板前の仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>板前の仕事の年収・やりがい・本音

板前の仕事の年収・やりがい・本音

itamae

板前 仕事の年収・月収

板前の収入は、働くお店の規模や経験、能力によって大きく左右されます。調理師全体で見た場合、平均的な年収は約330万円、月収は約25万円程度と言われています。ただしあくまでこれは参考値となります。経験の浅い板前の場合は収入は当然これより低くなり、ベテランの板前の場合ですと、年収500万円以上という方もいます。
昔からの老舗のお店の場合、修行中は『住み込み』で働く場合もあります。衣食住は保証されていますが、その分収入は月数万円とかなり低くなります。

スポンサードリンク

板前の仕事は、消える職業?消えない職業?

現在、日本の伝統料理『和食』は、世界中から注目を浴びています。栄養バランスの取れた献立内容や、食材の良さを引き出すことに特化した調理方法、そのヘルシーなイメージなどから、世界中で人気を博している料理のジャンルとなっています。ここまで世界に定着した和食ですから、今後なくなるということはないといえます。
その和食を作るのが、板前という職業です。そのため、板前という職業は消えない職業といえます。日本という国がなくならない限り、和食文化の根幹である板前という職業は、消える職業となることはないでしょう。

板前 仕事の将来性・安定性

安定性に関しては不安になることはないといえます。最もネックとなるのは修行中の場合ですが、その場合でも寮に入り住み込みで働けば生活は出来ます。また住み込みの出来ない職場でも、生活には困らない程度の収入はあるでしょう。
将来性に関しても高いといえます。現在、和食は世界中で注目されています。そのため板前が活躍する場が幅広くなっており、昔ながらの料亭だけでなく、ホテルや旅館、海外の和食レストランなど、さまざまなシーンで板前が活躍しています。確かな腕を持っていれば、可能性は無限大といえます。
海外で活躍する板前として森本正治さんという方がいらっしゃいます。自身の地元広島の店を畳みアメリカに渡った後、アメリカの風土にあった創作和食を展開し、ハリウッドスターとの共同経営で日本料理レストランを開店させ、大人気を博しています。

板前 仕事のやりがい・本音

板前の仕事は、美味しい和食をお客様に提供することです。自身が作り上げた自信作を食べたお客様が『美味しい』と言ってくれた時、何より強いやりがいを感じるという板前の人はとても多いようです。
また、板前の仕事を極めるのに終わりはありません。目標を持ち、日々成長していけるようにがんばればどこまでも突き詰めていくことが出来ます。その点に魅力を感じるという本音を持っている方も多いようです。
ベテランの板前にして『料理の鉄人』としても知られる道場六三郎さんは、80歳の時に『今までの自身を超えるため』と称して、自身のレシピ集をすべて燃やしてしまっています。それもまた、自身が目指す和食を極めるための、やりがいを追求した結果といえます。

板前 仕事の良い点

まず、板前の仕事は基本的に実力主義という点が良い点であるといえます。修行中は収入は低いですが、その分腕を磨き、経験と実績を堅実に積んでいけば、それはそのまま収入と待遇の良さに直結します。
また、板前のスキルはいわゆる職人系と呼ばれるものです。修行に身につけたスキルは他のお店でも通用します。職を失った場合でも、容易に次の職場を見つけることが出来るでしょう。確かな腕と自信があれば、独立も夢ではありません。それもまた良い点であるといえます。

スポンサードリンク

板前 仕事の悪い点

板前は俗にいう飲食業界の仕事です。飲食業界の職業の特徴として、『休日が少なく、労働時間が長い』というものがあります。これは、プライベートの時間をしっかり取りたい人にとっては、悪い点といえます。
また、板前の主な職場となる調理場はとても閉塞的な空間です。そのため、他の仕事仲間との円滑なコミュニケーションが欠かせません。また、上下関係に厳しい世界ですので、先輩や目上の人には敬意を払い、挨拶やマナーに失礼があってはなりません。そういった厳格な場でのコミュニケーションが苦手な人には、これは悪い点といえるでしょう。

板前 仕事の内容

板前の仕事は、会席料理などに代表される和食を作ることです。
『だし』の取り方や調味料の使い方、包丁の扱い方といったスキル面だけでなく、器の選び方、料理の盛り付け方といった美的センス、衛生管理にいたるまで、幅広い知識が要求されます。
日本料理は『刺し身』『煮物』『焼き物』『天ぷら』など様々な調理方法がありますが、それぞれに焼き物の担当、煮物の担当というように持ち場が決まっています。それらはスキルによって入れ替わっていきます。

板前 仕事に必要な資格

板前になるのに必要な資格は調理師免許ですが、それは働きながら取得することが出来ます。
板前へのなり方ですが、いくつかのルートがあります。中学や高校を卒業した後に日本料理店に就職して修行をはじめるケースと、調理師学校に通って調理師免許を取得するケースです。所業は早く始めたほうが早く一人前になれるため、できるだけ早くスタートした方がよいという意見もあります。
いずれにしても、板前という職業は修行期間が厳しいため『板前を続ける』という強い気持ちが大切です。

板前 仕事に必要なスキル

まず、手先の器用さがあげられます。これは料理全般にいえますが、料理を行うのに手先の器用さがないと、中々仕事として料理を続けることは難しいといえます。
また、和食は美的センスも問われます。そのため、色彩感覚や季節感なども必要なスキルといえます。ただし、これは料理技術と同じく修行で身に着けることが出来ます。
以外なのが、板前は立ち仕事で体力を使う仕事なため、それに耐えられる体力が必要です重い荷物を運ぶ、長時間の立ち仕事に耐えられる程度の体力はどうしても必要になります。

板前の仕事のまとめ

現在、国際的に注目が集まっている『和食』ですが、同時に注目されているのが、この板前という職業です。国際的な人気が高まるにつれて、和食レストランが海外に出展されるケースも多く、腕の良い板前であれば、そういった新たなキャリアアップも望めます。
ですが、一人前になるための修行が大変に厳しく、年々板前のなりてが少なくなっているのが実情です。その状況を受けて、有名な板前である神田川敏郎さんが、後進の育成に力を注いだり等、業界の間でも動きが出ています。
どちらにせよ、今後も需要が高まってくる職業であることは明白です。その職人的な部分から、『注目される職人』とまとめることが出来ます。

スポンサードリンク

板前の仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング