトをしてみると、実情やその会社が得意とするイベントの種類なども分かるため、良いかもしれません。

イベントプランナーの仕事に必要なスキル

まず大切と言われているのは、イベントの企画を生み出せる発想力と、それらを形にする実行力と言われています。イベントプランナーの仕事は非常に多岐にわたっているため、それを一つひとつこなしていくだけでも一苦労です。それでも自身のアイデアを実行したいという強い気持ちで仕事に励む事のできる力は大切です。
また、マーケティング・リサーチについての勉強をしていたり、印刷物、音響、照明、映像に関する深い知識があると、それらが有利に働く場面が多く、採用の際に優遇されることが多いとのことです。
そして何より大切なのは、多忙な仕事に負けない体力とのことです。特に下積み時代は自身の仕事だけでなく先輩たちの仕事の手伝いもしなければならないため、常に睡眠不足の状態が続くほどの多忙だそうです。そんな煩雑した毎日にへこたれない体力が必要といえます。

イベントプランナーの仕事のまとめ

『生みの苦しみ』という言葉がある通り、イベントを一から作り上げるという仕事はとても大変です。連日のように夜遅くまで動き、日々時代の流れを的確に読んで、沢山のスタッフたちと力を合わせることで、一つのイベントを作り上げるのが、イベントプランナーという仕事です。
ですが、そうやって苦労してイベントを作り上げた時、共に作り上げたスタッフ仲間との共有出来る感動はひとしおです。そしてそんなイベントが大成功し、たくさんの人達を感動させたとき、イベントプランナーとしてのやりがいはこの上ないものとなるでしょう。それをモチベーションにして、日々がんばり続けるイベントプランナーの方もいらっしゃいます。
また、実力のあるイベントプランナーに仕事が集中する状況が続いており、今後日本ではオリンピックをはじめとした大きな国際的なイベントが目白押しとなっています。今を独立のチャンスと考えているイベントプランナーも多いという話です。
確かに過酷な職業ではありますが、その分夢も大きい職業なのが、イベントプランナーという職業なのかもしれません。

スポンサードリンク

イベントプランナーの仕事の年収はフリーランスになれば3000万円!人を感動させることがやりがいに関連する記事

人気記事ランキング