インテリアコーディネーターの仕事の年収・やりがい・本音

お金を稼ぐ方法ネット>>お金の悲喜>>インテリアコーディネーターの仕事の年収・やりがい・本音

インテリアコーディネーターの仕事の年収・やりがい・本音

interia2

インテリアコーディネーター 仕事の年収・月収

インテリアコーディネーターの資格を持っていると、「専門職手当」などが支給されますが、企業に勤めるインテリアコーディネーターの平均年収は300万円~450万円程度で、概ね普通の会社員の年収と変わらないようです。しかし、経験を重ね、実力をつければ将来的に独立することもでき、人気のコーディネーターになれば、年収1000万円以上を稼ぐことも可能です。

スポンサードリンク

インテリアコーディネーター 消える職業?消えない職業?

インテリアコーディネーターが、消える職業か消えない職業かを考えた場合、これからは高齢化社会が進む中でリフォームのニーズが高まり、それに伴い、消費者の多様なニーズに応えられる知識と感性を持ったインテリアコーディネーターの需要が高まっています。したがって、インテリアコーディネーターは今後も消えない職業と言えるでしょう。

インテリアコーディネーター 将来性・安定性

気になるインテリアコーディネーターの将来性と安定性ですが、最近は高齢化社会に向けて「ユニバーサルデザイン」や「バリアフリー」などを重視する流れが出てきているため、商業施設や公共施設、オフィス、老人ホームなど、住宅以外で専門知識を持ったインテリアコーディネーターが活躍できる場も増えてきており、インテリアコーディネーターは将来性があると言えます。

インテリアコーディネーター 仕事のやりがい・本音

インテリアコーディネーターに仕事のやりがいと本音を聞くと、お客さまの希望や理想をくみ取り、相手の思いを形にしていく過程は、毎回ワクワクし、やりがいを感じるそうです。また、インテリアコーディネートには絶対的な正解というものがない分、自分もお客様も納得いくものができたときには大きな達成感を味わえる、との本音も聞けました。

インテリアコーディネーター 仕事の良い点

インテリアコーディネーターの仕事の良い点とは、経験を積めば積むほど、年を重ねれば重なるほど実力がつくので、お客さまから信頼されやすくなるという点です。つまり、年を重ねることがプラスになるので、インテリアコーディネーターの仕事は、やる気と体力さえあれば一生続けられるのが良い点と言えるでしょう。

スポンサードリンク

インテリアコーディネーター 仕事の悪い点

建築現場のチェックや業者との打ち合わせは夕方以降が多く、決まった時間に仕事が終わるとは限らないため、インテリアコーディネーターの仕事は、体力的にキツいのが悪い点と言えるでしょう。また、現場の職人さんはほとんどが男性です。若い女性が現場に出向くと、最初は相手にしてもらえないのも、悪い点と言えるかもしれません。

インテリアコーディネーター 仕事の内容

インテリアコーディネーターの仕事内容とは、おもに家を新築したりリフォームしたりするお客様の要望や生活スタイルに合わせて、家具や壁紙、照明、カーテンなどのインテリアをコーディネートすることです。具体的な仕事内容としては、お客様のイメージを元に、部屋の中のレイアウトを提案し、家具を選ぶお手伝いをします。

インテリアコーディネーター 仕事に必要な資格

インテリアコーディネーターになるために、絶対に必要な資格はありませんが、社団法人インテリア産業協会が主催するインテリアコーディネーターの資格を取得していると、就職の際、有利です。この資格は年齢などによる制限がないため、学生でも受験することが可能です。勉強することで知識の幅が広がり、日常の仕事にも活かせることができるでしょう。

インテリアコーディネーター 仕事に必要なスキル

インテリアコーディネーターに必要なスキルとは、主に美的センスとコミュニケーション能力、想像力の3つのスキルです。センスの良い空間を提案するのが仕事ですので、お客様が満足していただけるような美的感覚が優れていることが一番大切です。また、要望を引き出すコミュニケーション能力や、実際に住んだときのことを考えることができる想像力も重要です。

インテリアコーディネーター 仕事のまとめ

・平均年収は、300万円~450万円程度で、インテリアコーディネーターの資格を持っていると、「専門職手当」などが支給されるようです。
・高齢化社会に向けて、住宅以外で専門知識を持ったインテリアコーディネーターが活躍できる場も増えてきており、インテリアコーディネーターは将来性があると言えます。
・インテリアコーディネーターになるために、絶対に必要な資格はありませんが、インテリアコーディネーターの資格を取得していると、就職の際、有利です。
・インテリアコーディネーターに必要なスキルとは、主に美的センスとコミュニケーション能力、想像力の3つのスキルです。

スポンサードリンク

インテリアコーディネーターの仕事の年収・やりがい・本音に関連する記事

人気記事ランキング