インテリアデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>仕事・資格の年収>>インテリアデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

インテリアデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音

interia

インテリアデザイナーの月収・年収

インテリアデザイナーの平均月収は20万円~と、普通の会社員と同じくらいです。年収にすると300万円~です。しかし、認められしんらいが築ければ大きな仕事をして収入アップも見込めます。そして、ゆくゆくは、独立などをして自分の事務所や、会社を持てば高収入も夢ではありません。しっかりとした実績を残していきましょう。

スポンサードリンク

インテリアデザイナー消える職業?消えない職業?

インテリアデザイナーは家にかかわるお仕事なので、人間にとって絶対に必要な居住居の仕事はなくなりません。
なので、消えない職業といえるでしょう。しかも今は、リフォームや、リノベーション時代です。活躍できる場はこれからどんどん増えていくと思います。
現代に何が必要かを見極めてどんなインテリアデザイナーを目指すのか?は重要なカギになっていきます。

インテリアデザイナー将来性・安定性

将来性といういみでインテリアデザイナーはきちんとお客様のニーズと、時代に合えば将来ずっとできるしごとです。
体を使う仕事ではないので頭が稼働できれば定年もありません。

安定性としては、ずっと会社員でいるのか?独立するのかによっても変わりますが、キチンと実績を積んで仕事に対しての信頼があれば、インテリアデザイナーとして安定するでしょう。

インテリアデザイナー仕事のやりがい・本音

インテリアデザイナーのやりがいといえば、お客様に喜んでもらった時でしょう。自分の作った空間や、インテリアが、使っていただくお客様に「使いやすい」「居心地がいい」などと言われた時にやりがいを感じます。お客様のニーズを聞くために打ち合わせもしますので、相手の反応を近くで見ることができるのはいいですよね。しかし、その分お客様の顔色が気になるのが本音のようです。

インテリアデザイナー仕事の良い点

インテリアデザイナーは日々違う仕事をする仕事です。アイデアを出していかなければいけない仕事でもあります。なので、毎日の変化があるような刺激的な仕事ですね。ルーティンワークが苦手な人には向いていると思います。それに、仕事の結果が目の前で見れたり、自分の考えていたものが形になるという利点があります。

スポンサードリンク

インテリアデザイナー仕事の悪い点

インテリアデザイナーの仕事はいくつも重なる場合も多いです。なので業務的に激務になることもあります。締め切りが迫ったりすれば、もちろん長く拘束されます。自分のやりたいことと、予算の折り合いをつけなければいけなかったり、いろんな葛藤があると思います。ユーザーや、クライアントがいてのインテリアデザイナーなのでうまく自分の理想に近づけるのが難しい職業といえるでしょう。

インテリアデザイナー仕事の内容

室内設計をする専門家です。大きく分けて二つに分けられるのですが、ひとつは、住居やホテル、オフィスなどあらゆる室内空間の環境設計を行い、建築設計者や施工業者、お客様と打ち合わせを重ねながらデザインを進めていくのと、家具や、カーテンなどのインテリア用品を設計する分野と二つに分かれています。

インテリアデザイナー仕事に必要な資格

「建築士」「インテリアプランナー」「カラーコーディネーター」「インテリアコーディネーター」などの資格を取ることが進められます。建築士は国家試験なのですが、持っていれば家全体のこともわかるので、インテリアデザイナーとしては必要といえるでしょう。インテリアデザイナーでも家の構造などでインテリアが設置できるか?できないか?などが決まったりしますからね。

インテリアデザイナー仕事に必要なスキル

お客様の声を取り入れつつ最善を尽くすことなので、コミュニケーション能力と、柔軟な発想や対応が必要なスキルです。相手の思い描いていることを理解できなければ理想とする空間ができませんからね。インテリアの設計の場合は、使いやすさや、洗練された見た目などのセンスが必要になります。

インテリアデザイナー仕事のまとめ

インテリアデザイナーのお仕事は、これからもずっとある仕事でしょう。日々、オフィスや、店舗はリニューアルされ、今はリノベーションの時代でもあるので住居にも役立つお仕事です。いろんなものを学び、毎日使う空間をよりよくするためのやりがいのあるお仕事です。多くの実績と経験から、飛躍する仕事です。

スポンサードリンク

インテリアデザイナーの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング