犬の訓練士 仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>犬の訓練士 仕事の年収・やりがい・本音

犬の訓練士 仕事の年収・やりがい・本音

inunokunrensi

犬の訓練士 仕事の年収・月収

犬の訓練士といっても仕事の幅は広く、どこで働くかによって収入は大きく変わります。ペットショップや犬のしつけ教室で働く犬の訓練士の場合は初任給が15万円前後、年収は200万円程度からスタートします。その後実績や経験によって給料は上がっていきますが、400万円程度で頭打ちになります。一般的なサラリーマンと比較するとやや低めですが、個人トレーナーとして活躍したり独立開業して経営者になれば収入はかなり上がり1000万円以上の年収も夢ではありません。

スポンサードリンク

犬の訓練士 消える職業?消えない職業?

ペットブームはとどまるところを知らず、犬を飼いたいという人も増える一方です。ペットを飼うことに対する責任を自覚する意識の高い飼い主も増えており、専門家である犬の訓練士の需要も高まっています。今後ますます犬を飼うことに対する意識の高まりが期待できますから、犬の訓練士の需要が無くなることはまず考えられません。社会におけるペットの位置が向上すれば当然犬の訓練士の仕事も増えていきます。ペット需要とともに必ず求められる犬の訓練士は、まず消えることのない職業であるといっていいでしょう。

犬の訓練士 将来性・安定性

犬の訓練士の仕事は給料も安く、動物を相手にする厳しい仕事です。最初のうちは仕事にかなり苦労しますが、仕事自体の需要はかなり高く、ペットを飼う人がいる限りくいっぱぐれる心配の少ない安定性の高い職業です。ただし、待遇や雇用条件に関しては厳しい仕事のため、同じ職場で働き続けても将来性はあまり望めません。犬の訓練士としてより良い将来設計を目指すなら、どこかに努めている間は修業期間と割り切って将来的な独立開業を目指すのが一番いい方法です。独立して一流の犬の訓練士として活躍すれば、高収入や名声も夢ではありません。

犬の訓練士 仕事のやりがい・本音

犬の訓練士は動物好き、犬月にとっては非常に魅力ある仕事です。大好きな犬と一日中触れ合っていられる仕事ですからどんな苦労があっても前向きに乗り越えることができますし、犬と触れ合うことでストレスをためることなく毎日楽しく働くことができます。生き物を預かる仕事のため責任は非常に重大ですが、自分が責任を持って訓練した犬がきちんと学習して支持を忠実に守る犬に成長してくれたときの喜びはひとしおです。給料は安いですが、それ以上にやりがいのある仕事です。

犬の訓練士 仕事の良い点

犬の訓練士の仕事の良い点は、犬と触れ合うこと自体を仕事にできるということです。犬好きにとっては一日中犬と触れ合える夢のような仕事ですから、仕事を仕事と思わず楽しみながら働くことができます。訓練を担当する犬も多種多様でいろいろな犬種と接することができますから、普段触れあえないような犬とも触れ合える貴重な機会が得られます。犬を訓練するということは、その犬を社会の一員として立派に成長させるということでもあります。犬が皆に愛されるように訓練することができますから、犬と社会の橋渡し役として誇りを持って働ける職業です。

犬の訓練士 仕事の悪い点

犬の訓練士の仕事の最も悩ましいところが、職場の待遇です。犬の訓練士の給料は全般的に安く、初任給で15万円程度と一般サラリーマンよりも低い水準です。経験を積み重ねて一人前の犬の訓練士になったとしても給料は上がらず、年収400万円もらえる犬の訓練士が好待遇といわれてしまうほどです。将来的に独立開業して経営者になれば高い年収も望めますが、犬の訓練士として雇用されて働くのであれば高い給料は望めません。生き物を相手にする職業ですから休みもなかなか取れないのも苦労するところです。

スポンサードリンク

犬の訓練士 仕事の内容

犬の訓練士の主な仕事内容は、そのものズバリ犬の訓練です。飼い主から預かった犬に訓練を施してきちんとしつけされた犬へと成長させるのが犬の訓練士の仕事ですが、訓練の仕方はケースによって異なります。犬を預かって数週間の間泊り込みで訓練させる犬の訓練士もいれば、毎日数時間ずつ通いで訓練を行うしつけ教室で働く犬の訓練士もいます。直接犬を訓練せず、犬を飼っている人に対して飼い方やしつけの指導を行う場合もあります。独立開場して売れっ子になれば、講演会やテレビ出演などの依頼も舞い込みます。

犬の訓練士 仕事に必要な資格

犬の訓練士に関する国家資格は現在のところありませんん。該当しそうな資格は獣医師のみですが、獣医師免許を取得している犬の訓練士は非常にまれです。犬の訓練士に関する民間資格として有名な資格が日本ドッグトレーナー協会(JDTA)が認定する資格「ドッグトレーナーライセンス」です。これは犬の訓練氏として必要な知識と技術を所有していることを認定する資格であり、A級からD級の4つのレベルに分かれています。あくまでも民間資格なので、資格を取得していなくても犬の訓練士になることは可能です。

犬の訓練士 仕事に必要なスキル

犬の訓練士になるために最も必要なスキルは、犬好きであることです。毎日毎日犬を相手にする仕事ですから、犬が嫌いな人には勤まらない仕事です。実際に活躍している犬の訓練士はほぼ100パーセント犬好きですし、犬が好きで情熱がある人なら努力を重ねて一人前になることができる職業です。他に必要なスキルとしては、言葉の話せない
犬の細かい変化を見逃さない洞察力や注意力、犬だけではなく飼い主とも良い関係が築けるコミュニケーション力、元気な犬を相手に働くための体力や忍耐力が必要になります。

犬の訓練士に関するまとめ

犬の訓練士は体力を要求される厳しい仕事ですが、犬好きにとっては犬と触れ合うことで給料をもらえる夢のような仕事です。待遇面に関しては決して恵まれているとは言えませんが、給料以外のやりがいや働く喜びも大きいので給料以上に大きなリターンのある仕事といえるでしょう。
ペットブームの追い風も相まって求人も多く、一流の技術を身につければ将来的な成功も夢ではありません。ドッグショーや講演会に引っ張りだこのスター訓練士も誕生しており、大好きな犬とふれあいながら将来的な成功が目指せる仕事です。

スポンサードリンク

犬の訓練士 仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング